小田郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小田郡(おだぐん)は、岡山県のである。

人口14,441人、面積90.62km²、人口密度159人/km²。(2014年11月1日、推計人口

現在は以下の1町を含む。

沿革[編集]

  • 小田郡は備中国の一郡であった。当初の郡域には、現在の笠岡市全域と井原市の一部が含まれていた。
  • 1878年(明治11年)の郡区町村編制法施行の際、郡役所が笠岡町(現笠岡市中心部)に置かれた。
  • 1889年(明治22年)6月1日 町村制施行(25村)
  • 1890年(明治23年)6月5日 富成村が改称して堺村となった。
  • 1891年(明治24年)10月23日 笠岡村が町制施行して笠岡町となった。(1町24村)
  • 1896年(明治29年)2月26日 矢掛村が町制施行して矢掛町となった。(2町23村)
  • 1901年(明治34年)2月6日 金浦村が町制施行して金浦町となった。(3町22村)
  • 1925年(大正14年)6月1日 小田村が町制施行して小田町となった。(4町21村)
  • 1942年(昭和17年)の地方事務所設置の際は、後月郡と合同の小田後月地方事務所が笠岡町に置かれた。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 白石島村が神島外村より分立した。(4町22村)
  • 1951年(昭和26年)4月1日 今井村が笠岡町に編入された。(4町21村)
  • 1952年(昭和27年)
    • 4月1日 (3町20村)
      • 笠岡町・金浦町が合併・市制施行して笠岡市となった。
      • 北木島村が町制施行して北木島町となった。
    • 7月1日 神島外村が町制施行して神島外町となった。(4町19村)
  • 1953年(昭和28年)
    • 4月1日 後月郡井原町・西江原町・高屋町・荏原村・木之子村・県主村・青野村・山野上村と小田郡稲倉村・大江村が合併・市制施行して井原市となった。(4町17村)
    • 10月1日 城見村・陶山村・大井村・吉田村・新山村・神島内村が笠岡市に編入された。(4町11村)
  • 1954年(昭和29年)
    • 5月1日 矢掛町・美川村・三谷村・山田村・中川村・川面村が合併して矢掛町となった。(4町6村)
    • 6月1日 堺村・美山村・宇戸村・川上郡日里村が合併して美星町(びせいちょう)となった。(5町3村)
  • 1955年(昭和30年)4月1日 神島外町・北木島町・真鍋島村・白石島村が笠岡市に編入された。(3町1村)
  • 1957年(昭和32年)1月1日 矢掛町大字浅海の一部を浅口郡鴨方町に編入
  • 1960年(昭和35年)4月1日 北川村が笠岡市に編入された。(3町)
  • 1961年(昭和36年)1月15日 小田町が矢掛町に編入された。(2町)
  • 2005年(平成17年)3月1日、美星町が井原市に編入され、小田郡に所属する町は矢掛町のみとなった。

郡域および郡内町村の変遷[編集]

明治22年以前 明治22年6月1日 明治22年 - 昭和26年 昭和27年- 昭和29年 昭和30年 - 昭和63年 平成1年 - 現在 現在
笠岡村 明治24年10月23日
笠岡町
昭和27年4月1日
笠岡市
笠岡市 笠岡市 笠岡市
今井村 昭和26年4月1日
笠岡町へ編入
金浦村 明治34年2月6日
金浦町
城見村 城見村 昭和28年10月1日
笠岡市へ編入
陶山村 陶山村
大井村 大井村
吉田村 吉田村
新山村 新山村
神島内村 神島内村
神島外村 神島外村 昭和27年7月1日
神島外町
昭和30年4月1日
笠岡市へ編入
昭和24年4月1日
白石島村
白石島村
北木島村 北木島村 昭和27年4月1日
北木島町
真鍋島村 真鍋島村 真鍋島村
浅口郡
大島村の一部
北川村 北川村 北川村 昭和35年4月1日
笠岡市へ編入
矢掛村 明治29年2月26日
矢掛町
昭和29年5月1日
矢掛町
矢掛町 矢掛町 矢掛町
美川村 美川村
三谷村 三谷村
山田村 山田村
中川村 中川村
川面村 川面村
小田村 大正14年6月1日
小田町
小田町 昭和36年1月15日
矢掛町へ編入
富成村 明治23年6月5日
改称
堺村
昭和29年6月1日
美星町
美星町 平成17年3月1日
井原市へ編入
井原市
美山村 美山村
宇戸村 宇戸村
川上郡
日里村
大江村 大江村 昭和28年4月1日
井原市
井原市 井原市
稲倉村 稲倉村

関連項目[編集]