国道282号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道282号
一般国道

Japanese National Route Sign 0282.svg

国道282号
総距離 124.2 km
制定年 1970年
起点 岩手県盛岡市NHK前交差点
主な
経由都市
岩手県滝沢市八幡平市秋田県鹿角市鹿角郡小坂町
終点 青森県平川市碇ヶ関交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0046.svg国道46号
Japanese National Route Sign 0281.svg国道281号
Japanese National Route Sign 0341.svg国道341号
Japanese National Route Sign 0103.svg国道103号
Japanese National Route Sign 0104.svg国道104号
Japanese National Route Sign 0285.svg国道285号
Japanese National Route Sign 0007.svg国道7号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道282号(こくどう282ごう)は、岩手県盛岡市から青森県平川市に至る一般国道である。

秋田県小坂町坂梨峠付近

概要[編集]

当路線は、全区間東北自動車道盛岡IC - 碇ヶ関IC間と並行しており、この区間は迂回路としても機能する。ただし、区間によってバイパス道路が整備されていないため、国道4号と並行する区間は国道282号の方が走行性が劣る。

路線データ[編集]

歴史[編集]

盛岡・鹿角間[編集]

  • 1954年(昭和29年)1月20日 - 県道盛岡花輪線の一部及び県道大館盛岡線の一部が、盛岡毛馬内線(岩手県盛岡市 - 秋田県鹿角郡毛馬内町(現・鹿角市))として主要地方道の指定を受ける(昭和29年建設省告示第16号)。
  • 1954年(昭和29年)8月16日 - 岩手県により県道盛岡毛馬内線として認定される(昭和29年岩手県告示第649号)。
  • 1954年(昭和29年)12月2日 - 秋田県により県道盛岡毛馬内線として認定される(昭和29年秋田県告示第488号)。
  • 1964年(昭和39年)12月28日 - 主要地方道としての路線名が盛岡十和田線に変更される(昭和39年建設省告示第3620号)。

鹿角・平川間[編集]

  • 1954年(昭和29年)1月20日 - 県道大鰐小坂線、県道小坂大鰐線の一部及び県道毛馬内小坂線の一部が、大鰐毛馬内線(青森県南津軽郡大鰐町 - 秋田県鹿角郡毛馬内町(現・鹿角市))として主要地方道の指定を受ける(昭和29年建設省告示第16号)。
  • 1954年(昭和29年)9月16日 - 青森県により県道大鰐毛馬内線として認定される(昭和29年青森県告示第826号)。
  • 1954年(昭和29年)12月2日 - 秋田県により県道大鰐毛馬内線として認定される(昭和29年秋田県告示第488号)。
  • 1964年(昭和39年)12月28日 - 主要地方道としての路線名が大鰐小坂十和田線に変更される(昭和39年建設省告示第3620号)。

国道指定後[編集]

  • 1970年(昭和45年)4月1日 - 一般国道282号(岩手県盛岡市 - 秋田県大館市)として指定。
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 国道の区間が変更される(岩手県盛岡市 - 青森県南津軽郡碇ヶ関村→現:平川市)。
  • 1993年(平成5年) - 分レバイパス整備に伴い分岐点変更。

重複区間[編集]

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

踏切[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線と交差

  • 第1津軽街道踏切(八幡平市平舘)
  • 第5津軽街道踏切(八幡平市荒屋)

バイパス[編集]

道の駅[編集]

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)

平日24時間交通量(台)

  • 滝沢市一本木 - 20,219
  • 鹿角市八幡平字石通 - 2,666
  • 平川市碇ヶ関西碇ヶ関山 - 1,013

関連項目[編集]