国道121号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道121号
一般国道

国道121号標識

国道121号
路線延長 281.6 km(総延長)
255.3 km(実延長)
219.0 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 山形県米沢市窪田町窪田
主な
経由都市
福島県喜多方市会津若松市
栃木県日光市鹿沼市
終点 栃木県芳賀郡益子町七井中央
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号
Japanese National Route Sign 0287.svg国道287号
Japanese National Route Sign 0049.svg国道49号
Japanese National Route Sign 0289.svg国道289号
Japanese National Route Sign 0461.svg国道400号
Japanese National Route Sign 0119.svg国道119号
Japanese National Route Sign 0293.svg国道293号
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0123.svg国道123号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
(山形県米沢市入田沢、大峠隧道出口付近より米沢市街方面、1989年7月撮影)路面は未舗装。現在は崩落土砂による路面埋没のため車輛通行は不能
(福島県喜多方市岩月町入田付付近より喜多方市街方面、1989年7月撮影)現在は路肩崩落のため車輛通行は困難
(福島県会津若松市河東町福島、2010年2月撮影)会津盆地の中を経由する
(栃木県日光市上三依、2007年12月撮影)国道352号・国道400号重複区間
五十里湖(海尻付近)空撮画像
中央部は湯西川に掛かる野岩鉄道会津鬼怒川線鉄橋と国道121号
(栃木県宇都宮市西川田町、宇都宮環状道路部、2007年10月撮影)宇都宮市街地を外周する宮環部。幅員も広く、交通量も多い
(栃木県益子町七井中央、2014年5月撮影)終点の七井中央交差点。手前の道路が国道121号・国道294号の重用。左は国道123号、右は国道123号・国道294号の重用。

国道121号(こくどう121ごう)は、山形県米沢市から福島県会津若松市栃木県日光市を経由して同県芳賀郡益子町に至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

国道指定当初は宇都宮市から今市市[注釈 3]までを国道119号と重複して米沢市に至る路線であったが、1993年に起終点を交換のうえで、今市市[注釈 3]から終点側の経路を国道352号と重複して鹿沼市を経由し[4][5]、宇都宮市南部を通過して芳賀郡益子町に至る路線に変更された。

年表[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

バイパス[編集]

有料道路[編集]

重複区間[編集]

  • 国道49号:会津若松市観音前交差点 - 北柳原交差点
  • 国道401号:会津若松市北柳原交差点 - 城西交差点
  • 国道118号:会津若松市北柳原交差点 - 南会津郡下郷町道通交差点
  • 国道289号:南会津郡下郷町林中交差点 - 南会津町鎌倉橋交差点
  • 国道400号:南会津郡南会津町鎌倉橋交差点 - 日光市上三依
  • 国道352号:南会津郡南会津町早坂交差点 - 鹿沼市下材木町
  • 国道119号:日光市今市春日町交差点 - 追分地蔵前
  • 国道293号:鹿沼市市役所前交差点 - 下材木町
  • 国道408号:宇都宮市上籠谷町交差点 - 真岡市下籠谷
  • 国道294号:芳賀郡益子町塙交差点 - 七井中央交差点

道路施設[編集]

トンネル[編集]

福島県[編集]
栃木県[編集]
  • 五十里岬トンネル
  • 湯の郷トンネル
  • 海尻トンネル
  • 五十里トンネル
  • 五十里ダムサイドトンネル
  • 三ツ岩トンネル
  • 龍王トンネル

道の駅[編集]

大峠道路は当該項目を参照。

地理[編集]

通過する市町村[編集]

交差する道路[編集]

山形県[編集]

福島県[編集]

栃木県[編集]

主な峠[編集]

大峠(山形県米沢市 - 福島県喜多方市)
大峠道路と並行する福島・山形県境の旧道区間は土砂崩落のため長期に亘って通行止となっており、再開通の目途は立っていない(山形県側が事実上放棄され、福島県側からは喜多方市岩月町入田付地区で行き止まり。案内標識も旧道の喜多方市街側から大峠方向は「市内入田付」とのみ表記され国道アイコンは非掲載)。1992年の大峠道路の一部開通後も全通していないとの理由によりこの旧道区間には国道標識が設置され、1996年の大崩落以後もはや道路の体を成していない状態での国道指定となっていたが、2010年9月11日に大峠道路が全線開通したことにより、2012年10月に国道標識が撤去され旧道大峠区間は国道指定より外され市道に降格した[12]。なおこの動きに前後して2011年1月28日付けで山形県側は通行止めのまま廃道となっているが、福島県側は、同年3月に発生した東日本大震災の災害復旧工事を行っている。
山王峠(福島県南会津郡南会津町 - 栃木県日光市)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2006年3月20日に1町3村が合併して南会津郡南会津町発足。
  3. ^ a b c d e 2006年3月20日に日光市ほか1市2町1村が合併して日光市発足。
  4. ^ 2012年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月21日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 6. 2014年1月14日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月21日閲覧。
  4. ^ 昭文社 1992, p. 92.
  5. ^ 昭文社 1993, pp. 299, 303.
  6. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  8. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成4年4月3日政令第104号)”. 法庫. 2013年1月7日閲覧。
  9. ^ 県管理道路の路線名変更について - 山形県ホームページ 2014年6月21日閲覧。
  10. ^ 平成25年山形県告示第870号
  11. ^ 平成25年山形県告示第874号
  12. ^ 問合せに対する回答 (PDF)”. 福島県. 2013年3月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 昭文社 (1992), マップル 全日本道路地図 (1992年5月第10版 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-30030-9 
  • 昭文社 (1993), スーパーマップル 関東道路地図 (1993年4月第1版 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-62518-6 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]