中区 (岡山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 中国地方 > 岡山県 > 岡山市(行政区) > 中区 (岡山市)
なかく
中区
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
岡山市
団体コード 33102-3
面積 51.29km²
総人口 144,202
推計人口、2014年6月1日)
人口密度 2,810人/km²
隣接自治体
隣接行政区
岡山市北区東区南区
中区役所
所在地 703-8256
岡山県岡山市中区浜三丁目7番15号
北緯34度40分14.9秒東経133度56分35.3秒座標: 北緯34度40分14.9秒 東経133度56分35.3秒
RSK Media Com.jpg
外部リンク 岡山市中区役所HP

中区 (岡山市)位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中区(なかく)は、2009年平成21年)4月1日に設置された、岡山県岡山市の4つの行政区のうちの一つ。4行政区の中で最も面積が狭く、人口密度が最も高い。区域は旭川以東から百間川以西である。

名称は「中区」であるが、広島市中区とは違いこの行政区内には行政の中心となる岡山県庁舎岡山市役所、交通の中心となる岡山駅、大規模な繁華街・商店街は存在しない(これらの施設は全て北区に存在する)。

同じような例が堺市中区である(堺市の主要施設は堺区に存在する)。

概要[編集]

中区は区域の北部に龍ノ口山、ほぼ中央に操山(みさおやま)があり、西端には北区南区との境界にもなっている旭川、東は東区との境界になっている旭川放水路の百間川が流れている。区域の北部、龍ノ口山から操山にかけては旭川によって形成された平野市街化区域に指定されており、城下町の一角を担っていた門田・東山地区、JR山陽本線国道250号(旧国道2号)が通る高島東岡山地区は住宅が密集している。一方で区域の南部、操山から児島湾沿岸にかけては江戸時代に造成された干拓地であり、現在でも田畑が多く存在しているものの、国道2号岡山バイパスが通り、新岡山港が整備されているため、岡山県トラックターミナルをはじめとした物流拠点が設けられており、農地が宅地や工場へと転用されつつある。

このように、都市化が進行しているにもかかわらず、龍ノ口山、操山、百間川などを擁し、祇園地区には天然記念物であるアユモドキホタルの生息地が存在するなど、比較的豊かな自然環境を保っている。

  • 区役所:岡山市中区浜にあるRSKメディアコム(1 - 3階)を賃貸使用[1]
    ※2015年度中に現在のRSKメディアコム敷地内に新庁舎へ建て替える予定[2]
  • 中学校区:東山、操山、操南、富山、竜操、高島
  • 人口:138,949人(2005年(平成17年)国勢調査)、142,237人(2010年(平成22年)国勢調査)
  • 区長:信木 修

地理[編集]

旭川さくらみち
  • 河川
    • 一級河川
      • 旭川:区域の西端を流れ、児島湾に注ぐ。北区および南区との境界にもなっている。
      • 百間川(旭川放水路):区域の北部で旭川から分流し、操山北麓に添うように東流。東岡山地区で南流し、児島湾に注ぐ。南流部はおおむね東区との境界になっている。
    • 龍ノ口山(257m)
    • 操山(169m)

歴史[編集]

中区の区域には縄文時代後期から室町時代にかけての複合遺跡である百間川遺跡や操山古墳群が存在し、古代より人々が居住していたことが窺える。奈良時代には賞田地区に備前国国府が置かれていたとされ、賞田廃寺跡や幡多廃寺跡がある。その後、戦国時代には明善寺合戦が起こり、当時備中国を掌握していた三村元親播磨・備前国を掌握していた浦上氏の臣下・宇喜多直家が沢田地区を中心に戦火を交えた。

江戸時代には門田地区・東山地区は岡山城下町の一角となり、操山山麓には藩主・池田氏によって曹源寺などの神社仏閣が造営された。また、4代藩主池田綱政の治世の1669年寛文9年)には旭川の洪水から城下を守るために郡代・津田永忠の指揮のもと、百間川が開削された。津田永忠は他にも倉安川の開削、沖新田など干拓による新田開発を行い、現在でもこれらの土木遺産が残されている。

明治時代に入ると、東西の幹線である山陽鉄道や軽便鉄道である西大寺鉄道、三蟠鉄道等の鉄道網が整備された。大正時代には東山地区まで路面電車が延伸され、旧制第六高等学校岡山県岡山高等女学校等が設置されるなど文教地区としても発展をみせた。1945年昭和20年)6月29日岡山空襲では門田・東山地区を中心に攻撃を受け、市民が犠牲となった。戦後はモータリゼーションの進行で国道が建設され、沿線に商店が発達し、住宅街へと姿を変えた。

行政区画の変遷[編集]

  • 1899年明治32年)8月1日 上道郡三櫂村全域 が岡山市に合併
  • 1931年昭和6年)4月1日 上道郡宇野村、平井村 が岡山市に合併
  • 1952年(昭和27年)4月1日 上道郡三蟠村、沖田村、操陽村、富山村が岡山市に合併
  • 1954年(昭和29年)4月1日 上道郡高島村、幡多村、財田町が岡山市に合併
  • 2009年平成21年)4月1日 政令指定都市移行に伴い岡山市中区となる

区名[編集]

区名は、公募により選ばれ、1位:中区、2位:さくら区、3位:操山区、4位:旭区、5位:城東区であったが、旧地域名は採用しないという方針と、最も支持を集めたことにより、「中区」が選ばれた。なお、当初は東区と1つの区を構成する方針であったが、百間川以西の住民から大きな反発があり、また市議からも多数の異論が出たため分割された。

公共機関[編集]

国の機関[編集]

行政[編集]

  • 岡山市中区役所 岡山市中区浜3-7-15 (RSKメディアコム内)
  • 岡山中央警察署 岡山市中区浜1-19-39 (旧岡山東警察署)
  • 岡山市中消防署 岡山市中区今在家地内 (国土交通省河川防災ステーション敷地内)
    • 旭東出張所、竜操出張所
  • 中区福祉事務所 岡山市中区赤坂本町11番47号[6]

市の施設[編集]

岡山ふれあいセンター
  • 岡山ふれあいセンター 岡山市中区桑野715-2
公民館
  • 中央公民館
    • 中央公民館三勲分室
    • 中央公民館宇野分室
  • 東公民館
  • 操南公民館
  • 富山公民館
  • 高島公民館
  • 東山公民館


医療機関[編集]

教育[編集]

大学[編集]

私立

短期大学[編集]

私立

高等学校[編集]

公立
私立

中学校[編集]

国立
県立
市立


私立

小学校[編集]

国立
市立
  • 岡山市立宇野小学校
  • 岡山市立旭竜小学校
  • 岡山市立旭東小学校
  • 岡山市立平井小学校
  • 岡山市立操南小学校
  • 岡山市立竜之口小学校
  • 岡山市立高島小学校
  • 岡山市立幡多小学校
  • 岡山市立三勲小学校


幼稚園[編集]

国立
市立
  • 岡山市立旭東幼稚園
  • 岡山市立三勲幼稚園
  • 岡山市立操南幼稚園
  • 岡山市立操明幼稚園
  • 岡山市立富山幼稚園
  • 岡山市立財田幼稚園
  • 岡山市立高島幼稚園
  • 岡山市立幡多幼稚園
  • 岡山市立宇野幼稚園
  • 岡山市立旭竜幼稚園
  • 岡山市立旭操幼稚園
  • 岡山市立竜之口幼稚園


私立
  • 山陽学園短期大学附属幼稚園

特別支援学校[編集]

国立
公立

交通[編集]

鉄道[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
岡山電気軌道

廃止鉄道線[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

地域高規格道路
一般国道
主要地方道
一般県道

港湾[編集]

定期旅客航路:小豆島香川県小豆郡土庄町)方面

メディア[編集]

放送[編集]

ケーブルテレビ
地上波テレビ放送

全チャンネルとも電波は基本的に南区玉野市市境の金甲山にある金甲山送信所(岡山局)を受信する。アナログ放送では山陰となって金甲山が良好に受信できない各地区に中継局が設置されており、区外の岡山北中継局は龍ノ口山から操山にかけた一帯、岡山東中継局は百間川以西・操山西山麓一帯で受信が可能である。いずれもアナログ放送のみとなるため、デジタル放送ではそれらの地区でも岡山局を受信するようになる。

局名 NHK岡山 RSK OHK RNC KSB TSC 出力 偏波面 送信
場所
総合 教育
デジタルリモコン番号 1ch 2ch 6ch 8ch 4ch 5ch 7ch
岡山 デジタル 32ch 45ch 21ch 27ch 20ch 30ch 18ch 2kW 水平 金甲山
アナログ 5ch 3ch 11ch 35ch 9ch 25ch 23ch V10kW/U20kW
岡山北 アナログ 43ch 41ch 57ch 59ch 14ch 16ch 38ch 10W 水平 烏山
岡山東 アナログ 56ch 47ch 49ch 51ch 54ch 37ch 61ch 3W 水平
門田 アナログ 56ch 52ch 62ch 60ch 54ch 58ch 50ch 0.5W/総合・RNC1W 水平 奥市
池の内 アナログ 46ch 48ch 51ch 61ch - - - 0.5W 水平 湊茶臼山古墳
FMラジオ放送
AMラジオ放送
その他受信可能な県外局

観光・イベント[編集]

曹源寺(総門)

観光地[編集]

  • 東湖園
  • 龍之口グリーンシャワー公園
  • 操山公園里山センター
    • 操山古墳群
  • 百間川緑地公園
  • 湯迫温泉
  • 雄町の冷泉(名水百選)

寺社[編集]

イベント[編集]

  • 岡山さくらカーニバル
  • 沢田柿まつり
  • 沖田神社道通宮子供会陽

文化施設[編集]

夢二郷土美術館
美術館・博物館
コンベンション・コンサート
スポーツ

出身者[編集]

政界
作家
文化・芸能・メディア
スポーツ選手

境域[編集]

  • 赤坂台
  • 赤坂本町
  • 赤坂南新町
  • 赤田
  • 網浜
  • 今在家
  • 今谷
  • 江崎
  • 江並
  • 沖元
  • 奥市
  • 乙多見
  • 御成町
  • 雄町
  • 門田文化町一丁目 - 三丁目
  • 門田本町一丁目 - 四丁目
  • 門田屋敷一丁目 - 五丁目
  • 門田屋敷本町
  • 兼基
  • 祇園[7]
  • 旭東町一丁目 - 三丁目
  • 国富
  • 国富一丁目 - 四丁目
  • 倉田
  • 倉富
  • 倉益
  • 桑野
  • 神下
  • 国府市場
  • 小橋町一丁目 - 二丁目
  • 穝東町一丁目 - 二丁目
  • さくら住座
  • 桜橋一丁目 - 四丁目
  • 沢田
  • 四御神
  • 清水
  • 清水一丁目 - 二丁目
  • 賞田
  • 新京橋一丁目 - 三丁目
  • 新築港
  • 住吉町一丁目 - 二丁目
  • 高島一丁目 - 二丁目
  • 高島新屋敷
  • 高屋
  • 竹田
  • 中納言町
  • 土田
  • 徳吉町一丁目 - 二丁目
  • 中井
  • 長岡
  • 中島
  • 長利
  • 西川原
  • 西川原一丁目
  • 西中島町
  • 浜一丁目 - 三丁目
  • 原尾島
  • 原尾島一丁目 - 四丁目
  • 東川原
  • 東中島町
  • 東山一丁目 - 四丁目
  • 平井
  • 平井一丁目 - 七丁目
  • 福泊
  • 藤崎
  • 藤原
  • 藤原西町一丁目 - 二丁目
  • 藤原光町一丁目 - 三丁目
  • 古京町一丁目 - 二丁目
  • 円山
  • 御幸町
  • 海吉
  • 森下町
  • 八幡
  • 八幡東町
  • 山崎
  • 湯迫
  • 米田


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中区の市民に、いち早く区役所の場所を知ってもらうため、住民票交付などの一部業務が2009年(平成21年)3月2日から先行実施されていた。
  2. ^ “岡山市東区役所11月25日開所 カネボウ工場跡地に建設中”. 山陽新聞. (2014年6月5日). http://www.sanyonews.jp/article/24495/1/ 2014年6月5日閲覧。 
  3. ^ 2010年(平成22年)11月29日の開設に伴い、操南連絡所(岡山市中区倉富)は廃止。
  4. ^ 2010年(平成22年)9月27日の移転に伴い、新岡南連絡所(岡山市中区江崎)は廃止。
  5. ^ 2010年(平成22年)10月4日に、連絡所から市民サービスコーナーに改称。
  6. ^ 2011年(平成23年)12月26日に、東山プール駐車場跡に新築移転。
  7. ^ 祇園地区は、北区と中区の両方の区域にまたがっている。

関連項目[編集]

  • 中区 - 全国の中区一覧

外部リンク[編集]