曹洞宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

曹洞宗(そうとうしゅう)は、中国禅宗五家(曹洞、臨済潙仰雲門法眼)の1つで、日本においては禅宗(曹洞宗・日本達磨宗臨済宗黄檗宗普化宗)の1つである。本山は永平寺福井県)・總持寺横浜市鶴見区)。専ら坐禅に徹する黙照禅であることを特徴とする。

中国における曹洞宗[編集]

中国曹洞宗は、洞山良价と彼の弟子である曹山本寂を祖とし、はじめ「洞曹宗」を名乗ったが、語呂合わせの都合で「曹洞宗」となったというのが定説のひとつとなっている[1] 。ただし、『洞山語録』によれば「洞山の玄風(=老子の教え。道教)が広まる世に、諸方の宗匠を尊ぶ曹(仲間・同門)どおしをさして洞曹宗という」と意釈することができる[注釈 1]。また、道元をはじめ日本の禅宗では、洞曹宗の「曹」は曹山本寂ではなく、曹渓慧能(大鑑慧能 638-713年)からとられた、という解釈がなされている[1]。(道元がこのような解釈をした理由は、曹山本寂の系統分派は途絶えていて、道元が学んだのが雲居道膺につながる系統であったためである。)

道元らが提唱した系譜は、前述した南方禅の六祖大鑑慧能にさかのぼり、その弟子青原行思石頭希遷-薬山惟儼-雲巌曇晟-洞山良价-‥‥とつづく法脈である。曹山本寂の系譜は四代伝承した後に絶伝した一方で、洞山良价の一系譜のみが現在まで伝わっている。洞山良价の禅学思想に基づき、曹洞宗の禅風は『万物皆虚幻、万法本源為佛性』である。

現在の中国では嵩山少林寺(曹洞正宗)が華北地方の拠点として有名である。

日本における曹洞宗[編集]

道元

日本における曹洞宗道元に始まる。道元は、鎌倉時代にに渡り、天童山で曹洞宗の長翁如浄に師事し、1226年に帰国した。

道元自身は自らの教えを「正伝の仏法」であるとしてセクショナリズムを否定した。このため弟子たちには自ら特定の宗派名を称することを禁じ、禅宗の一派として見られることにすら拒否感を示した。どうしても名乗らなければならないのであれば「仏心宗」と称するようにと示したとも伝えられる。

後に奈良仏教の興福寺から迫害を受けた日本達磨宗の一派と合同したことをきっかけとして、道元の入滅(死)後、次第に禅宗を標榜するようになった。宗派の呼称として「曹洞宗」を用いるようになったのは、第四祖瑩山紹瑾とその後席峨山韶碩の頃からである。 日本における曹洞宗は、中国における曹洞宗の説とは違い、曹渓山慧能禅師(638~713)と洞山良价(807~869)の頭文字を取って曹洞宗と呼ぶのを定説としている。

「臨済将軍曹洞士民」といわれるように、臨済宗が時の中央の武家政権に支持され、政治・文化の場面で重んじられたのに対し、曹洞宗は地方武家、豪族、下級武士、一般民衆に広まった。 曹洞宗の宗紋は久我竜胆車紋と五七桐紋である。

教義[編集]

「正伝の仏法」を伝統とし、「南無釈迦牟尼仏」として釈迦本尊と仰ぎ、「即心是仏」の心をもって、主に坐禅により働きかける。

曹洞宗の坐禅は中国禅の伝統と異なり、「修証一如」(無限の修行こそが成仏である)という道元の主張に基づいて「只管打坐(しかんたざ)」(ひたすら坐禅すること)をもっぱらとし、臨済宗のように公案を使う(悟りのための坐禅)流派も一部にあるが少数である。

また、道元の著書である『正法眼蔵』自体は仏教全般について記しており、不立文字を標榜する中国禅の立場からはやや異質である。

2005年現在、三大スローガンとして「人権」「平和」「環境」を掲げる。

主な経典[編集]

主によまれる経典

基本となる祖録

ご詠歌和讃

歴史[編集]

宗政[編集]

曹洞宗宗務庁、及び経営する東京グランドホテル

21世紀初頭の現在、曹洞宗に所属する約15,000ヵ所寺は、永平寺派の有道会と、總持寺派の總和会に所属が二分されており、宗務総長も両派が1期4年ごとに交代で担当している。閣僚にあたる内局の部長7名も両派でほぼ半数ずつ、宗議会議員(定数72名)も36選挙区ごとに両派から1名ずつ選ばれている。系列の学校法人も永平寺系の駒澤大学東北福祉大学、總持寺派の愛知学院大学鶴見大学などに二分されており理事長や学長は実質的にそれぞれの派が指名権を持っている。

著名な寺院[編集]

大本山(根本道場)[編集]

両大本山の住職を貫首と呼び、2人の貫首が2年交代で管長(宗門代表)となる。
尊称として住んでいる場所にちなみ、永平寺貫首を不老閣猊下(ふろうかくげいか)、総持寺貫首を紫雲台猊下(しうんたいげいか)とも呼ぶ。

2012年1月22日からは永平寺貫首の福山諦法禅師が管長を務めている。

永平寺
總持寺


歴史的には正法寺岩手県奥州市)が奥羽二州の本山、大慈寺熊本県熊本市)が九州本山であった期間があるが、元和元年(1615年)の寺院法度により永平寺、總持寺のみが大本山となる。また、江戸時代に来日した明僧、東皐心越によって開かれた曹洞宗寿昌派は祇園寺茨城県水戸市)を本山とした。心越の法系は道元と別系であったが明治維新後、合同した。

僧堂[編集]

大本山僧堂

専門僧堂


専門尼僧堂

曹洞宗総合研究センター教化研修所 - 東京都港区

その他著名寺院[編集]

日本国外の寺院[編集]

明治大正時代の日本人の海外移住と共に、ハワイブラジルなどに開教された。ペルー慈恩寺は南米大陸最古の仏教寺院である。ヨーロッパでは弟子丸泰仙が教線の拡大に貢献し、2005年現在、それらの弟子たちが世界各地で布教活動を継続している。

北アメリカ

ハワイ

南アメリカ

ヨーロッパ

関係教育機関[編集]

駒澤大学

大学・短期大学

高等学校・中学校


かつての関係教育機関[編集]

派生した教団[編集]

  • 救世教 - 明治19年(1886年)、新潟の大道長安が曹洞宗から離脱して結成。大慈大悲の事実上の如来である観音菩薩を本尊として、自力他力を超えた観音妙力による現世救済を主張した。社会福祉に力を注ぎ全国に教線を拡大したが、明治41年(1908年)に大道長安が入寂すると後継者がいないこともあって急速に衰退。
  • 法王教 - 明治後期から大正期にかけて高田道見が推進した“通俗的”布教運動。道見は青松寺を拠点として参禅会や訪問法話会などの教化活動を続けていたが、大正期に入ってからは曹洞宗の教義にこだわらず、月刊誌などの出版物、講演会を通した在家仏教の振興に力を注ぎ、自らの活動に「法王大聖釈迦牟尼仏の本旨に基づく仏教」という意味で「法王教」の名を冠した。大正12年(1923年)、道見が入寂すると独自の教派名を冠した運動は終息した。なお、道見は最後まで曹洞宗の僧籍を保持していたため、「法王教」を独立した教団ではなく曹洞宗内の一運動であったとする見方が一般的である。
  • 三宝教団 - 昭和29年(1954年)、安谷白雲が曹洞宗から離脱して神奈川県鎌倉市に結成。同教団は道元の教えを中核に置きながら、公案を取り入れるなど独自の修行法を構築。現在は一般在家者への坐禅指導を中心とし、海外にも参禅拠点がある。

この他、曹洞宗系の単立寺院が少数存在する。

訴訟[編集]

多々良学園の破綻問題に関し、山口信用金庫防府信用金庫から12億円の賠償を求める訴訟を2006年8月に起こされている[2]。10月、山口地方裁判所から宗務庁ビルの仮差押命令が下った(仮差押自体は事実認定とは無関係に原告請求のみで可能で、被告の反論を要しない)。

宗議会選挙での買収[編集]

2010年9月に行われた宗議会議員選挙で、岩手県選挙区で当選した住職が選挙前に有権者に相当する県内の住職に対して「献香」と称して現金を配っていたことが報道された。対立候補であった当時現職の住職も3000円相当の線香を配っていたという[3]。 ただし、曹洞宗の規則では選挙時の買収の禁止という項目は存在しない。 また、公職ではないので公職選挙法の適用範囲でもない。

越南(ベトナム)における曹洞宗[編集]

曹洞宗は越南(ベトナム)など他の漢字文化圏の国にも伝わっている。

注釈[編集]

  1. ^ 原文の和訳は「洞上の玄風、天下にしく、故に諸方の宗匠、ともにこれを推尊して洞曹宗という」[1]

参照文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 増永霊鳳 (Reihō Masunaga) 「曹洞宗」、『世界百科事典(Sekai hyakka jiten)』 (Heibonsha) 第13巻722頁、1969年 [1968年]。 
  2. ^ 曹洞宗に賠償請求 多々良学園破たんで共同通信2006年8月16日
  3. ^ “曹洞宗選挙で買収 一関の住職、「有権者」に最大10万円”. 河北新報. (2011年1月30日). http://www.kahoku.co.jp/news/2011/01/20110130t33013.htm 2011年1月30日閲覧。 [リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]