修禅寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
修禅寺
Syuzenji.JPG
所在地 静岡県伊豆市修善寺964
位置 北緯34度58分17.4秒 東経138度55分39.2秒 / 北緯34.971500度 東経138.927556度 / 34.971500; 138.927556座標: 北緯34度58分17.4秒 東経138度55分39.2秒 / 北緯34.971500度 東経138.927556度 / 34.971500; 138.927556
山号 福地山
宗派 曹洞宗
本尊 大日如来
創建年 (伝)大同2年(807年
開基 (伝)空海
テンプレートを表示
山門

修禅寺(しゅぜんじ)は、静岡県伊豆市修善寺にある曹洞宗寺院山号は福地山。正式名称は『福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜん)』[1]で、略して福地山修禅寺と呼んでいる。夏目漱石の「修善寺の大患」、岡本綺堂の「修善寺物語」でも名高い。

地名[編集]

修善寺温泉街の中心にあり、修善寺の地名の元になった。地名を修善寺(しゅぜんじ)、寺院を修禅寺(しゅぜんじ)と呼ぶのが正しいと認識されていることが多いが、正しくは両方とも「しゅぜんじ」と読む。

歴史[編集]

807年大同2年)に空海が創建したと伝えられ、その後の約470年間は真言宗に属していた。当時は周辺の地名が桂谷であったことから、桂谷山寺と言われ、『延喜式』には「伊豆国禅院一千束」と書かれる程の寺院であった。

その後、鎌倉時代初期に修禅寺の名称が定着し、寺領も修禅寺と呼ばれるようになった。また、源頼朝の弟の源範頼と、頼朝の息子で鎌倉幕府2代将軍源頼家が当寺に幽閉され、その後この地で殺害されたとしても知られている。

建長年間(1249年 - 1255年)に密偵と疑われていた蘭渓道隆が避難のために来住し、それに伴って臨済宗に改宗された。蘭渓道隆は、南宋理宗から「大宋勅賜大東福地肖盧山修禅寺」という額を賜り、大陸にまで修禅寺の名を広めた。しかし、この寺額は1863年文久3年)の火災で焼失した。

その後、1361年康安(元年)の畠山国清足利基氏の戦乱の被害を受け、更に1409年応永9年)の大火災で伽藍が全焼し、荒廃した。

その後、伊豆一国を収めた伊勢新九郎長氏(北条早雲)が、彼の叔父の隆渓繁紹曹洞宗の寺院として再興させた。

現在の本堂1883年明治16年)に再建したものである。2007年平成19年)には開創1200年祭が行われた。

文化財[編集]

重要文化財
  • 木造大日如来坐像 - 像内から1210年(承元4年)に実慶が作ったと書かれた墨書が発見されている。

年中行事[編集]

  • 4月21日 - 弘法忌
  • 8月21日 - 例祭
  • 毎月21日 - 弘法市(地元の物産直販会)

所在地[編集]

静岡県伊豆市修善寺964

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福地山修禅寺公式ウェブサイト
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]