国道317号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道317号
一般国道

国道317号標識

国道317号
路線延長 190.3 km(総延長)[注釈 1]
173.3 km(実延長)[注釈 1]
156.4 km(現道)[注釈 1]
陸上区間 175.2 km
海上区間 15.1 km
制定年 1970年指定(1982年延伸)
起点 愛媛県松山市
主な
経由都市
愛媛県今治市
終点 広島県尾道市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
Japanese National Route Sign 0196.svg国道196号
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
尾道市因島中庄町、水軍城入口バス停付近(2013年9月)

国道317号(こくどう317ごう)は、愛媛県松山市から同県今治市を経由して広島県尾道市に至る一般国道である。

概要[編集]

本州四国を連絡する路線である。海上区間を含む現道に対し、自動車専用道路である西瀬戸自動車道(しまなみ海道)が本州四国連絡道路3路線のうちの1路線、尾道・今治ルートとして整備され、並行する2路線はいずれも国道317号である。四国側にある今治市の山間部分は、ブラインドカーブも多くうねった片側一車線とは別に緩いカーブの片側一車線の新線が完成し、安全性が向上した。同様の改良手法は、国道56号国道378号でも採られている。

なお、勝山交差点 - 此花町交差点間のわずかな間は、此花町交差点で分岐する愛媛県道334号松山川内線とともに[要出典]旧国道11号の一部となっている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1970年(昭和45年)4月1日
    一般国道317号(今治市 - 尾道市)として指定施行。
  • 1982年(昭和57年)4月1日
    起点側の今治市 - 松山市の区間を編入し、一般国道317号(松山市 - 尾道市)として指定施行[4]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道11号:愛媛県松山市二番町(起点)- 愛媛県松山市勝山町(勝山交差点)

道路施設[編集]

主なトンネル
主な橋
(三連吊り橋、第三は中央支間長1030m、第二は中央支間長1020m)
道の駅

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 指定区間西瀬戸自動車道60.2km(愛媛県区間32.1km、広島県区間28.1km)を含む。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b c d 2005年1月16日から今治市の一部。
  4. ^ a b 2006年1月10日から尾道市の一部。
  5. ^ 2005年3月28日から尾道市の一部。
  6. ^ 2010年4月1日現在
  7. ^ 未供用区間17.0km(うち海上区間15.1km)は総延長に含み、実延長に含まない。

出典[編集]

関連項目[編集]