修善寺温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg修善寺温泉
Tokko-no-yu 20110919.jpg
修善寺川と独鈷の湯
温泉情報
所在地 静岡県伊豆市修善寺
交通 伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅下車。バスで8分
泉質 単純温泉
泉温 65[1]
湧出量 毎分600-700リットル(汲み上げ量)[1]
外部リンク 伊豆市観光協会
テンプレートを表示
修善寺温泉の位置
修善寺温泉
修善寺温泉の位置
温泉街は山間に位置する
共同浴場の筥湯

修善寺温泉(しゅぜんじおんせん)は、静岡県伊豆市北部にある伊豆半島で最も歴史がある温泉日本百名湯に選ばれている。

泉質[編集]

弱アルカリ性単純泉

温泉街[編集]

温泉街の中心に修善寺川(通称:桂川)が流れ、河岸には温泉宿や飲食店が建ち並ぶ。川中の四阿には、同温泉地のシンボル的存在の独鈷の湯があり、無料で足湯を楽しめる。至近には地名の由来となった修禅寺があり、多くの観光客が訪れる。この寺では毎年8月20・21日に秋季弘法大師大祭が催され、屋台や打ち上げ花火が催される。また、遊歩道が整備され「竹林の小径」などが人気のスポットとなっている。

温泉街付近には源氏に関する史跡が多く、鎌倉幕府第2代将軍、源頼家の墓や、頼家の冥福を祈って母である北条政子が建てた指月殿などが残る。

以前には無秩序な湯の汲み上げにより、温泉水位下がって海水が混入したり、主要成分の含有量が少なくなったりしたた。このため、1981年(昭和56年)6月より集中管理に切り替えて供給を行っている[1]

また、独鈷の湯を含め、外湯(共同浴場)が7ヶ所あり、これらは地元住民の利用のみ許されていた状態であったが、2002年には観光客も入浴可能な「筥湯(はこゆ)」が開業した。

2004年10月には、台風22号によって修善寺川が増水し温泉街に被害がもたらされた。

歴史[編集]

修善寺温泉の歴史は、平安時代弘法大師が開いたという修禅寺の歴史とともにある。独鈷の湯も弘法大師が湧出させたとされ、これが修善寺温泉の起源である。川原で病気の父親の体を洗う少年のために「弘法大師が独鈷を用いて岩を砕き、そこから湯が湧出した」との開湯の伝説が残る。鎌倉幕府の時代には、源頼家が修禅寺に幽閉され暗殺された。

文学[編集]

明治時代には静かな環境が文豪に愛され、夏目漱石なども訪れた。

交通[編集]

風景[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 現地解説板より(平成12年調査)
  2. ^ 泉鏡花自筆年譜では、1928年5月、肺炎の病後に滞在。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度58分13.7秒 東経138度55分39.1秒