鑁阿寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鑁阿寺
Bannanji-Temple(AshikagashiYakata)Sanmon.jpg
山門と太鼓橋
所在地 栃木県足利市家富町2220
位置 北緯36度20分15.1秒
東経139度27分8.1秒
座標: 北緯36度20分15.1秒 東経139度27分8.1秒
山号 金剛山
宗派 真言宗大日派
寺格 本山
本尊 大日如来
創建年 1196年(建久7年)
開基 足利義兼
正式名 金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺
別称 大日様
札所等 関東八十八箇所第16番
文化財 本堂(国宝)、鐘楼、経堂、金銅鑁字御正体ほか(国の重要文化財
足利氏宅跡(国の史跡)
御霊屋、多宝塔、木造大日如来像、木造足利歴代将軍坐像ほか(県文化財)
テンプレートを表示

鑁阿寺(ばんなじ)は、栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山である。「足利氏宅跡(鑁阿寺)」(あしかがしたくあと(ばんなじ))として国の史跡に指定されている。日本100名城の一つ。

概要[編集]

寺号は詳しくは「金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺(こんごうさん におういん ほっけぼう ばんなじ)」と称する。足利氏氏寺本尊大日如来

鑁阿寺はもともとは足利氏の(やかた)であり、現在でも、四方にを設け、寺の境内の周りには土塁がめぐっており、鎌倉時代前後の武士の館の面影が残されている。

歴史・沿革[編集]

文化財[編集]

本堂
鐘楼
経堂
多宝塔

国宝[編集]

  • 本堂 - 入母屋造、本瓦葺き。桁行(間口)5間、梁間(奥行)5間(「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を指す)。正安元年(1299年)の建立だが、応永14年から永享4年(1407 - 1432年)に大規模な改造が行われ、この時に柱をすべて入れ替え、正面に向拝を付した。平面構成は前方2間分を外陣、後方3間分を内陣及び脇陣とする密教仏堂の形式だが、建築様式は禅宗様を基調とする。組物を詰組とし、柱に粽(ちまき)を設け、扉を桟唐戸、壁を竪板壁とする点などは禅宗様の要素だが、組入天井、板敷の床など和様の要素もある。密教寺院における禅宗様仏堂の初期の例として、また関東地方における禅宗様の古例として貴重である。平成25年(2013年)に国宝指定。[4]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 鐘楼
  • 経堂 
  • 金銅鑁字御正体(こんどうばんじみしょうたい) 
  • 青磁浮牡丹香炉1口、青磁浮牡丹花瓶2口 
  • 仮名法華経 巻第一に元徳二年(1330年)の奥書がある
  • 鑁阿寺文書 35巻、8冊、8幅

栃木県指定有形文化財[編集]

  • 御霊屋(栃木県指定有形文化財(建造物)
  • 多宝塔(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 太鼓橋(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 東門・西門(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 山門(仁王門)(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 木造大日如来像 - 室町時代(栃木県指定有形文化財(彫刻)
  • 木造足利歴代将軍坐像(栃木県指定有形文化財(彫刻))
  • 木造不動明王坐像(栃木県指定有形文化財(彫刻))

史跡(国指定)[編集]

  • 足利氏宅跡

現地情報[編集]

所在地[編集]

  • 栃木県足利市家富町2220

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 「新指定の文化財」『月刊文化財』598号、第一法規、2013
  • 藤井恵介「鑁阿寺本堂の謎」『月刊文化財』598号、第一法規、2013

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成25年8月7日文部科学省告示第128号
  2. ^ “栃木「鑁阿寺本堂」国宝指定へ”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年5月17日). オリジナル2013年5月19日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0519-1527-46/www3.nhk.or.jp/news/html/20130517/k10014659421000.html 2013年5月19日閲覧。 
  3. ^ 鑁阿寺が国宝に正式決定(2013年8月8日 朝刊)”. 下野新聞社. 2013年8月8日閲覧。
  4. ^ 『月刊文化財』598号(第一法規、2013)、pp.4 - 8, 60

関連項目[編集]

外部リンク[編集]