操山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
操山
Misaoyama distant view.JPG
岡山平野と操山
標高 169 m
所在地 岡山県岡山市中区
位置 北緯34度39分39.04秒
東経133度57分19.89秒
操山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

操山(みさおやま)は岡山県岡山市中区にある低山。標高は169mである。

なお「そうざん」と訓じた場合、操山西北一帯の地名を指す。

かつては、三棹山三櫂山とも表記されていた。

概要[編集]

岡山市街地の東部にある低山で、後楽園の借景となっている。操山の169mを最高地点に東に向かって円山(138m)、笠井山(134m)が連なる。

操山は古来、瓶井山(みかいやま)と呼ばれていた。江戸時代になり三櫂山もしくは三棹山と呼ばれるようになった。のち、操山と表記されるようになった。古代祭祀が行われた場所であり、山上には磐座があり、古墳が多数点在し操山古墳群を形成している。

山麓には曹源寺、仏心寺、岡山県護国神社少林寺安住院恩徳寺などの神社仏閣が点在する。また、丘陵上には吉備津岡辛木神社、円山不動明王、三勲神社跡、明禅寺城跡など神社・遺跡がある。

江戸時代には岡山藩の藩有林となっていた。明治以後は国有林となり現在に至っている。 丘陵には遊歩道が整備され、操山公園となっている。

操山公園里山センター[編集]

平成11年(1999年)に建造された里山を学ぶ施設である。操山に関する情報・書物・展示物などを備えており、ふれあいスペース・会議室・多目的ホールが設けられている。 また、周囲には、ふれあい広場、炭焼小屋、農園、果樹園が設置されている。 自然観察会、自然・歴史講座などのイベントも開催される。

三勲神社跡地[編集]

三勲神社(さんくんじんじゃ)は、操山の西に延びる稜線の端にあった神社である。明治8年(1875年)、国の施策のもと地元有志の手により、岡山市街が眺望出来る場所に創建された。祭神は和気清麻呂楠木正行児島高徳の三勲。旧社格は県社。有志による創建であったため氏子が存在しなかった。このため太平洋戦争後、近代社格制度の廃止により神社の運営が不可能となり、昭和22年(1947年玉井宮東照宮の境内に遷座した。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 吉備の国寺社巡り2011年版 山陽新聞社/刊 2011年発行
  • 操山公園里山センター パンフレット (財)岡山市公園協会/発行
  • 『真言宗瓶井山禅光寺安住院』寺院発行パンフレット
  • 現地説明板 岡山市・岡山森林管理署/設置(操山一帯)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]