津和野城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
津和野城
島根県
人質郭跡と三の丸
人質郭跡と三の丸
別名 三本松城、石蕗城
城郭構造 連郭式山城
築城主 吉見頼行
築城年 永仁3年(1295年
主な改修者 坂崎直盛
主な城主 吉見氏坂崎氏亀井氏
廃城年 明治4年(1871年
遺構 櫓2棟、石垣、空堀
指定文化財 国の史跡
位置 北緯34度27分37秒
東経131度45分51秒

津和野城(つわのじょう)は日本にあった。城跡は国の史跡に指定されている。

概要[編集]

津和野城は津和野盆地の南西部に横たわる標高367メートルの山上、島根県鹿足郡津和野町後田にある山城である。江戸時代には津和野藩亀井氏の居城であったが、藩庁は急峻な山城を避け山麓の津和野盆地に置かれた。

歴史・沿革[編集]

鎌倉時代[編集]

鎌倉時代元寇の翌年の弘安5年(1283年吉見頼行は沿岸防備のため西石見地方の地頭としてこの地に赴任した。永仁3年(1295年)より三本松城(津和野城の旧名)の築城を開始し正中元年(1324年)完成した。以後、14代にわたり吉見氏が居城した。

戦国時代から江戸時代まで[編集]

吉見氏は戦国時代には当初、大内氏に属したが、戦国末期には最終的に毛利氏に属した。この間、11代当主正頼天文23年(1554年)に大内氏を滅ぼした陶晴賢と100日以上に及ぶ籠城戦の末、陶軍を撃退した。この際に毛利軍の援護を受け、これ以後、毛利氏に属した。14代当主広長慶長5年(1600年関ヶ原の戦いにおいて毛利配下として大坂城を守った。しかし、毛利輝元を総大将とする西軍が敗れ、毛利氏は2国に押し込められた。吉見氏も津和野を退去し、毛利氏とともに萩に移住した。

代わって東軍に属した坂崎直盛が3万石(後に加増され4万3468石)で入城し、城の大改修を行った。大手の位置を吉見氏時代の搦手側に改め、出丸や織部丸を築いた。この時、二の丸に天守を築いた。直盛は元和2年(1616年)かの千姫事件で自害(または家臣に殺されたとも)し、坂崎氏改易となった。

元和3年(1617年因幡国鹿野藩より亀井政矩が4万3千石で入城。以後、明治維新まで11代にわたり亀井氏の居城となった。

貞享3年(1686年)城は落雷にあい火災が発生した。この際に天守も焼失し、以後再建されることはなかった。

近現代[編集]

遺構[編集]

明治時代に廃城となり、山上には石垣のみが残る。麓の津和野市街地には馬場先櫓(島根県指定文化財)、物見櫓が現存している。

雲海[編集]

秋から冬にかけて条件が合えば雲海が発生することがある。

脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]