国道54号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道54号
一般国道

国道54号標識

国道54号
陸上距離 171.8 km
海上距離 指定なし
制定年 1953年
起点 広島県広島市中区
主な
経由都市
安芸高田市三次市雲南市
終点 島根県松江市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0183.svg国道183号
Japanese National Route Sign 0191.svg国道191号
Japanese National Route Sign 0261.svg国道261号
Japanese National Route Sign 0375.svg国道375号
Japanese National Route Sign 0184.svg国道184号
Japanese National Route Sign 0314.svg国道314号
Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
Japanese National Route Sign 0180.svg国道180号
Japanese National Route Sign 0432.svg国道432号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
起点の広島市役所前交差点

国道54号(こくどう54ごう)は、広島県広島市から島根県松江市へ至る一般国道である。島根県松江市宍道町佐々布から終点までは国道9号との重複区間である。国道2号と国道9号を結ぶ「陰陽連絡国道」の幹線道路である。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1953年5月18日 二級国道182号広島松江線(広島県広島市 - 島根県松江市)
  • 1963年4月1日 一級国道54号(広島県広島市 - 島根県松江市) -- 国道182号から昇格。国道182号は二級国道182号新見福山線となり岡山県新見市 - 広島県福山市間の路線に変更される。
  • 1965年4月1日 一般国道54号(広島県広島市 - 島根県松江市)
  • 2008年4月1日 旧道のうち、広島県広島市中区大手町(広島市民球場南交差点) - 広島県広島市安佐南区中須(中須2丁目交差点)の管理が国土交通省から広島市に移管されたことに伴い、国道54号・国道191号祇園新道経由、国道183号国道261号を旧道経由に変更。なお、紙屋町交差点 - 広島市民球場南交差点、中須2丁目交差点 - 緑井1丁目交差点は国道54号別線となる。

重複区間[編集]

  • 広島県広島市中区大手町(市役所前交点) - 広島県広島市中区基町(紙屋町交点):国道183号国道261号
  • 広島県広島市中区大手町(市役所前交点) - 広島県広島市安佐北区可部(191分れ交点):国道191号
  • 広島県広島市安佐南区緑井(緑井1丁目交点) - 広島県広島市安佐北区可部(191分れ交点):国道261号
  • 広島県広島市安佐南区緑井(緑井1丁目交点) - 広島県三次市粟屋町(粟屋交点):国道183号
  • 広島県三次市粟屋町(粟屋交点) - 島根県飯石郡飯南町野萱:国道184号
  • 島根県松江市宍道町佐々布(宍道交点) - 島根県松江市雑賀町(相生町交点):国道9号

通過する自治体[編集]

雲南市木次町里方付近

見どころ[編集]

交差する道路[編集]

バイパス[編集]

別名[編集]

通称・愛称[編集]

  • 鯉城通り(広島市中区)
  • 城南通り(広島市中区)

主な峠[編集]

  • 赤名峠(標高560m):広島県三次市 - 島根県飯石郡飯南町
  • 上根峠(標高268m):広島県広島市安佐北区 - 広島県安芸高田市

交差する鉄道・主な河川(主な橋梁)[編集]

道の駅[編集]

事前通行規制区間[編集]

  • 広島県三次市十日市町大村 - 広島県三次市十日市町大村 連続雨量250mmを超える場合通行止
  • 広島県三次市山家町高津原 - 広島県三次市三原町下三原 連続雨量250mmを超える場合通行止
  • 島根県飯石郡飯南町都加賀 - 島根県雲南市掛合町入間 連続雨量230mmを超える場合通行止
  • 島根県雲南市掛合町入間 -島根県雲南市掛合町掛合 連続雨量230mmを超える場合通行止
  • 島根県雲南市掛合町掛合 - 島根県雲南市三刀屋町乙加宮 連続雨量230mmを超える場合通行止

関連項目[編集]

外部リンク[編集]