君津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きみつし
君津市
NipponSteelKimitsu-Westquay.JPG
Flag of Kimitsu Chiba.JPG
君津市旗
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
団体コード 12225-4
面積 318.83km²
総人口 87,015
推計人口、2014年5月1日)
人口密度 273人/km²
隣接自治体 木更津市富津市市原市鴨川市
夷隅郡大多喜町
市の木 キャラボク
市の花 ミツバツツジ
君津市役所
所在地 299-1192
千葉県君津市久保二丁目13番1号
北緯35度19分49.9秒東経139度54分8.9秒
君津市役所
外部リンク 君津市

君津市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

君津市(きみつし)は、千葉県の南に位置し、新日鐵住金君津製鐵所で知られるである。1960年代、君津製鐵所の操業開始に伴い同社(当時は八幡製鐵)関係者の転入により人口が急激に増加したが消費税の導入による不況で増加にストップが掛かり、現在は減少傾向にある。現在、アクアライン高速バス網の発展にともない、東京駅羽田空港へのアプローチの利便性が高まり、今後は新たなベッドタウンとしての機能も期待される。

地理

千葉県の南部、房総半島のほぼ中央に位置し、北西部は東京湾に面している。 市域は内陸部に向かって広くなっているのが特徴で、面積は千葉県下で市原市に次いで第2位である。 東京湾沿いは新日鐵住金を中心とする重工業地域であり、市街地も君津駅を中心とした沿岸部に集中している。 また、内陸の久留里地域は旧城下町であり、JR久留里線が通る。

君津市街地を望む


人口

Demography12225.svg
君津市と全国の年齢別人口分布(2005年) 君津市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 君津市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
君津市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 70,440人
1975年 76,016人
1980年 77,286人
1985年 84,310人
1990年 89,242人
1995年 93,216人
2000年 92,076人
2005年 90,977人
2010年 89,166人
総務省統計局 国勢調査より

隣接している自治体

歴史

現在の君津市は1970年に新設合併で誕生した3代目の君津町が市制施行したものであるが、ここでは前身となった旧君津町についても述べる。

行政

  • 市長・鈴木洋邦(2006年11月1日就任 2期目)

経済

産業

姉妹都市・提携都市

地域

区分

地区 大字・町名
君津地区 君津・西君津・人見大和田・坂田・西坂田・東坂田・陽光台・君津台・中野・中富・久保・南久保・北久保・南子安・北子安・杢師・法木作・内箕輪・内蓑輪・外箕輪・八重原・三直・貞元・上湯江・下湯江・新御堂・小香・杉谷・八幡・高坂・台
周南地区 常代・宮下・郡・浜子・皿引・山高原・小山野・大山野・作木・草牛
小糸地区 上・中島・六手・練木・大鷲・大鷲新田・大井・糠田・糠田飛地・塚原・根本・大井戸・行馬・小糸大谷・長石・尾車・馬登・白駒・荻作・法木・福岡・泉・糸川・かずさ小糸・鎌滝・鬼泪
清和地区 清和市場・西粟倉・東粟倉・市宿・植畑・植畑村外四村入会・平田・日渡根・大野台・西猪原・東猪原・東猪原西猪原入会・西日笠・東日笠・怒田沢・二入・辻森・大岩・正木・宿原・奥米・旅名・豊英・鹿野山
小櫃地区 小櫃台・末吉・山本・西原・三田・賀恵渕・長谷川・上新田・俵田・戸崎・箕輪・吉野・寺沢・岩出
久留里地区 久留里久留里市場・久留里大谷・久留里大和田・青柳・小市部・向郷・川谷・浦田・怒田・栗坪・芋窪・愛宕・平山・山滝野・広岡・大坂・大戸見・大戸見旧名殿・大中・富田
亀山地区 坂畑・藤林・高水・折木沢・滝原・釜生・蔵玉・黄和田畑・草川原・川俣旧川俣・川俣旧月毛・川俣旧押込・豊田旧野中・豊田旧菅間田・加名盛・利根・柳城・笹・香木原

健康

  • 平均年齢

教育

幼稚園

小学校

公立17校

中学校

公立11校・私立1校

高等学校

公立3校・私立1校

特別支援学校

図書館

交通

かつて東京方面に行くためには内房線の快速・特急を利用するか、千葉市内まで一般道を通り、高速に乗るしかなく一時間以上を所要した。しかし、館山自動車道の延伸や東京湾アクアラインの開通により千葉・東京・横浜方面への車による利便性は大幅に向上することとなった。市内においては多数の採砂場が市内や近隣に存在する関係でダンプカーの通行が非常に多い。

鉄道路線


バス路線

高速バス

アクアライン高速バス

  • 東京ルート(君津線)(日東・京成)

青堀駅 - 富士見公園 - 君津駅 - 君津市役所 - 杢師4丁目 - 君津BT東京駅 - 浜松町BT / 東雲車庫

  • 東京ルート(木更津線)(日東・京成)

君津製鐵所⇔東京駅 - 東雲車庫

  • 東京ルート(鴨川線)アクシー号】(日東・鴨日・京成)

安房鴨川駅 - 君津ふるさと物産館 - 笹 - 松丘 - 平山 - 久留里城三の丸跡 - 久留里駅前 - 俵田 - 小櫃駅前 - 富崎神社⇔木更津金田BT⇔東京駅 - 浜松町BT

  • 羽田空港ルート(日東・京急)

君津製鐵所 - 君津駅 - 君津市役所 - 杢師4丁目 - 君津BT⇔羽田空港

  • 羽田空港・横浜ルート(日東・京急)

館山駅 - 君津BT ⇔ 羽田空港 - 横浜駅

館山道高速バス

安房鴨川駅 - 君津ふるさと物産館 - 笹 - 亀山・藤林大橋 - 松丘 - 平山 - 久留里城三の丸跡 - 久留里駅前 - 俵田 - 小櫃駅前⇔県庁 - 千葉駅

  • 鴨川ルート【カピーナ号】(日東・鴨日・千中)

千葉駅 - 小櫃駅前 - 俵田 - 久留里駅前 - 久留里城三の丸跡 - 平山 - 松丘 - 亀山・藤林大橋 - 笹 - 君津ふるさと物産館⇔安房鴨川駅( - 亀田病院)

  • 成田空港ルート(日東・小湊・京成)

君津駅南口 - 君津BT - 市原BT - 成田空港

バス運行会社()内は上記略称

路線バス

市内のバス路線は日東交通天羽日東バス鴨川日東バスにより運行されている。

コミュニティバス

道路

高速道路
有料道路
一般国道
県道
道の駅

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

名所・旧跡・観光スポット

温泉

祭事・催事

名産品

出身有名人

スポーツ

その他

  • 高度経済成長期、東京の首都高速道路や、ビル建設などに千葉県内の採砂場からコンクリート用の砂が大量にダンプによって運ばれ、場所によっては山が無くなるほど採掘された。また、当時、君津の道路などは、ダンプがひっきりなしに走る様から周辺道路はダンプ街道などと呼ばれた。
  • 2009年、当市の魅力を伝えるマスコットキャラクターとしてきみぴょんが誕生した。
  • 総務省が発表した2014年度の普通交付税大綱のなかで、当市が5年ぶりに不交付団体となった[3]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 公式サイトでは福岡県のみだが、千葉の著書『千葉真一 改め 和千永倫道』、『千葉流 サムライへの道』では君津市が出身であることが、明記されている[1][2]

出典

  1. ^ 千葉真一 『千葉真一 改め 和千永倫道』 山と渓谷社2008年ISBN 4635340228
  2. ^ JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』 ぶんか社2010年ISBN 4821142694
  3. ^ 千葉の市川・君津、不交付団体に - 日本経済新聞 2014年7月25日

関連項目

外部リンク

行政
観光

座標: 北緯35度19分50秒 東経139度54分9秒 / 北緯35.33056度 東経139.90250度 / 35.33056; 139.90250