国道143号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道143号
一般国道

国道143号標識

国道143号
総距離 55.8 km(総延長・実延長)
52.3 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 長野県松本市
終点 長野県上田市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0019.svg国道19号
Japanese National Route Sign 0158.svg国道158号
Japanese National Route Sign 0254.svg国道254号
Japanese National Route Sign 0018.svg国道18号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
143号線青木峠・明通トンネル。日本の国道トンネルとしては現役最古。2005年7月10日撮影
長野県松本市 国府町西交差点付近。2008年7月18日撮影

国道143号(こくどう143ごう)は、長野県松本市から同県上田市に至る一般国道である。

概要[編集]

1890年に長野県道として全通した歴史の古い道路である。明治時代の建設当初馬車交通を想定したため、急峻な山岳地帯を通過する道路の割には緩勾配に設計されているのが特徴である。

かつては上田-松本間の最短ルートであったが、1976年の国道254号三才山有料道路の開業に伴い、通行量が激減した。

上田市から青木村までの約10kmは、盆地の緩い斜面をほぼ一直線のルートで結んでいるのが特徴的で、建設当時は幅員もゆとりがあることから「無駄」と批判が出たほど高規格であった。しかし現在となっては、路肩のほとんど無い、センターライン付の道路としては最低限の幅員で、自動車交通に対するゆとりは乏しい。

青木村・松本市旧四賀村間では二つの峠越えがあり、この区間ではほとんどが1車線から1.5車線の狭隘路で、大型車は通過できない。また途中には斜面崩壊しやすい脆弱な区間もあり、峠越え区間の根本的整備が見込まれないことから、幹線交通路の役割を終えた道路と言える。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

交通の不便だった中信東信の間を車道で連絡する目的で、長野県道「第二線路」として1887年に建設決定された[注釈 3]

1888年着工、1890年の山岳区間のトンネル開通、および上田町(当時)での千曲川上田橋架橋完成等に伴って全通した。このような経緯から、沿線住民には現在でも「二線路」の通称で呼ぶ者がある。

年表[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 松本街道 上田市上塩尻 - 松本市保福寺町
  • 北国西街道 松本市保福寺町 - 同市中央
  • 野麦街道 松本市中央 - 同市渚

バイパス・道路改良[編集]

大門〜会吉拡幅
松本市四賀(旧四賀村)大門~会吉地区の区間では、旧道の谷側に新道を建設する手法で拡幅工事が行われている。引き続き会吉地区までの工事が行われる予定であり、平成22年度の竣工が見込まれる[6]
地元住民からは、さらに青木峠方面へのトンネル建設を求める意見が根強いが、事業規模が大きく着工のめどはたっていない[7]
岡田改良区間
岡田拡幅
松本市の六助池から岡田神社までの区間では、県の拡幅事業が完了し、同区間に十分な幅の歩道が確保された。当初平成21年3月に完成した。当初は2007年夏ごろまでの完成を予定していた。2007年4月、市民タイムスは、遊技場周囲での用地交渉が難航していると報じた。
築地バイパス
上田市宮島の宮島交差点から北上し、国道18号線上田坂城バイパスと接続する。現在片側2車線で供用している。

道路施設[編集]

トンネル[編集]

2か所の峠それぞれに、明治時代の道路開通時に建設されたトンネルが残存している。

青木峠の明通トンネル(全長95m、高さ制限3.6m)は、日本の国道において現道として通行可能なトンネルでは最古で、1890年開通。自動車通行を容易とするため1957年(昭和32年)に拡大改築工事をおこなって原形は留めておらず、両側坑口はコンクリートポータルとなっている。

地蔵峠の会吉トンネルはやはり1890年開通で、1934年に改築工事を受けた。明通トンネルと同程度の道幅ながら、国道のトンネルとしては珍しい信号による交互通行を行なっている。なお、二輪車および自転車は信号機による交通規制を受けない。

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

[編集]

  • 地蔵峠(松本市・東筑摩郡筑北村)
  • 青木峠(東筑摩郡筑北村・小県郡青木村)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2012年4月1日現在
  3. ^ 当時整備が最優先されていた「第一線路」は、現在の碓氷峠越えの国道18号旧道である。

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月6日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. pp. 7-8. 2014年1月19日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月6日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  6. ^ 長野県の政策評価制度:弘法拡幅 (PDF)”. 長野県企画部政策評価課. 2008年6月17日閲覧。
  7. ^ 長野県の政策評価制度:(国)143号 青木峠バイパス (PDF)”. 長野県企画部政策評価課. 2008年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]