岡山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
岡山城
岡山県
岡山城再建天守
岡山城再建天守
別名 烏城、金烏城
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 複合式望楼型4重6階(1597年築)
鉄筋コンクリート造外観復元・1966年
築城主 上神高直?
築城年 1346年 - 1369年正平年間)
主な改修者 宇喜多秀家、小早川秀秋、池田忠雄
主な城主 宇喜多氏、小早川氏、池田氏
廃城年 1873年(明治6年)
遺構 櫓、石垣、堀
指定文化財 国の重要文化財(月見櫓、西の丸西手櫓)
国の史跡
再建造物 天守・門・塀
位置 北緯34度39分54.65秒
東経133度56分9.79秒
岡山城の縄張り
1974年度・国土航空写真より

岡山城(おかやまじょう)は、日本の城岡山県岡山市北区にある国指定の史跡。別名は烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)[注 1]

概要[編集]

戦国時代に、備前西部から美作備中に勢力を伸ばした宇喜多氏が本拠としたことで近世城郭の基礎が生まれ、その後小早川氏池田氏により整備、拡張が行われた。

岡山城は標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地に建設された。

当時、旭川河口部は複数の派川に分岐しており、その中の大洲原と呼ばれる広大なデルタ地帯中央に「岡山」(柴岡山とも)、その西隣に「石山」、さらにその北西には「天神山」(天満山とも)の3つの丘が連なり、各時代ごとに要害として使用されたとされる。その中の石山にあった石山城(いしやまじょう)に宇喜多直家が入城・改築し、後に子の宇喜多秀家が隣接する岡山に新たに本丸を設け、石山城を取り込む形で城郭が建造された。これが岡山城である。[1][2]

城の縄張は基本的には梯郭式となっており、三段の城郭配置が西側の一方だけに広がる平山城となっている。言いかえると本丸の北から東には郭の無い、非常に防備が薄い縄張である。そのため旭川の流路を変更し、天然の堀として東側の備えに利用したとされる。さらには郭の代りとして、「後園(後楽園)」が築かれたともされる。 天守は4重6階の複合式望楼型で、特に初重平面形状が歪んだ多角形をしているため、同じく歪んだ多角形平面の天守台を持つ安土城天主を模したものではないかと言われているが、羽柴秀吉による大坂城天守を模しているという説もある。その外観は黒漆塗の下見板が特徴的で、この印象から「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、隣県の「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれる姫路城と対比されることもある。元禄時代の古地図からは、五重の濠に囲まれた城郭と、南北3.5km、東西1.3kmにおよぶ城下町の姿が伺える。

明治時代に御殿・櫓・門の大半が取り壊された。堀は内堀の一部を除いてほとんど埋められたが、街路は江戸時代の位置をほぼ踏襲している個所が多い。さらに第二次大戦中、空襲のため天守・石山門を焼失した。現在までに2つの櫓、本丸付近の石垣、内堀が残り、戦後に天守・不明門・廊下門・六十一雁木上門・塀の一部が再建された。現存する月見櫓・西之丸西手櫓は国の重要文化財に指定され、「岡山城跡」として史跡にも指定されている。その他、京橋御門が岡山市南区小串に移築され現存している。城跡は「烏城公園」として整備される一方、二之丸跡に山陽放送林原美術館岡山市民会館が、三之丸跡に岡山県庁岡山県立図書館などの公共機関がある。近年本丸御殿の再建が検討されたが、2008年度時点でもその目処は立っていない。

また隣接する大名庭園後楽園は、水戸偕楽園金沢兼六園とともに、日本三名園として並び称される。

歴史[編集]

南北朝時代 - 安土桃山時代[編集]

南北朝時代正平年間(1346年 - 1369年)に、名和氏の一族上神高直が石山台(岡山)に城を築いたと、「備前軍記」に書かれているのが最初と伝えられている。その後およそ 150年間の城主は明らかではない。なおこの付近には摂関家領・鹿田荘の中心部があったとされ、旭川(鹿田川)河口の港町としても栄えていたとされる[注 2]。戦国時代の大永年間(1521年 - 1528年)には、金光氏が居城とし金川城主の松田氏に仕えていた。

平成5年の発掘調査で発見された宇喜多氏築城時の石垣

元亀元年(1570年)、宇喜多直家が金光宗高を謀殺しこの地を支配した。直家は備前守護代浦上氏の一族浦上宗景の被官であったが、備前西部を中心に勢力を急速に伸張していた。天正元年(1573年)、直家はそれまでの居城である亀山城(沼城)から石山城に入城し、城の改築と城下町の形成を行った。この頃の石山城(岡山城)は、縄張が東西に走る連郭式であったと推定されている。直家は北方の山裾にあった西国街道を、城の南に沿うように付け替えて城下に導いた。そして備前福岡西大寺などから商人を呼び寄せ、いわゆる城下町の整備を行うなど積極的に流通主導による経済振興とも言うべき政策をとった。信長が安土城を築城する3年前のことである。これは直家が幼少の頃に、備前福岡の商人に庇護を受けたと言われていることも無縁ではないとみられている。

なお主家である宗景の居城である天神山[注 3]は巨大なものではあるが天神山にある山城で、直家の水辺に近い小高い丘の石山城とは対照的である。天正3年(1575年)には、浦上宗景の兄・政宗の孫をおしたてて宗景を播磨へ放逐し、事実上の下克上を行いやがて備前、美作、さらに播磨、備中の一部を支配下に置いた[注 4]

直家の子・宇喜多秀家は、豊臣政権下で父の遺領をほぼ継承し、57万4,000石の大大名となる。これに相応した城とするため天正18年 - 慶長2年(1590年 - 1597年)の8年間にわたる大改修が行われ、近世城郭としての体裁を整えた。秀家は「岡山」に本丸を構え、石山城の本丸を二之丸内郭に、二之丸を西之丸とし、そして内堀を挟んで二之丸、その西に三之丸の郭を整備した。これらは織豊系城郭に特徴的な高石垣の積まれた城である。本丸は本段、中の段、下の段に分かれた構造で、本段の北寄りに金箔瓦を使用した壮麗な4重6階の望楼型天守を建てた。そしてそのままでは本丸の東側の守りが極めて薄い構造となったため、旭川本流を城郭の北から東側に沿うように極端に寄り添わせる形とし、天然の堀としている。ただしこの付け替えによる明らかに不自然な形の流路は、城下に洪水を多発させる原因となり、やがて放水路としての百間川の整備へとつながる[注 5]。そして城を南から取り巻くように西国往来の道筋を変えて、直家時代の城下町を拡大整備し、引き続き領内の有力商人を勧誘して経済活動を発展させるよう努めた。築城には義父となった秀吉の意向が大いに働いていると言われている[注 6]

こののち城は「岡山城」、城下町は「岡山」の呼称が定着した。

江戸時代[編集]

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍の主力となった秀家は八丈島に流刑となり、宇喜多家は改易となった。代わって小早川秀秋が備前・美作52万石の領主として入城した。秀秋は本丸中の段を拡幅し、三之丸の外側に15町余の外堀を掘り三之外曲輪の整備をして城下町の拡大を行った。この外堀工事に農民だけでなく武士も使役し20日で完成したため、「廿日堀、二十日堀(はつかぼり)」と呼ばれている[3]。慶長六年には、中の段南隅に沼城天守を移築したとされ、これは大納戸櫓と呼ばれ、岡山城最大の櫓で二層の大入母屋造りの上に望楼を乗せた形式の三層四階の櫓であった[4]。秀秋は2年後の慶長7年(1602年)10月に岡山で急死し、嗣子がなく小早川家は断絶した。

慶長8年、備前28万石は姫路城主池田輝政の次男忠継に与えられたが、幼少(5歳)であったので兄の利隆が「備前監国」として代政した。利隆は「石山」の西端の西之丸を整備したと言われている[注 7]。慶長18年(1613年)に忠継は岡山城に入ったが、慶長20年(1615年)に死去した[注 8]

月見櫓(国の重要文化財)
西之丸西手櫓(国の重要文化財)

元和元年(1615年)、忠継の弟・忠雄淡路島より31万5千石で入封した。幕府の格式に見合った城とするため、忠雄は本丸中の段を大幅に北側に拡張し、本段の御殿に加え新たに表書院も設けている[注 9]。また大手の南門を造り替え、城下の西端を限る用水路の西川を整備するなど、ここに岡山城の縄張りが完成する。重要文化財に指定されている月見櫓はこの頃の創建とされ、中の段の北西角の隅櫓で一部地下付き、本葺き、総白漆喰塗籠の壁仕上げの二階建てである。城外からは二層の望楼型、城内からは三層に見える。

江戸期の縄張は「岡山」に本丸、二之丸内郭(東南の郭)、「石山」付近に二之丸内郭(西の郭)、西の丸が置かれそれらの南に二之丸、その西南に三之曲輪[注 10]、中堀の外に三之曲輪の内、西に三之外曲輪の内と言う配置である。本丸には天守の他に3つの御殿、大納戸櫓を含む高層(3層以上)の櫓が9棟(城全体では11棟)、さらに2層の櫓、櫓門が多数あった。石山の二之丸内郭には池田家祖廟、西之丸に前藩主の隠居所がおかれ、二之丸内郭(東南の郭)、二之丸は上級武士の屋敷地であった。三之曲輪と三之曲輪の内の北側には西国往来が通り、町人地として領国経済の中心となっていた[注 11]。三之曲輪の内の南半分は小早川氏時代の武家地であり、三之外曲輪は武家地、外堀を隔てて寺町や下級武士の屋敷や町人町がさらに広がっていた。

寛永9年、(1632年)忠雄の子・光仲鳥取へ転封し、入れ代わって鳥取から池田光政が31万5千石で入封した。光政は利隆の子であり、姫路城で生まれたが、父の死後元和元年(1615年)に鳥取城主となっていた。以後、幕末まで光政系池田氏の居城となる。 寛文6年(1669年)~貞享3年(1686年)にかけて百間川の改修整備が実施され、貞享4年(1687年)からは光政の子・綱政により14年の歳月をかけて後楽園[注 12]を造営する。周囲を土塁竹垣[注 13]で囲み、庭園の形をとるものの城を守る郭の役割を期待していたとされる。ともに郡代津田永忠によるものであり、永忠は閑谷学校、藩の新田開発などにも手腕を発揮した。

明治時代以降[編集]

焼失前の岡山城天守
再建天守

明治2年(1869年)の版籍奉還により藩主・池田章政は岡山藩知事に任ぜられ、岡山城は藩の府城たる役割を終えて兵部省管轄、つまり存城となった。明治6年(1873年)の廃城令により順次建物の取り壊し・堀の埋め立てが行われていき、明治15年(1882年)頃までには、天守・月見櫓・西之丸西手櫓・石山門を残すのみとなった。明治23年(1890年)、旧藩主池田章政に払い下げられた後、池田家は岡山県に提供し、明治29年(1896年)には本丸趾に県立岡山中学校が建てられた。随所にあった堀の埋め立ては何度かに分けて行われた。こうして昭和初期頃までには城跡と見受けられるのは本丸を残すのみとなり、五重の濠に囲まれた巨大な城郭は市街地へと姿を変えた。

昭和[編集]

ここからは年表形式にて、主なできごとを紹介する。

  • 1931年昭和6年) - 天守が国宝保存法に基づき当時の国宝(現行法の「重要文化財」に相当)に指定。
  • 1933年昭和8年) - 月見櫓、西之丸西手櫓、石山門が国宝保存法に基づき国宝に指定。
  • 1945年(昭和20年) - 6月29日岡山空襲で天守・石山門を焼失。
  • 1950年(昭和25年) - 文化財保護法の施行により、焼け残った月見櫓・西之丸西手櫓が重要文化財に指定。
  • 1964年1966年(昭和39年〜昭和41年) - 天守を鉄筋コンクリートにて再建。同時に不明門・廊下門・六十一雁木上門・塀の一部も再建。現在の天守は瓦にの紋が使われるなど、秀家当時のイメージで再建されている。
  • 1987年(昭和62年) - 「岡山城跡」として史跡に指定。

平成[編集]

  • 1996年平成8年) - 築城400年記念事業として、創建当時の天守には金のが載っており金烏城と呼ばれていたとの伝承から鯱に金箔を施す。
  • 2006年(平成18年) - 日本100名城(70番)に選定。
  • 2014年(平成26年) - 1月21日までに本丸下の段での発掘調査にて、軍事倉庫として使われたとみられる「槍櫓(やりやぐら)」と「旗櫓(はたやぐら)」の遺構が出土、「御城内御絵図(おんじょうないおんえず)」(1700年作製)にはない石段跡も見つかる[5]

建造物[編集]

  • 月見櫓 - 国の重要文化財、元和・寛永年間(1615-1632年)築・現存
  • 天守 - 外観復元
  • 不明門 - 復元
  • 廊下門 - 復元
  • 六十一雁木上門 - 復元
  • 旧天守礎石 - 移設

立地[編集]

城跡は烏城公園として整備されており、復元天守の内部は博物館となっている。月見櫓は烏城公園内にあるが、西之丸西手櫓は、400メートルほど西の小学校跡地(丸の内1丁目2番)にある。周辺には後楽園のほか、岡山県立博物館岡山県立美術館林原美術館などの文化施設も多い。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般的に烏城を使う場合が圧倒的に多い。また、松本城も通称「烏城」と呼ばれるが、混同を避けるため岡山城を「うじょう」、松本城を「からすじょう」と呼んでいる。
  2. ^ 石山の南3kmあたりまでに、「鹿田」「西市」(鹿田の西の市)「豊浜町」「御船入町」などの地名が残り、海岸線の名残りとして推測される。
  3. ^ 現在の和気町佐伯地区。前述の石山城に隣接する天神山にあった城とは別である。
  4. ^ やがて毛利氏の東進と織田氏の西進に挟まれた形の中、天正9年(1581年)頃、直家はこの城で没する。
  5. ^ さらに明治以降に河床を浚渫し、往時より数メートルは水面が低下しており、堤防の整備と、本丸付近の流路の曲率の緩和を行ったことなどに加え、上流には2ヵ所のダムが造られたため以前ほどの大洪水は起きなくなった。
  6. ^ ちなみに当時の標高は、本丸を指定された岡山より石山の方が高かったとみられ、普請する宇喜多家内部では疑問の声も上がったとの事である。
  7. ^ 重要文化財の西の丸西手櫓はこの時建てられた。
  8. ^ 毒饅頭事件として伝承される。
  9. ^ 中の段の御殿を一部二階建てとし、その二階から渡り廊下で繋がれた本段の御殿と連続しているような形をとることで、格式に合わせた床面積を確保するという手法をとっている。
  10. ^ 宇喜多氏時代の三之丸
  11. ^ 三之曲輪の西国往来付近は現在の表町商店街である。
  12. ^ 当時は園を後園と呼んだらしい。
  13. ^ 鉄砲をよける意図があったとされる。

出典[編集]

  1. ^ 岡山大学付属図書館『絵図で歩く岡山城下町』吉備人出版(2009年)
  2. ^ 吉岡三平・進昌三『岡山の干拓』日本文教出版
  3. ^ 定本 日本城郭辞典(西ヶ谷恭弘・編、秋田書店・刊)、岡山城の歴史(岡山城400年)岡山市企画局情報政策課・制作
  4. ^ 岡山城の歴史(岡山城本丸表向)岡山市企画局情報政策課・制作
  5. ^ “槍・旗櫓の遺構出土 岡山城本丸下の段”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2014年1月22日). オリジナル2014年2月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140202102329/http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014012208384492/ 2014年8月12日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]