玉井宮東照宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉井宮東照宮
Tamaigu Toshogu 04.JPG
所在地 岡山県岡山市中区東山1-3-81
位置 北緯34度39分22.9秒
東経133度56分44.9秒
主祭神 豊玉比売命、彦火火出見命、玉依比売命、徳川家康公
社格 県社
創建 応徳2年(1085年)
本殿の様式 入母屋造
例祭 7月30日(夏祭・輪くぐり祭)
10月第四土曜・日曜日(例大祭)
テンプレートを表示

玉井宮東照宮(たまいぐうとうしょうぐう)は、岡山県岡山市中区の東山丘陵にある神社。祭神は豊玉比売命彦火火出見命玉依比売命徳川家康公。旧社格は県社。

概要[編集]

玉井宮は、元来、児島半島東端の児島郡小串村大字光明崎(現・岡山市南区小串)に鎮座していた。応徳2年(1085年)当地に玉井宮として移転遷座した。この時の祭神は豊玉比売命1柱のみであったと伝えられている。

玉井宮遷座にはつぎの伝承がある。遷座した年の応徳2年、社頭より夜ごと怪しい光が発せられ、このため魚が寄りつかなくなり漁師は不漁で困っていた。そこで神前にお伺いをたてたところ、「御幣が舞い上がり、飛んで立ったところに遷座するように」との御神託があった。その御幣が立ったところを幣立山と呼び遷座した。そして、この宮を「玉井宮」または「玉の宮」と呼ぶようになった。

正保2年(1645年岡山藩池田光政は、この地に東照宮を勧進した。また、玉井宮は前の広場(現在の駐車場)に移転された。江戸時代になって玉井宮の祭神として、新たに彦火火出見命、玉依比売命の2柱が合祀された。

上記のように、玉井宮と東照宮は場所を同じくしていたが別々の神社であった。明治時代になり、明治14年(1881年)玉井宮と東照宮が合祀された。社名は玉井宮東照宮となり、県社に列格した。明治33年(1900年)旧玉井宮の建物を移転し、拝殿の建立が行われ、境内が整備された。

太平洋戦争末期の昭和20年(1945年6月29日未明の岡山空襲では、本殿や鳥居に焼夷弾が落下し一部破損したが概ね無事であった。

昭和22年(1947年操山の山上にあった旧県社・三勲神社を、祭祀が出来なくなったため玉井宮東照宮の境内に遷座した。

平成元年(1989年1月31日未明に不慮の火災により、幣拝殿・神饌所・社務所・参集所などを焼亡した。その後5年の歳月を掛けて再建された。

文化財[編集]

岡山県指定重要文化財
  • 本殿:正保元年(1644年)建造。桁行三間、梁間二間、銅板葺の入母屋造。平成12年(2000年3月28日指定。

アクセス[編集]

参考資料[編集]

  • 現地説明板