国道303号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道303号
一般国道

Japanese National Route Sign 0303.svg

国道303号
路線延長 126.2 km
制定年 1970年
起点 岐阜市
主な
経由都市
本巣郡北方町
本巣市
揖斐郡揖斐川町
長浜市
高島市
終点 三方上中郡若狭町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
Japanese National Route Sign 0417.svg国道417号
Japanese National Route Sign 0365.svg国道365号
Japanese National Route Sign 0008.svg国道8号
Japanese National Route Sign 0161.svg国道161号
Japanese National Route Sign 0367.svg国道367号
Japanese National Route Sign 0027.svg国道27号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
三方上中郡若狭町内。終点の三宅交差点付近(2013年9月

国道303号(こくどう303ごう)は、岐阜県岐阜市から福井県三方上中郡若狭町に至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令および一般国道の指定区間を指定する政令に基づく一般国道303号の概要は以下の通り。(当時の市町村)

歴史[編集]

下流から見た揖斐川奥いび湖に懸かる国道303号の奥いび湖大橋(岐阜県揖斐郡揖斐川町、2011年6月16日開通)
  • 1970年4月1日 - 一般国道303号(現区間)として指定。
  • 2011年6月16日 - 岐阜県揖斐川町の横山ダム(奥いび湖)に懸かる奥いび湖大橋が開通。これにより全線が最低でも片側1車線で結ばれることになる。

路線状況[編集]

かつては八草峠をはじめとして狭隘区間が多かったが、現在はバイパス道路トンネル建設による改良が進んでおり、通行の困難性は解消されつつある。岐阜県揖斐郡揖斐川町-滋賀県長浜市木之本町の川上・八草バイパス、金居原バイパスも2008年11月14日に全線開通した。

別名[編集]

岐阜市から本巣市までの区間は国道157号と重複しているが、当初国道303号として単独に指定されていたので、303(さんまるさん)と呼ばれることも多い。

バイパス道路[編集]

重複区間[編集]

  • 国道157号(岐阜市徹明町(神田町5交差点) - 本巣市三橋交差点)
  • 国道417号(揖斐川町三輪 - 揖斐川町東横山)
  • 国道365号(長浜市木之本町田部 田部東交差点 - 長浜市木之本町黒田 木之本IC口交差点)
  • 国道8号(長浜市木之本町千田 千田北交差点 - 長浜市西浅井町塩津浜 塩津浜交差点)
  • 国道161号(高島市マキノ町野口 - 高島市今津町弘川 弘川交差点)(湖北バイパス
  • 国道367号(高島市今津町保坂 保坂交差点 - 若狭町三宅交差点)

主な峠[編集]

八草峠(岐阜県揖斐川町 - 滋賀県長浜市)
2001年4月26日に八草トンネルが開通。旧道は冬期間通行止。
万路越(滋賀県長浜市 - 滋賀県高島市)
1984年7月に奥琵琶トンネルが開通。旧道は通年通行不可。
七里半越(滋賀県高島市)
追坂峠を含む峠。最高点は福井県敦賀市とのに在る。
追坂峠(滋賀県高島市)
国道161号重複区間。
水坂峠(滋賀県高島市)
1985年6月18日に水坂トンネルが開通。旧道は通年通行可能。
寒風峠(滋賀県高島市 - 福井県若狭町)
1980年度下半期に寒風トンネルが開通。

道の駅[編集]

交通量[編集]

24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

  • 岐阜県
    • 揖斐郡大野町相羽:12,702
  • 滋賀県
    • 長浜市西浅井町八田部:6,973
    • 高島市今津町杉山:7,376
  • 福井県
    • 三方上中郡若狭町熊川:8,006

とくに滋賀県高島市今津町弘川から福井県三方上中郡若狭町三宅にかけては交通量が比較的多く、京都・大津方面から小浜方面への主要ルートのひとつとなっている。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]