佐倉城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
佐倉城
千葉県
佐倉城遠景
佐倉城遠景
別名 鹿島城
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 御三階櫓(独立式層塔型3重4階 1616年 非現存)
築城主 鹿島親幹
築城年 天文年間か
主な改修者 千葉邦胤土井利勝
主な城主 鹿島親幹千葉邦胤
土井利勝堀田氏
廃城年 1873年(明治6年)
遺構 堀、土塁
指定文化財 佐倉市史跡
位置 北緯35度43分19.16秒
東経140度13分0.18秒
佐倉城の位置(千葉県内)
佐倉城
佐倉城
佐倉城の位置

佐倉城(さくらじょう)は、千葉県佐倉市城内町にあった近世日本の城である。

概要[編集]

佐倉城は、鹿島山の西端部に築かれ、西側と南側を囲みこむように鹿島川とそれに合流する高崎川が流れ北側には印旛沼に至る低湿地が広がっていた。 戦国時代本佐倉城千葉親胤が大叔父にあたる鹿島幹胤[1]に命じて築城を開始したが、親胤が暗殺されたために工事は中止され、千葉邦胤の代にも工事が試みられたものの今度も邦胤の暗殺によって完成することはなかった。だが、いつしか築城予定地には鹿島親幹にちなんで「鹿島台」と呼ばれるようになったという。

1610年慶長15年)に、徳川家康の命を受けた土井利勝によって築城が再開され、ついに佐倉城が完成した。江戸時代佐倉藩藩庁が置かれた。城主は江戸幕府の要職に就くことが多く、なおかつ初期は城主の入れ替わりが多く、江戸初期に城主であった堀田正信(後に改易されている)の弟・堀田正俊の孫・堀田正亮が11万石で再入封(後期堀田氏ともいう)してからは、安定した藩の経営を行っている(詳細は佐倉藩を参照のこと)。

城郭は比較的質素で石垣を一切用いず、干拓以前の広大だった印旛沼を外堀の一部にし、三重櫓(御三階櫓)を天守の代用としている。このようなケースは関東地方を領した、要衝を預かる城郭を除き、川越城古河城などの譜代各藩の城にみられた。

しかし明治維新後に廃城令により建物を撤去。その後帝国陸軍歩兵第2連隊、後に歩兵第57連隊(通称・佐倉連隊)の駐屯地となったため、更に佐倉城の名残は消し去られてしまった。1962年昭和37年)3月28日市の史跡に指定され、現在は跡地は佐倉城址公園として整備されており、その一区画に国立歴史民俗博物館が建っている。

歴史・沿革[編集]

近年の状況[編集]

佐倉城は現在遺構としては門が一つ移築されているに過ぎない。ただし、この門に関しても、江戸期の建造物ではあるものの城門ではないものと考えられている。国立歴史民俗博物館建設の際、敷地一帯の発掘調査と整備が行われ、連隊当時に平削・埋立された遺構の一部(馬出し・空堀・土塁等)が復元されている。 このように、建造物は現存しないが、明治時代初年頃に撮影された写真が比較的多く残っており、建物の跡には写真を載せた説明の看板が設置されている。また、佐倉市の市制50周年記念事業(2004年)として佐倉城再建促進協議会などにより佐倉城の再建計画が持ち上がっていたが、市の財政難などにより計画は宙に浮いてしまった。

現地情報[編集]

所在地[編集]

  • 千葉県佐倉市城内町官有無番地

アクセス[編集]

  • JR総武本線佐倉駅北口より徒歩約25分(駅からバス有り)
  • 京成電鉄京成本線京成佐倉駅南口より徒歩約20分(駅からバス有り)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉勝胤の子、ただし幹胤を親胤の時代よりも40年前の1512年永正9年)に戦死した鹿島景幹と同一人物とする説もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]