松本市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まつもとし
松本市
130608 Matsumoto Castle Matsumoto Nagano pref Japan02bs4.jpg
Flag of Matsumoto, Nagano.svg
松本市旗
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 長野県
団体コード 20202-9
面積 978.77km²
総人口 242,024
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 247人/km²
隣接自治体 塩尻市安曇野市大町市岡谷市
上田市諏訪郡下諏訪町
東筑摩郡山形村朝日村筑北村
小県郡長和町青木村
木曽郡木曽町木祖村
岐阜県高山市
市の木 あかまつ
市の花 れんげつつじ
市制施行 1907年5月1日
松本市役所
所在地 390-8620
長野県松本市丸の内3番7号
北緯36度14分16.8秒東経137度58分19.1秒
Matsumoto City Hall.jpg
外部リンク 松本市公式ホームページ

松本市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市庁舎位置の標高:592.21m
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

松本市(まつもとし)は、甲信越地方の中部、長野県中部(中信地方)に位置するである。国から特例市国際会議観光都市に指定されている。2005年4月1日梓川村四賀村奈川村安曇村の4村を、2010年3月31日波田町を編入した。

目次

概要[編集]

松本城(国宝・国の史跡)

国宝松本城を中心とする旧城下町である。幸いにも戦災を免れた[1]ことから、旧開智学校重要文化財)などの歴史的建造物が多く残る。他に戦災を免れた中規模の旧城下町としては、金沢市川越市などがある。

キャッチフレーズは「文化香るアルプスの城下町」、「三ガク都(楽都、岳都、学都の三つのガク都。音楽、山岳、学問で有名なため)」などがある。市のマスコットはアルプちゃん

日本で最も古い小学校のひとつ開智学校の開校、改正高等学校令に基づく全国9番目の官立旧制高等学校である松本高等学校の招致など、教育に熱心な面があった。国立大学機構が1県1学の県に於いて本部が県庁所在地以外に置かれているのは、信州大学の他は弘前大学青森県弘前市)・滋賀大学滋賀県彦根市)・広島大学広島県東広島市)・琉球大学沖縄県西原町)のみである。

また、小沢征爾ら一流の音楽家の集うサイトウ・キネン・フェスティバルの開催、全国に(一部海外にも)広がるスズキ・メソード花いっぱい運動の発祥、映画テレビドラマなどのロケ支援を市が行うなど、文化を尊重する気風は今も健在である。

県庁所在地ではないが、日本銀行松本支店、松本空港信州大学本部、FM長野本社、陸上自衛隊松本駐屯地などがあり、特に日銀の存在は松本市をして、長野市とともに複眼構造をなすことにより、県の経済の中心に押し上げる役割も持っている。

商業販売額は長野市に次いで県内2位だが、松本パルコなどの人気の高いアパレル商業施設を抱え県内各地から消費者が訪れることや、市街地型複合店舗の立地数が県内では最多である。工業生産額は安曇野市上田市に次いで県内で3位であり、県内工業の拠点の1つである。

近年、全国で高層マンションの建設が相次いでおり、この中でいかに城下町の景観を守るかが課題になっている。松本市においては2008年4月から「市都市景観条例」が改正され、松本城周辺の建築物の高さ規制が厳しくなることから、現在マンション建設を前倒しする動きが見られる。これに対し、周辺住民の反対意識は強く、既に完成した縄手通りのマンション建設には建設反対運動が起こった。

地名の由来[編集]

松本市中心部周辺の空中写真。1975年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

現在の市名である松本の由来は諸説あるが、通説では武田氏の侵攻により落ち延びた嘗ての信濃守護職・小笠原長時の三男小笠原貞慶が1582年に旧領を回復した際に「待つ事久しくして本懐を遂ぐ」と述懐し改名したとされる(小笠原氏は長らく信濃府中奪還という本懐を抱いており、それが叶ったことから、待つ本懐を→松本懐→松本 と略され松本となった)。他に、小笠原宗家(府中)が分家(松尾)とのお家騒動に勝利したことを記念したとする説があるが、内訌は約50年前に片付いており、この説は時代的に合わない。「松本」という氏姓は松本市の「松本」地名よりも遥か昔から存在するが相関はなく、松本市に松本氏が多いということはない。市役所等によって「広報まつもと」のようにひらがなで表記されることもある。

また、松本市周辺や松本地域松本平筑摩(つかま/ちくま)(筑摩野(つかまの/ちくまの)とも)などと呼ばれる。旧県名の筑摩県は、前身の松本町が筑摩郡(1879年以降は東筑摩郡)に属していたことに由来する。

古称[編集]

中心市街地は古くは深瀬郷(深志郷)、捧庄(ささげのしょう)または庄内、信濃府中または信府などと呼ばれていた。捧庄、庄内の由来は国衙比定地とされる市東部にあった八条院領の荘園で、現在市内にある本庄、庄内という地名はこの名残であると考えられる。「信府」は国府が置かれたことに由来する「信濃府中」の略称である。 現在、最も人口に膾炙するのが深志で、太古の松本盆地が湿地帯であったことを示すとされる「深瀬郷」が転訛したものであり、現在でも社名、校名などに使われている。女鳥羽川を挟んで北側が北深志、南側が南深志となる。

地理[編集]

梓川

松本市は、長野県の中央からやや西の所にあり、県庁所在地長野市から南西へ75km、東京特別区から西北へ240kmに位置している。2005年の合併後の市域は、西の飛騨山脈(北アルプス、西山、3000m級)から、東の筑摩山地美ヶ原、東山、2000m級)までと広大であり、長野県内では最も広い(全国の市では20位)。松本市街地(松本駅周辺など)は、2つの山脈(山地)の間にある松本盆地の中央部、複合扇状地上に位置する(標高約600m)。市域は5000万年前は海底にあった。

河川では、上高地方面から流れ出す梓川が市の西部を流れ、奈良井川が市を二分するように横断している。また、市街地には清流である女鳥羽川が横断している。女鳥羽川はもとは現在の大門沢川のルートを流れていたと考えられるが、江戸時代はじめに人工的に流路が変えられ今の姿になった。山では、合併に伴い日本百名山の山が多数松本市に編入され、岳都(学都、楽都とならび松本市のキーワードとなっている)の側面が強くなった。松本市には標高第3位の穂高岳や第5位の槍ヶ岳があるが、市街地からは手前の常念山脈に隠れて見えないため、市民には常念岳美ヶ原のほうが親しまれている。中部山岳国立公園八ヶ岳中信高原国定公園が市内にあり、前者には特別天然記念物ライチョウが生息する。また、景勝地の上高地も市内にある。

市内には多数の扇状地が形成されている。また、松本市はフォッサマグナの上にあり、松本盆地東縁に沿う糸魚川静岡構造線が旧市街地の西側を通っている。市内南部の牛伏寺断層も糸魚川静岡構造線を構成する断層の1つとされ、30年以内のマグニチュード6・5以上の地震発生確率が25.21%と全国で最も高い活断層として地震関連のテレビ番組などでもよく紹介されている。2011年6月30日午前8時16分頃、長野県中部を中心とする強い地震が発生し、同市で震度5強を、山形村で震度4を観測した。また、国宝松本城に小さなひびが入るなどの被害が出た。

森林面積は74,000haで、市域全体の約81%を占める。

地形(代表的な山には標高を掲載した)

気候[編集]

ケッペンの気候区分では温暖湿潤気候(Cfa)と亜寒帯湿潤気候(Df)に分かれる。日本式の気候区分では安曇地区を除いて、中央高原型 (5d) の内陸性気候中央高地式気候が顕著に現れる所にあり、大半の学校教育用の地図帳で、中央高原型気候の都市の例として扱われている。そのため、かつて存在した松本測候所は、中央高原型の代表として直達日射観測も行っていた。基本的には平野部は降水量が少なく日照時間が多い。上高地乗鞍高原美ヶ原などの山岳地帯は若干降水量が多く日照時間は少なくなる。安曇地区は日本海側気候で冬季雪が多く、豪雪地帯に指定されている。

松本市
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
31
 
5
-6
 
 
42
 
6
-5
 
 
73
 
10
-2
 
 
86
 
18
4
 
 
92
 
23
9
 
 
135
 
26
15
 
 
132
 
29
19
 
 
95
 
31
20
 
 
162
 
25
15
 
 
89
 
19
8
 
 
52
 
13
2
 
 
23
 
8
-3
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

[編集]

の寒さは厳しく、特に早朝は市街地でも零下10度以下まで冷え込むことも度々あり、冬日が多い。市街地にある松本特別地域気象観測所で1900年11月27日に零下24.8度を記録しているが、零下20度以下の観測は1954年1月27日に記録した零下20.7℃が最後である。21世紀に入ってからは2005年1月2日の零下14.1℃が最も低いなど、温暖化・都市化の影響で冷え込みは緩み、下がっても零下12 - 14度前後までしか下がらなくなった。一方、市街地から離れた郊外は、現在でも零下15度から20度近い冷え込みとなることもあり、中心部から5kmほど離れた松本空港にあるアメダス(松本今井)の1月の平均最低気温は零下7.3℃、2013年2月17日には零下17.9度を記録している。しかし晴れの日が多く日中は零度を越すことが多いので真冬日は比較的少ない。寒い長野県内でも暖かいほうである。冬型の気圧配置の時、風上の飛騨山脈が雪雲を遮るため豪雪地帯の安曇地区を除いてはほとんど降らず、稀に積雪しても数センチ程度である。日本の南岸を低気圧が通過し、当市を含む長野県中南部で積雪を見るとき、普段から降雪の多い北部では逆に降雪が少ないこともあり、これを「上雪(かみゆき)」と呼ぶ。積雪は殆どこの上雪によるもので、10cm程度の積雪が年に数回、30cm程度の積雪が年に1回あるかないかである。降雪量は少ないが春先になっても時折降雪が見られ、4月中旬以降に市街地で積雪を記録する年もある。過去最深積雪として1946年3月3日に78cmを記録している他、近年では1998年1月15日に69cm、2014年2月15日に75cmを記録している。

[編集]

は日中はかなり暑く40度近い最高気温を記録する日もあるが、これは即太陽的な要素、すなわち直射熱、輻射熱が強いためで、朝夕は温度が下がり熱帯夜はほとんどない。残暑も短く秋の訪れは早い。全体的に年較差(冬と夏)、日較差()とも寒暖の差が大きいのが特徴である。また、晴れる日が多く日照時間は全国でもトップレベルである(全国の観測点で4位)。その反対に、雨は少なく全体的に乾燥している。梅雨の影響も少ない。松本盆地は山に囲まれているので日中でも風速7 - 8m/sの強い風が吹くことが多く、このうち飛騨山脈(北アルプス)から吹いてくる風をアルプス颪(おろし)と呼ぶ。半面台風は中部山岳を避けることが多く、あるいは中部山岳に当たると勢力が弱まるので、台風の風による被害は少ない。

市中心部を流れる女鳥羽川薄川は有史以来たびたび氾濫し、市内を幾度も浸水させている。中でも1959年台風7号は大きな被害をもたらした(詳しくは女鳥羽川を参照)。松本市で観測した極値は、最高気温が38.5℃(1942年8月2日)、最低気温が-24.8℃(1900年1月27日)、最大の1日の降水量が155.9mm(1911年8月4日)、最深積雪が78cm(1946年3月3日)。

松本市(中央高原型 (5d) )の月平均気温・降水量(1981年 - 2010年)
  • 標高 610m(松本特別地域気象観測所:松本市沢村)
  • 北緯36度15分 東経137度58分
松本の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 18.8
(65.8)
21.1
(70)
25.9
(78.6)
30.9
(87.6)
32.3
(90.1)
35.9
(96.6)
37.9
(100.2)
38.5
(101.3)
36.1
(97)
31.8
(89.2)
25.6
(78.1)
21.5
(70.7)
38.5
(101.3)
平均最高気温 °C (°F) 5.0
(41)
6.0
(42.8)
10.5
(50.9)
17.8
(64)
22.9
(73.2)
26.0
(78.8)
29.4
(84.9)
31.1
(88)
25.7
(78.3)
19.3
(66.7)
13.6
(56.5)
8.0
(46.4)
17.9
(64.2)
日平均気温 °C (°F) −0.4
(31.3)
0.2
(32.4)
3.9
(39)
10.6
(51.1)
16.0
(60.8)
19.9
(67.8)
23.6
(74.5)
24.7
(76.5)
20.0
(68)
13.2
(55.8)
7.4
(45.3)
2.3
(36.1)
11.8
(53.2)
平均最低気温 °C (°F) −5.2
(22.6)
−4.8
(23.4)
−1.5
(29.3)
4.1
(39.4)
9.9
(49.8)
14.9
(58.8)
19.2
(66.6)
20.2
(68.4)
15.9
(60.6)
8.4
(47.1)
2.1
(35.8)
−2.7
(27.1)
6.7
(44.1)
最低気温記録 °C (°F) −24.8
(−12.6)
−20.4
(−4.7)
−17.9
(−0.2)
−10.1
(13.8)
−2.7
(27.1)
2.3
(36.1)
10.2
(50.4)
8.0
(46.4)
3.0
(37.4)
−3.6
(25.5)
−8.4
(16.9)
−19.2
(−2.6)
−24.8
(−12.6)
降水量 mm (inch) 35.9
(1.413)
43.5
(1.713)
79.6
(3.134)
75.3
(2.965)
100.0
(3.937)
125.7
(4.949)
138.4
(5.449)
92.1
(3.626)
155.6
(6.126)
101.9
(4.012)
54.9
(2.161)
28.1
(1.106)
1,031
(40.591)
降雪量 cm (inch) 28
(11)
24
(9.4)
17
(6.7)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
9
(3.5)
80
(31.5)
平均月間日照時間 170.7 163.5 185.0 202.1 209.0 163.6 171.3 205.4 141.8 159.9 159.2 166.0 2,097.5
出典 1: 気象庁[2]
出典 2: 気象庁[3]
松本(旧松本測候所)1961 - 1990年平均の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 4.6
(40.3)
5.4
(41.7)
9.6
(49.3)
17.6
(63.7)
22.7
(72.9)
25.1
(77.2)
28.8
(83.8)
30.4
(86.7)
24.9
(76.8)
18.6
(65.5)
13.2
(55.8)
7.6
(45.7)
17.4
(63.3)
日平均気温 °C (°F) −1.0
(30.2)
−0.5
(31.1)
3.0
(37.4)
10.4
(50.7)
15.6
(60.1)
19.3
(66.7)
23.1
(73.6)
24.1
(75.4)
19.3
(66.7)
12.3
(54.1)
6.8
(44.2)
1.8
(35.2)
11.2
(52.2)
平均最低気温 °C (°F) −6.1
(21)
−5.7
(21.7)
−2.6
(27.3)
4.0
(39.2)
9.2
(48.6)
14.4
(57.9)
18.8
(65.8)
19.5
(67.1)
15.1
(59.2)
7.4
(45.3)
1.3
(34.3)
−3.4
(25.9)
6.0
(42.8)
出典: 理科年表
松本今井(松本空港)月平均気温・降水量(2003年 - 2010年平均)
  • 標高 658m(松本市大字空港東)
  • 北緯36度10.0分 東経137度55.3分
松本今井(松本空港)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 4.0
(39.2)
6.1
(43)
9.7
(49.5)
16.7
(62.1)
21.8
(71.2)
25.8
(78.4)
28.1
(82.6)
30.3
(86.5)
25.7
(78.3)
18.7
(65.7)
13.0
(55.4)
7.2
(45)
17.2
(63)
日平均気温 °C (°F) −1.4
(29.5)
0.4
(32.7)
3.5
(38.3)
9.7
(49.5)
15.3
(59.5)
19.7
(67.5)
22.8
(73)
24.1
(75.4)
20.2
(68.4)
13.1
(55.6)
7.0
(44.6)
1.7
(35.1)
11.3
(52.3)
平均最低気温 °C (°F) −7.3
(18.9)
−5.5
(22.1)
−2.7
(27.1)
2.7
(36.9)
8.8
(47.8)
14.1
(57.4)
18.4
(65.1)
19.3
(66.7)
15.7
(60.3)
8.0
(46.4)
1.3
(34.3)
−3.8
(25.2)
5.8
(42.4)
降水量 mm (inch) 33.8
(1.331)
49.4
(1.945)
82.5
(3.248)
82.8
(3.26)
116.1
(4.571)
115.1
(4.531)
157.4
(6.197)
83.3
(3.28)
123.7
(4.87)
148.4
(5.843)
71.8
(2.827)
42.6
(1.677)
1,106.8
(43.575)
出典: 気象庁[4]

天気予報区分[編集]

市全体が長野県中部(単に中部と呼ばれる)に入り、その下位区分においては旧松本市・四賀・梓川地区は松本地域に、安曇・奈川地区は乗鞍・上高地地域に属する。

隣接自治体[編集]

新松本市は、市域が広いため14市町村が隣接している。

  • 塩尻市安曇野市山形村朝日村とは平地続きになっているため、非常に密接な関係にある。
  • 山を隔てて隣接している岡谷市下諏訪町を含む諏訪地域とは平地続きではないが塩尻市を経由する形で国道や電車が通っているため、松本市内に住み諏訪地域の学校や企業に通勤、通学する人もおり、やや密接な関係にある。
  • 大町市、新高山市上田市筑北村長和町青木村とは山を隔てて境界の端同士で隣接しているが、これらの自治体と隣接していることは、市民の間で認知度がさほど高くない。大町市については一部が松本盆地にあり、平地続きになっている。そのため地理的に近く、安曇野市などを経由して往来しやすいために密接な関係にある。
  • 木祖村木曽町とも山を隔てて隣接しているため、あまり密接な関係ではないが、木祖村、木曽町の人々は松本市内へ買い物へ訪れることも多い。

隣接自治体との位置関係

北西: 安曇野市大町市 北: 東筑摩郡筑北村 北東: 上田市小県郡青木村
西: 東筑摩郡山形村岐阜県高山市 松本市(中心部) 東: 小県郡長和町
南西: 東筑摩郡朝日村木曽郡木祖村木曽町 南: 塩尻市岡谷市 南東: 諏訪郡下諏訪町

都市圏[編集]

2010年国勢調査での昼夜間人口比率は107.2%で、周辺自治体から流入超過となっている。

松本市の都市圏はさまざまな定義があるが、主だったものとしては松本都市雇用圏松本市都市圏松本地域などがある。圏内には上高地安曇野など 全国的に有名な観光地があり、果樹栽培などの農業のほか精密機器などの工業も非常に発達している。

人口[編集]

  • 平成の大合併により山間のと合併したため、人口密度が大幅に低下した(合併前:県内2位→合併後:県内21位) 。
  • DID人口比は59.7%。

年齢構成[編集]

Demography20202.svg
松本市と全国の年齢別人口分布(2005年) 松本市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 松本市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
松本市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 203,571人
1975年 214,608人
1980年 223,496人
1985年 229,917人
1990年 233,756人
1995年 239,539人
2000年 243,465人
2005年 242,541人
2010年 243,070人
総務省統計局 国勢調査より

松本市の年齢5歳階級別人口
2006年2月1日現在推計人口
総計(単位:人)

年齢 人口
0 - 4歳 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG10.pngG01.pngG01.png 11,211
5 - 9 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG10.pngG03.pngG01.png 11,362
10 - 14 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG10.png 10,957
15 - 19 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG10.png 11,055
20 - 24 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG10.pngG10.pngG05.png 12,530
25 - 29 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG50.pngG03.png 15,260
30 - 34 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG50.pngG30.pngG05.pngG01.png 18,628
35 - 39 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG50.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 16,733
40 - 44 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG30.pngG10.pngG05.pngG01.png 14,577
45 - 49 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG30.pngG01.pngG01.png 13,202
50 - 54 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG30.pngG05.pngG01.pngG01.png 13,677
55 - 59 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG50.pngG10.pngG05.pngG03.png 16,838
60 - 64 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG30.pngG05.pngG03.pngG01.png 13,894
65 - 69 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG10.pngG10.pngG05.pngG01.png 12,574
70 - 74 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG10.pngG01.pngG01.png 12,035
75 - 79 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG05.pngG01.png 10,599
80歳以上 G01.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.pngG30.pngG05.pngG01.png 13,619

松本市の年齢5歳階級別人口
平成18年2月1日現在推計人口
男女別(単位:人)

年齢
5,805 G50.pngG05.pngG03.png 0 - 4歳 R50.pngR03.pngR01.png 5,406
5,788 G50.pngG05.pngG03.png 5 - 9 R50.pngR05.pngR01.png 5,574
5,658 G50.pngG05.pngG01.pngG01.png 10 - 14 R50.pngR03.png 5,299
5,702 G50.pngG05.pngG01.pngG01.png 15 - 19 R50.pngR03.pngR01.png 5,353
6,591 G50.pngG10.pngG05.pngG01.png 20 - 24 R50.pngR10.png 5,939
7,873 G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.png 25 - 29 R50.pngR10.pngR10.pngR03.pngR01.png 7,387
9,747 G50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 30 - 34 R50.pngR30.pngR05.pngR03.pngR01.png 8,881
8,531 G50.pngG30.pngG05.png 35 - 39 R50.pngR30.pngR01.pngR01.png 8,202
7,451 G50.pngG10.pngG10.pngG05.png 40 - 44 R50.pngR10.pngR10.pngR01.png 7,126
6,687 G50.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 45 - 49 R50.pngR10.pngR05.png 6,515
6,909 G50.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.png 50 - 54 R50.pngR10.pngR05.pngR03.png 6,768
8,330 G50.pngG30.pngG03.png 55 - 59 R50.pngR30.pngR05.png 8,508
6,716 G50.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 60 - 64 R50.pngR10.pngR10.pngR01.pngR01.png 7,178
5,924 G50.pngG10.png 65 - 69 R50.pngR10.pngR05.pngR01.pngR01.png 6,650
5,428 G50.pngG03.pngG01.png 70 - 74 R50.pngR10.pngR05.pngR01.png 6,607
4,519 G30.pngG10.pngG05.png 75 - 79 R50.pngR10.png 6,080
4630 G30.pngG10.pngG05.pngG01.png 80歳以上 R50.pngR30.pngR10.png 8974


人口推移[編集]

松本市の人口推移
(単位:人)5年おきの人口は太字になっている(近代の人口のはじめである1898年についても同様)。

人口
江戸時代 B10.pngB10.png 2万弱(町人:12,000、武家人:7,000超)
1898年 B30.pngB01.png 30,743
1900年 B30.pngB05.pngB01.pngB01.png 37,593
1905年 B30.pngB03.pngB01.png 34,121
1907年 B30.pngB01.png 31,866(市制施行)
1910年 B30.pngB05.png 35,225
1915年 B30.pngB10.pngB01.png 41,233
1920年 B50.png 49,607
1925年 B50.pngB10.pngB03.png 63,427(松本村を編入)
1930年 B50.pngB10.pngB10.pngB01.pngB01.png 72,165
1935年 B50.pngB10.pngB10.pngB03.png 73,353
1940年 B50.pngB10.pngB10.pngB03.png 72,793
1943年 B50.pngB10.pngB10.pngB03.pngB01.png 74,010(中山村神田区を編入)
1945年 B50.pngB10.pngB10.pngB05.pngB01.pngB01.png 76,532
1950年 B50.pngB30.pngB05.pngB01.png 86,005
1954年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB30.pngB10.pngB01.png 141,734(島内村他12か村を編入)
1955年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB30.pngB10.pngB05.png 145,228
1960年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.png 148,709(塩尻市内田、同市崖の湯を編入)
1965年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB03.pngB01.png 154,131
1970年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB10.pngB03.png 162,931
1974年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB03.pngB01.png 183,761(本郷村を編入)
1975年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB05.pngB01.png 185,577
1980年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.png 190,056
1982年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB03.pngB01.png 194,204(塩尻市洗馬の一部を編入)
1985年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB03.pngB01.png 194,204
1990年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.png 199,453
1995年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB05.pngB01.pngB01.png 205,523
2000年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB10.png 208,970
2005年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB30.png 228,805(梓川村他3か村を編入)
2010年 B01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.pngB30.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.pngB50.png 242,541(波田町を編入)


歴史[編集]

行政[編集]

広域行政[編集]

松本市は松本広域連合の構成員のひとつであり、救急・消防業務、地域開発などの業務を周辺市町村と共同で行っている。現時点では歴代広域連合長をいずれも当時の松本市長が務めている。

松本市、山形村で構成する松本西部広域施設組合では松本市島内にあるゴミ処理場や併設された温水プール・ラーラ松本を、また松本市山形村朝日村中学校組合では、朝日村内にある鉢盛中学校を、それぞれ共同で運営している。

財政[編集]

機構[編集]

二役[編集]

部局[編集]

  • 総務部
  • 政策部
  • 財政部
  • 市民環境部
  • 健康福祉部
  • こども部
  • 農林部
  • 商工観光部
  • 建設部
  • 教育部
  • 会計管理者
  • 上下水道局(地方公営企業
  • 病院局(地方公営企業)

行政委員会[編集]

地域自治区・地域審議会[編集]

2015年3月31日まで設置

  • 梓川地域自治区
  • 安曇地域自治区
  • 奈川地域自治区
  • 四賀地域審議会
  • 波田地域自治区

庁舎[編集]

警察・消防[編集]

所轄警察署[編集]

所轄消防署[編集]

松本広域消防局 - 丸の内消防署、芳川消防署、渚消防署、本郷消防署(松本地区)、梓川消防署(梓川・安曇・奈川地区)、明科消防署(四賀地区)、山形消防署(波田地区)
丸の内と芳川の2消防署時代は其々、北署・南署と称した(改築前の芳川消防署の備品には、南署と書かれた物も残る)。

環境への取組み[編集]

第6回持続可能な地域社会をつくる日本の環境首都コンテストに参加。

立法[編集]

国政[編集]

衆議院小選挙区長野県第2区(松本市、大町市、安曇野市、長野市の一部、東筑摩郡、北安曇郡、上水内郡)。

県政[編集]

長野県議会の選挙区は松本市選挙区(定数6)。

市政[編集]

  • 市議会
    • 議長:柿澤潔
      在籍議員 31人(任期:2015年4月30日)
    • 市議会事務局
  • 財産区議会 - 寿財産区、岡田財産区、入山辺里山辺財産区、今井財産区、本郷財産区

司法[編集]

国の施設[編集]

独立行政法人等[編集]

医療・福祉[編集]

医療圏別医師数[編集]

長野県人口10万人当たりの医師数を2次医療圏別(県の地方事務所の管轄に同じ)に見ると松本が298.6、長野が162.2、上田小県が141.9、佐久204.2などとなっている。長野県内では松本以外いずれも全国平均の206.3を下回っており、松本医療圏が充実していることがうかがわれる。ただし医師数が多いのは松本地区と梓川地区に集中しており、安曇地区、四賀地区、奈川地区ではそれぞれわずか1 - 2人しかいない。(2006年12月末)

病院[編集]

相澤病院

太字は三次救急指定医療機関

介護保険等事業所[編集]

  • 特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム等)
    • ウイズ村井
    • エリシオン開智
    • エールコート咲楽
    • セントラル・ビオス
    • てまりケアハウスメディタウン
    • ケアハウスメディタウンアベニュー
    • 安寿の里のりくら
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム等)
    • サングリーン藤ヶ原
    • エリシオン開智
    • 里山辺の杜
  • 軽費老人ホーム・ケアハウス
    • ケアハウス今井
    • ケアハウスローズガーデン
    • ケアハウスなごみ松本
    • ケア・あずさ
  • 介護老人保健施設
    • 老人保健施設ローズガーデン
    • 介護老人保健施設寿の里
    • 介護老人保健施設山望苑
    • 介護老人保健施設つかまの里
    • 介護老人保健施設のむぎ
    • 介護老人保健施設ハーモニー
    • 介護老人保健施設びおら
    • 城山介護老人保健施設
  • 介護老人福祉施設
    • うつくしの里
    • 特別養護老人ホームヴァルデス・ルー
    • 真寿園
    • 特別養護老人ホーム岡田の里
    • ゆめの里和田
    • 四賀福寿荘
    • 介護老人福祉施設サルビア
    • ちくまの
    • やまびこの里
  • 認知症対応型共同生活介護指定事業者(グループホーム)
    • グループホームおかだ
    • グループホームサンライズ里山辺
    • グループホームなごみ
    • グループホームハーモニー
    • グループホーム波田の家
    • グループホームやすら木の家
    • グループホームりんごの樹
    • グループホームローズガーデン
    • ツクイ松本西ふれあいの家
    • つりがね草
    • ニチイのほほえみ松本寿
    • ニチイのほほえみ松本筑摩
    • ひだまりの里ささが
    • 夢ハウスおおくぼ
    • グループホームすみか
    • グループホームあずさ小町
    • グループホーム稲穂
    • グループホームサルビア

産業・経済[編集]

就業人口割合は第一次産業第二次産業第三次産業= 6.0% : 23.7% : 70.3% となっている。(2010年国勢調査

農業[編集]

  • 農業産出額 154億2000万円 (農林水産省「平成17年生産農業所得統計」)

工業[編集]

  • 製造品出荷額等 5,113億1000万円 (経済産業省経済産業政策局調査統計部「平成17年工業統計表」)
  • エレキギター生産量は日本一である。

工場を置く主な企業[編集]

商業[編集]

  • 卸売業年間販売額 9237億700万円 (経済産業省経済産業政策局調査統計部「平成16年商業統計表」)
  • 小売業年間販売額 3133億0600万円 (同上)
  • 卸売販売額の占めるウェイトが大きい。

主な商業施設[編集]

スーパーマーケット[編集]

  • バロー 南松本店、笹部店
  • ツルヤ なぎさ店、平田店、並柳店
  • マツヤ ユーパレット南松本店
  • 西源 流通団地店、並柳店、梓川店
  • 西友 元町店、笹部店、島内店

イオングループ

7&Iホールディングス

アルピコ交通

家電量販店[編集]

ホームセンター、家具店[編集]

スポーツ用品店[編集]

アルペングループ

ゼビオグループ

商店街[編集]

  • 松本駅前通り商店街
  • 大名町商店街
  • 中町商店街
  • 縄手通り商店街(大手)
  • 本町商店街(中央)
  • 六九商店街(大手)
  • 伊勢町商店街(中央)
  • 緑町商店街(大手)
  • 上土町商店街(大手)
  • 石芝商店街(石芝)
  • 寿台中央商店街(寿台)
  • 西堀商店街(大手)
  • 東町商店街(大手)
  • 裏町商店街(大手)
  • 神明町商店街(中央)
  • 新伊勢町商店街(中央)
  • 松原ショッピングモール(松原)

本社を置く主な企業[編集]

支店・事業所・営業所を置く主な企業[編集]

金融機関[編集]

中央銀行

郵便貯金銀行

政策金融機関

都市銀行

地方銀行

第二地方銀行

労働金庫

信用金庫

信用協同組合

証券

教育[編集]

高等教育[編集]

中等教育[編集]

高等学校[編集]

公立

県立高校の通学区は第4通学区

私立

中学校[編集]

市立
学校組合立
国立大学法人立
私立

中等教育学校[編集]

私立

初等教育[編集]

小学校[編集]

市立
  • 開智小学校
  • 源池小学校
  • 筑摩小学校
  • 旭町小学校
  • 田川小学校
  • 鎌田小学校
  • 清水小学校
  • 島内小学校
  • 中山小学校
  • 島立小学校
  • 芝沢小学校
  • 菅野小学校
  • 芳川小学校
  • 寿小学校
  • 岡田小学校
    • あさひ分校
  • 山辺小学校
  • 今井小学校
  • 開明小学校
  • 明善小学校
  • 本郷小学校
  • 二子小学校
国立大学法人立
私立

専修学校[編集]

  • 松本調理師製菓師専門学校
  • 松本理容美容専門学校
  • 国際コンピュータビジネス専門学校
  • 松本医療福祉専門学校(国際福祉専門学校)
  • 松本国際工科専門学校
  • いずみ商業専門学校
  • 松本経理ビジネス専門学校
  • 丸の内ビジネス専門学校
  • 松本衣デザイン専門学校
  • リバティー洋裁専門学校
  • 国際スズキメソード音楽院
  • 松本蟻ヶ崎学園

特別支援教育学校[編集]

各種学校[編集]

学校教育以外の施設[編集]

児童福祉施設(保育所)[編集]

  • 里山辺保育園
  • 小宮保育園
  • 旭町保育園
  • 寿東保育園
  • 堀米保育園
  • 神田保育園
  • 島内保育園
  • 幸町保育園
  • 中条保育園
  • 東部保育園
  • 桐保育園
  • のばら保育園
  • 南郷保育園
  • 白板保育園
  • 南松本保育園
  • 宮田保育園
  • さくら保育園
  • 笹部保育園
  • 渚保育園
  • 神林保育園
  • 村井保育園
  • 柏木保育園
  • 岡田保育園
  • 平田保育園
  • 野溝保育園
  • 内田保育園
  • 新村保育園
  • 島立中央保育園
  • 入山辺保育園
  • 中山保育園
  • 寿保育園
  • 和田保育園
  • 今井保育園
  • 並柳保育園
  • 中川保育園
  • 錦部保育園
  • 双葉保育園
  • 安曇保育園
  • 乗鞍保育園
  • 奈川保育園
  • 梓川東保育園
  • 梓川西保育園
  • 波田中央保育園
  • 波田ひがし保育園
  • みつば保育園
  • 渕東保育園

公共職業能力開発施設[編集]

地域[編集]

松本市の中心部
松本市本町

市の中心市街地活性化基本計画において松本駅を中心とした商業地約190haが中心市街地として捉えられている。

代表的なエリアは、松本パルコ、花時計公園を核に若者向けの店や飲食店の立ち並ぶ中央一丁目(伊勢町など)、大型店を中心に同じく若者向けのスポットの集まる深志一丁目(松本駅前)、縄手通りがあり銀行支店などのオフィスが集まる大手三丁目(大名町など)、再開発により近代的な商店街の立ち並ぶ中央二丁目(本町など)、松本城や市役所のある丸の内等が該当する。

町丁名および大字名[編集]

本庁管内(昭和の大合併以前の市域で、旧市とも呼称される)
14出張所管内(昭和の大合併によって編入された市域)
  • 大字松原
  • 大字岡田町
  • 大字岡田伊深
  • 大字岡田下岡田
  • 大字岡田松岡
  • 大字入山辺
  • 大字里山辺
  • 大字今井
  • 大字内田
本郷支所管内
  • 大字原
  • 大字水汲
  • 大字大村
  • 大字南浅間
  • 大字惣社
四賀支所管内
  • 反町
  • 刈谷原町
  • 七嵐
  • 赤怒田
  • 殿野入
  • 金山町
  • 保福寺町
  • 中川
  • 穴沢
  • 取出
  • 板場
  • 会田
  • 五常
安曇支所管内
  • 安曇(地域自治区名)
奈川支所管内
  • 奈川(地域自治区名)
梓川支所管内(地域自治区名 梓川)
  • 梓川上野
  • 梓川梓
  • 梓川倭
波田支所管内
  • 波田(地域自治区名)

住居表示などで公称からは廃止された旧町名や小字が、現在も便宜的に使用されているが、小字名の一部や不動産地番は今でも不動産登記本籍などにおいては正式な住所である。

四賀・梓川・安曇・奈川・波田地区以外で大字がつかない町丁は全て住居表示地区。また梓川・安曇・奈川・波田地区は旧合併特例法第5条の7に基づき、地域自治区名を冠する。

電話[編集]

  • 市外局番:松本MA 0263
  • 収容局:松本東館局、村井局、浅間局、信濃今井局、西松本局、入山辺局、南松本局、四賀局、梓川局、奈川局、乗鞍高原局、上高地局、島々局

郵便[編集]

公共施設[編集]

図書館[編集]

美術館・博物館・記念館[編集]

松本市美術館
日本浮世絵博物館
松本市時計博物館

体育施設[編集]

その他テニスコート10箇所、運動広場17箇所、市民プール2箇所などが充実している。

公会堂[編集]

まつもと市民芸術館

公園[編集]

公民館[編集]

地方卸売市場[編集]

主な社会基盤[編集]

ダム[編集]

美鈴湖

橋梁[編集]

交通[編集]

空港[編集]

信州まつもと空港 - 福岡札幌

鉄道路線[編集]

松本駅(お城口)

中心駅は松本駅

特急「しなの」(名古屋方面、長野方面)や特急「スーパーあずさ・あずさ」(甲府東京方面)が乗入れする。

いずれも太平洋側の東京名古屋を結ぶ要衝でもあるので、東京と名古屋の両都市への傾斜も目立つ。「あずさ」のうち、大糸線へ直通するものを除くすべての列車は松本駅が始終点となっている。

東京(新宿駅)まであずさで2時間半ほどかかるので、沿線自治体が中心となって、中央東線超高速化実現期成同盟会が結成されている。松本 - 新宿間を2時間以内で結ぶことを目標にしているが、今のところ進展はなく、物理的な見地[5]からも実現可能性に対する懐疑がある。

東日本旅客鉄道
アルピコ交通

1924年 - 1964年には、松本駅前から浅間温泉へ至る全長5.3kmの路面電車松本電気鉄道浅間線が存在した。

道路[編集]

高速道路
一般国道

※403号線は松本市内においては全区間19号線と重複しているため、単独区間はない

県道
有料道路
道の駅
その他の主要道路
賑わっている街路

バス[編集]

HIMRワンステップ
松本電気鉄道(現在のアルピコ交通)所有車両 HM-HU1JMEP
  • 松本市内および市近郊の民営バスは、アルピコ交通のみであり、ほとんどの路線が松本バスターミナルもしくは新島々営業所に発着する。
    • アルピコ交通
    • 松本市営バス(奈川地区と四賀地区のみの運行であり、松本バスターミナルへは乗り入れていない。)
    • 松本市西部では、現在松本市西部地域コミュニティバスの試験運行が行われている。
    • ごく一部の区間のみであるが、塩尻市地域振興バス朝日村営バスも松本市内を運行している。
    • 平成22年5月28~30日にクラフトフェアが開催され、慢性的な渋滞対策および公共交通を見直す機会として"バスDAY(で)まつもと"と名づけられた。この対策は松本市と工芸の五月実行委員会が資金を出し合い実現したものである。この期間中、アルピコ交通バスの観光路線や特急バス、高速バスを除く全路線が一乗車100円となった。運行形態も本来の土休日ダイヤではなく、平日ダイヤでの運行となった。回数券は期間中は利用不可能となったが、定期券は券面記載の区間のみ適用だった。その後も毎年のようにクラフトフェアと"バスDAY(で)まつもと"は実施され、平成26年は5月25・26日に実施された。

観光[編集]

涸沢より望む常念岳
美ヶ原高原
旧開智学校
旧制松本高等学校
松本日光 放光寺
深志神社
松本市考古博物館
源智の井戸
弘法山古墳 遊歩道

自然景勝地[編集]

旧跡・観光スポット[編集]

温泉地[編集]

社寺[編集]

寺院
神社

城跡[編集]

文化財[編集]

番号 種別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 時代区分
1 城郭建築 松本城天守 5棟 丸の内4-1 国(管理団体:松本市) 1952年3月29日 江戸時代
番号 種別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 備考
1 洋風建築 旧開智学校校舎 開智2-4-12 松本市 1961年3月23日 明治時代
2 金工 孔雀文磬 丸の内4-1 松本市 1959年12月18日 鎌倉時代
3 書跡 宋版漢書 中央4-2-22 松本市(松本市美術館) 1980年6月6日 宋時代
4 神社建築 筑摩神社本殿 筑摩2-6 筑摩神社 1930年5月23日 室町時代
5 民家建築 馬場家住宅 内田エリ穴357-6 松本市 1996年12月10日 江戸時代
6 彫刻 木造釈迦如来および両脇侍像 内田2573 牛伏寺 1914年8月25日 平安時代
7 彫刻 木造十一面観音および両脇侍立像 内田2573 牛伏寺 1914年8月25日 平安時代
8 彫刻 木造大威徳明王像 内田2573 牛伏寺 1914年8月25日 平安時代
9 彫刻 木造薬師如来坐像 内田2573 牛伏寺 1914年8月25日 平安時代
10 神社建築 若宮八幡社本殿 筑摩3-6-2 若宮八幡社 1953年8月29日 安土桃山時代
11 神社建築 大宮熱田神社本殿 梓川梓4419 大宮熱田神社 1949年2月18日 室町時代
12 神社建築 大宮熱田神社 若宮八幡宮本殿 梓川梓4419 大宮熱田神社 1949年2月18日 室町時代
13 彫刻 木造阿弥陀如来および両脇侍像 梓川上野1918 真光寺 1937年8月25日 鎌倉時代
14 洋風建築 旧松本高等学校本館および講堂 県3-1-1 松本市 2007年6月18日 大正時代
15 寺院建築 田村堂 波田上波田 松本市 1953年8月29日 室町時代
番号 種別 名称 所在地 所有者または管理者 登録年月日 時代区分
1 治山治水 牛伏川階段工 内田内田山6114-261 長野県 2002年9月3日 大正時代
2 住宅 塩原家住宅主屋 今井上耕地5990 個人 2004年3月29日 大正時代
3 住宅 塩原家住宅米蔵 今井上耕地5990 個人 2004年3月29日 明治時代
4 産業一次 塩原家住宅蚕屋 今井上耕地5990 個人 2004年3月29日 大正時代
5 住宅 塩原家住宅門 今井上耕地5990 個人 2004年3月29日 大正時代
6 住宅 原田家住宅主屋 入山辺南方582 個人 1999年10月28日 明治時代
7 産業三次 松本館旧館 丸の内7-39 松本館 2004年3月29日 昭和時代
8 産業三次 松本館便所棟 丸の内7-39 松本館 2004年3月29日 昭和時代
9 学校 松本深志高等学校管理普通教室棟 蟻ヶ崎3-8-1 長野県 2003年4月8日 昭和時代
10 学校 松本深志高等学校講堂 蟻ヶ崎3-8-1 長野県 2003年4月8日 昭和時代
11 住宅 山崎歯科医院 丸の内3-12 個人 1996年12月26日 明治時代
12 寺院建築 無量寺本堂 会田岩井堂3111 無量寺 2005年11月10日 江戸時代
13 寺院建築 無量寺鐘楼堂 会田岩井堂3111 無量寺 2005年11月10日 江戸時代
14 寺院建築 無量寺宝物殿 会田岩井堂3111 無量寺 2005年11月10日 江戸時代
15 寺院建築 無量寺土蔵 会田岩井堂3111 無量寺 2005年11月10日 江戸時代
16 寺院建築 無量寺衆寮 会田岩井堂3111 無量寺 2005年11月10日 江戸時代
17 治山治水 釜ヶ渕堰堤 安曇4460付近 国(国土交通省) 2002年9月3日 昭和時代
18 産業三次 第一勧業銀行松本支店 大手3-5-15 法人 2007年10月2日 昭和時代
19 住宅 波多腰家住宅主屋 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
20 住宅 波多腰家住宅米蔵 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
21 住宅 波多腰家住宅味噌蔵 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
22 住宅 波多腰家住宅納屋 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
23 住宅 波多腰家住宅灰屋 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
24 住宅 波多腰家住宅蔵 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
25 住宅 波多腰家住宅文庫蔵 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
26 住宅 波多腰家住宅表門 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
27 住宅 波多腰家住宅門 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
28 住宅 波多腰家住宅中門 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
29 住宅 波多腰家住宅南門 波田6492 個人 2000年4月28日 江戸時代
  • 市内の史跡(国指定)一覧
番号 種別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 時代区分
1 城跡 松本城 丸の内4-1 国(文部科学省) 1930年11月19日 戦国時代
2 古墳 弘法山古墳 並柳2丁目1000 松本市 1976年2月20日 古墳時代

祭事[編集]

主な宿泊施設[編集]

名産物[編集]

松本市の工芸品「松本手まり」が描かれたマンホール

スポーツチーム[編集]

作品[編集]

映像作品[編集]

テレビドラマ
映画
アニメ

民話[編集]

泉小太郎の像(弘法山古墳

地域間関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

姫路市との姉妹都市提携30周年記念の道祖神
1958年(昭和33年) - 姉妹都市提携。
1989年(平成元年)11月17日 - 姉妹都市提携。
1995年(平成7年)3月21日 - 友好都市提携。
1972年4月20日 - 姉妹村提携(2005年4月1日編入された安曇村より継承)

外部地域との関係[編集]

日本海側水系の地域であるが、大都市への志向は総じて太平洋側の東京名古屋の両都市への傾斜が大きく、首都圏中京圏との繋がりが見られる。鉄道でも、中央本線を通じて、両地域からの特急列車が乗入れしている。又、東海3県の私立大学も、松本で地方入試を行うものが多い。

一方で、しなの鉄道線(旧信越本線)沿線や、日本海側との繋がりはさほど強くない。特に、県庁所在地の長野は日本海側とのつながりが深く、風土も同じ県内にある松本よりも日本海側に近い部分が多いため、後述の通りで事あるたびに対立して来た。

松本と長野との対立関係[編集]

松本が長野に対してアドバンテージを持っていた時代(政治的には明治維新まで、経済的には大正時代まで)には長野側も対抗意識を持っていたが、政経両面で長野が松本を追い抜いたころから次第に長野側の対抗心は薄れていった。しかしながら、かつて長野市のアンケート調査によれば、県内で移住したい都市の中で松本を挙げる長野市民がもっとも多かったという記録がある(二位は上田市[要出典]

松本と長野は、対東京の有様も対照的である。長野からは長野新幹線(以前は信越本線)で上野駅東京駅へ、松本からは中央本線新宿駅へアクセスしているため、東京都区内での宿泊地や居住地でも異なる様相を呈している。

このような地域間の対立はサッカーにおいても反映され、松本市を本拠地とする松本山雅FCと長野市を本拠地とするAC長野パルセイロの対戦は信州ダービーとして下位クラブ同士の試合としては異例の盛り上がりを見せる。

元長野県知事の田中康夫は、「長野県」ではなく「信州」と呼称するが、長野県より信州の方がイメージがよいためとしている。

筑摩県の廃止と対立の始まり[編集]

1871年12月31日明治4年旧暦11月20日)から1876年(明治9年)8月20日の間、筑摩県が設置され、松本にはその県庁が置かれた。 その後内務省により再編が行われ、信州は1県となる事になった。

出身有名人[編集]

(五十音順、wikipediaに項目のある人物)

学界・教育界[編集]

政財界(市町村長を除く)・法曹[編集]

旧軍人[編集]

宗教界[編集]

芸術[編集]

音楽(ポピュラー音楽を除く)[編集]

美術[編集]

作家・小説家[編集]

映画[編集]

スポーツ[編集]

野球[編集]

その他のスポーツ[編集]

芸能[編集]

報道・出版[編集]

ポピュラー音楽[編集]

俳優・タレント[編集]

その他[編集]

ゆかりのある有名人[編集]

(五十音順)

名誉市民[編集]

  • J・ブラッケン・リー(ソルトレイクシティ市長歴任)
  • アルバート・R・オルピン(ソルトレイクシティ姉妹都市提携委員長)
  • アール・J・グレート(ソルトレイクシティ市長歴任)
  • 笠井喜彦(ソルトレイクシティ在留邦人)
  • 寺沢国子(日刊邦字新聞ユタ日報社長)
  • 金子小一郎(藤沢市長歴任)
  • 戸田康英(松本城主戸田家の直系)
  • 吉田豊信(姫路市長歴任)
  • E・ジャコブ・ガーン(ソルトレイクシティ市長)
  • 鈴木雅次日本大学名誉教授)
  • テッド・L・ウィルソン(ソルトレイクシティ市長)
  • パルマー・A・デポーリス(ソルトレイクシティ市長)
  • 降旗徳弥(松本市長歴任)
  • 元仲辰郎(高山市長歴任)
  • 葉山峻(藤沢市長歴任)
  • 鈴木鎮一(市に才能教育研究会を創立)
  • 戸谷松司(姫路市長)
  • 平田吉郎(高山市長歴任)
  • 和合正治(松本市長歴任)
  • ディーディー・コラディーニ(ソルトレイクシティ市長)
  • P・L・ジン(カトマンズ市長)
  • 日下部尚(高山市長)
  • 堀川和洋(姫路市長)
  • 上條信山(書道家)
  • 小澤征爾(指揮者)
  • 田村一男洋画家
  • 山本捷雄(藤沢市長)
  • 有賀正(前松本市長)
  • 草間彌生(芸術家)
  • 十八世中村勘三郎(歌舞伎役者)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、NHKの連続テレビ小説おひさま」では、松本の主人公宅やその周辺の人が、空襲警報のサイレンの後、防空壕に避難中に空爆の爆音が鳴り響いた場面があった。
  2. ^ 松本 1981-2010年”. 気象庁. 2013年3月16日閲覧。
  3. ^ 松本 観測史上1 - 10位の値”. 気象庁. 2013年3月16日閲覧。
  4. ^ 松本今井(松本空港)2003-2010年”. 気象庁. 2011年10月18日閲覧。
  5. ^ 現在のルートでは山間部を走行するため、速度向上が期待出来ない
  6. ^ 信州の高速バス・特急バス

外部リンク[編集]

行政
観光