国道209号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道209号
一般国道

国道209号標識

国道209号
総距離 35.7 km(総延長)
27.0 km(実延長・現道)
制定年 1953年指定
起点 福岡県大牟田市
終点 福岡県久留米市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0208.svg国道208号
Japanese National Route Sign 0443.svg国道443号
Japanese National Route Sign 0442.svg国道442号
Japanese National Route Sign 0208.svg国道264号
Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号
Japanese National Route Sign 0322.svg国道322号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道208号・国道209号濃施交差点(福岡県みやま市)
国道209号(福岡県久留米市日吉町付近)
筑後市を通過する国道209号

国道209号(こくどう209ごう)は、福岡県大牟田市から同県久留米市に至る一般国道である。

概要[編集]

国道3号と共に筑後地方を縦断する幹線道路であり、ニーマルキューと呼ばれることも多い。

起点は大牟田市だが、みやま市高田町濃施までは国道208号との重複区間となっている。そのため、沿線のキロポストは単独区間が始まるみやま市高田町濃施から(まで)の表示となっている(ちなみに、濃施交差点にはあたかもそこが起点であるかのような道路標識も設置されている)。

国道3号(旧・鹿児島街道)は熊本市から熊本県山鹿市福岡県八女市など内陸部を経由して久留米市に至るのに対し、当路線は大牟田市、筑後市といった都市部を経由して久留米市へ至る。このため、区間利用を含めて交通量は多いが、大牟田市内の国道208号との重複区間の一部や久留米市荒木町の野伏間交差点から終点までの区間を除いて片側1車線となっているため、全線を通じて流れが悪く、渋滞することも少なくない。

全線で鹿児島本線と並行する。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

通称・バイパス[編集]

  • 津福バイパス(久留米市荒木町白口 - 津福今町 - 津福本町 - 梅満町)
  • 明治通り(久留米市六ツ門交差点 - 東町交差点)

重複区間[編集]

  • 国道208号:福岡県大牟田市(起点) - みやま市高田町濃施

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(起点 - 国道208号重複区間・終点を除く)

※ 以前は終点の東町交差点で国道210号に接続していたが、210号の経路変更により直接接続しなくなった。210号へは、六ツ門交差点を直進して市道櫛原バイパスを経由する、終点から国道3号を経由する、終点を直進して国道322号(旧210号)を経由するなどの方法がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2007年1月29日に3町が合併してみやま市発足。
  3. ^ 2011年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年3月5日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 12. 2013年3月5日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年3月5日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]