国道311号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道311号
一般国道

国道311号標識

国道311号
総距離 160.6 km(総延長)
129.7 km(実延長)
制定年 1970年指定
起点 三重県尾鷲市
終点 和歌山県西牟婁郡上富田町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
Japanese National Route Sign 0169.svg国道169号
Japanese National Route Sign 0168.svg国道168号
Japanese National Route Sign 0371.svg国道371号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
北山川に架かる瀞大橋

国道311号(こくどう311ごう)は、三重県尾鷲市から、和歌山県西牟婁郡上富田町に至る一般国道である。

概要[編集]

田辺市・尾鷲市間では国道425号が並行しているが、国道425号が狭路のため迂回路として利用される。海岸沿いを走る国道42号線と共に紀南地方の主要道路の一つであり、1999年平成11年)の南紀熊野体験博開催に向けて道路整備、拡幅が行われた。

奈良県を僅かながら通過しているが、国道169号重複区間を含む奈良県域の道路管理は和歌山県東牟婁振興局新宮建設部が担っている。 阪和自動車道として高速道路が南紀田辺インターチェンジまで開通する以前までは大阪方面(和歌山市内)から紀伊半島南部や尾鷲方面に行く手段として、海岸線の国道42号は大型トラックや信号機、一般車輛の交通量が多い為に信号機が数機しか無い国道424号、国道168号を経てこの国道311号に突き当たり西に白浜温泉、東に尾鷲と走る事が可能なショートカットの道路として地元では有名であり、この道路を別名サンピンピンとも呼ばれている。 国道311号は熊野川付近の大日山トンネルの北側出口(緯度33.826043度 経度135.776487度)途切れ国道168号になる。また再び(緯度33.878050度 経度135.861120度)国道311号が現れ尾鷲方面に行く事が出来る。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1970年昭和45年)4月1日
    一般国道311号(尾鷲市 - 和歌山県西牟婁郡上富田町)として指定。

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 曽根梶賀バイパス(三重県尾鷲市)
  • 本宮バイパス(和歌山県田辺市本宮町)
  • 中辺路バイパス(和歌山県田辺市中辺路町)
  • 上富田バイパス(和歌山県西牟婁郡上富田町)

別名[編集]

  • 熊野街道
  • 中辺路道
  • 朝来街道

重複区間[編集]

  • 国道42号:熊野市・大泊交差点 - 同市・立石南交差点
  • 国道169号十津川村・竹筒(たけとう)交差点(十津川村)・宮井交差点(新宮市)間
  • 国道168号 - 宮井交差点(新宮市)・本宮交差点(田辺市)間
  • 国道371号 - 二川小学校交差点・滝尻交差点間(田辺市)

道路施設[編集]

トンネル
  • 八鬼山トンネル(2364m)
  • 曽根トンネル
  • 梶賀トンネル
  • 新逢坂トンネル
  • 稲葉根トンネル
道の駅

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(右の「表示」を押す)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月5日閲覧。
  2. ^ 三重県の道路/県管理道路一覧”. 三重県県土整備部. 2012年11月5日閲覧。
  3. ^ 道路統計年報2011 - II. 道路の現況 表26”. 国土交通省道路局. p. 17. 2012年11月5日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月5日閲覧。

注釈

  1. ^ 2005年10月1日に新宮市と東牟婁郡熊野川町が合併して新宮市発足。
  2. ^ a b 2005年5月1日に田辺市ほか2町2村が合併して田辺市発足。
  3. ^ 2010年4月1日現在

関連項目[編集]