理宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
理宗 趙昀
南宋
第5代皇帝
宋理宗.jpg
王朝 南宋
在位期間 1224年 - 1264年
姓・諱 趙与莒
趙貴誠(沂王に封じられた際に改名)
趙昀(立太子の際に改名)
諡号 建道備徳大功復興烈文仁武聖明安孝皇帝
廟号 理宗
生年 1205年
没年 1264年
趙希瓐
陵墓 永穆陵
年号 宝慶 : 1225年 - 1227年
紹定 : 1228年 - 1233年
端平 : 1234年 - 1236年
嘉熙 : 1237年 - 1240年
淳祐 : 1241年 - 1252年
宝祐 : 1253年 - 1258年
開慶 : 1259年
景定 : 1260年 - 1264年

理宗(りそう)は南宋の第5代皇帝

生涯[編集]

1205年、北宋の太祖(趙匡胤)の長子趙徳昭8代孫の趙希瓐の子として生まれる。1224年に寧宗が危篤状態になると、寧宗の実子が夭逝していたことから宰相の史弥遠による工作で皇太子となり、寧宗の死後皇位を継承する。

その治世の初期は史弥遠の専権が行われていった。1233年に史弥遠が死去した後に親政を開始した。1234年にはモンゴル帝国オゴデイと同盟を結んでを滅ぼしたが、戦後処理や領土分割問題などからやがてモンゴルと対立するようになる。モンゴルとの抗争に苦しめられたが、1259年モンケが亡くなるなどの背景もあり結果的に南宋軍はモンゴル軍を退けることに成功した。

内政面では理宗自身が朱子学に傾倒していたことから真徳秀ら朱子学者を登用して政治改革を図った。しかし過度に理想化された改革は、モンゴル侵攻という国家危機に対応できず改革は失敗に終わった(端平更化)。

改革失敗の反動から理宗は政治に対する関心を失い遊蕩に耽るようになり政治腐敗や派閥対立が発生した。治世後期は寵妃の弟である賈似道の専横が行なわれ、理宗は実権を喪失した。また宮殿造営を推進したことから国庫の破綻を招いている。

1264年に60歳で崩御。嗣子が無かったため、養子として迎えていた甥の度宗が即位した。なお廟号の「理」は、朱子学を彼が重んじたために用いられた。

宗室[編集]

父母[編集]

  • 父:趙希瓐
  • 養父:寧宗

后妃[編集]

子女[編集]

  • 養子:度宗
  • 実子:祁王趙維 - 生母:謝皇后。嘉熙2年(1238年)生まれ。生後2カ月で夭折し、冲昭太子と謚された。
  • 娘:周漢国公主(周館長公主) - 生母:賈貴妃、駙馬孫鎮夫人。