山号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山号(さんごう)は、仏教寺院に付ける称号。

寺院によっては付けていない所もあり、付けている場合についても、その寺院が所在する山の名称を付けている場合と、医王山や鶴林山のように、所在地とは関係のない、仏教用語を山号として付けている場合がある。それについては、以下の様々な理由によるものとされる。「」も参照。

起源と歴史[編集]

そもそも寺院名に山号を付与するようになったのは、中国に於ける事例がその最初であり、従って、インドスリランカタイなどの南伝仏教の地域では山号は付与されてはいない。

中国では六朝時代を経て隋代唐代に仏教が普及し、同名の寺院が各地に建立されるようになって区別に難儀したため、その寺院が所在する地域の名称を付けて区別するようになった。

一般的にこの当時の寺院は権力者の庇護を受け易い街中か、或いはその反対に人里離れた山中の何れかに建立されており、山中に建立された場合は、その山の名称を付与するようになった。

やがて唐王朝が衰退すると共に、外護者を失った都市の寺院は会昌の廃仏の影響も受けて荒廃し、比較的山中に寺院を建立する事の多かった禅宗が、その直截な思想が受け入れられて地方の有力者の支援を受け、宋代にまで存続し得た。しかし、やがて寺院が持つ経済力が膨大なものとなり、国家の財政を脅かすようになっていった。そこで宋の太祖はまず寺院を全て免許制として国家の統制下に押さえ込み、次いで五山十刹制度を整備してピラミッド型の寺院組織を作り上げ、統制を強化した。[1]

その制度が日本朝鮮にも伝来すると共に、禅宗寺院を中心に山号を付与するようになったと推定されている。[要出典]

また、日本の場合、延暦寺金剛峯寺高尾山薬王院などは禅宗伝来以前から山号を寺院名に付与しているが、これについては最澄空海もそれ以前から霊山と呼ばれる山林で修行を行っており、霊山に寺院を建立し、霊山の名称を寺院名に付与する事で、自然の霊力を寺院に付与させようとした事によるものと推定される。

また、霊山以外の地域に所在する寺院や、禅宗以外の寺院で仏教用語を山号として付与している場合については、大乗仏教では『法華経』などの様々な経典釈迦霊鷲山(りょうじゅせん)で説法したとされている事によるものと推定される。従って、釈迦ではなく、阿弥陀如来本尊とする浄土系仏教の寺院については、山号が付与されていない場合が多い。

脚注[編集]

  1. ^ 諸戸立雄著『中国仏教制度史の研究』(平河出版社、1990年)

外部リンク[編集]