足利基氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
足利基氏
Ashikaga Motouji 2.jpg
足利基氏像
時代 南北朝時代
生誕 興国元年/暦応3年3月5日
1340年4月2日
死没 正平22年/貞治6年4月26日
1367年5月25日
改名 光王・亀若丸(ともに幼名)→基氏
別名 入間川殿
戒名 瑞泉寺玉巌道昕
墓所 神奈川県鎌倉市瑞泉寺
官位 従三位左兵衛督
幕府 室町幕府初代鎌倉公方
(在職:1349年 - 1367年)
氏族 足利氏足利将軍家
父母 父:足利尊氏、母:赤橋登子
兄弟 竹若丸直冬義詮基氏鶴王ほか
正室:清渓尼(畠山家国の娘)
氏満

足利 基氏(あしかが もとうじ)は、南北朝時代武将。初代鎌倉公方(在職:正平4年/貞和5年9月9日1349年10月21日) - 正平22年/貞治6年4月26日1367年5月25日))。後の古河公方の家系の祖でもある。室町幕府初代将軍足利尊氏の四男で、母は正室の赤橋登子(登子の子としては次男)。

生涯[編集]

足利将軍家の内紛から発展した観応の擾乱が起こると、父は鎌倉にいた嫡男で基氏の兄義詮に次期将軍として政務を担当させるため京都へ呼び戻し、正平4年/貞和5年(1349年)に次男である基氏を鎌倉公方として下し、鎌倉府として機能させる。この折、幼い基氏を補佐した執事(後の関東管領)の1人に上杉憲顕がいた。

鎌倉九代後記』によれば、基氏は約6年間もの長期間、南朝方との戦闘のため鎌倉を離れて入間川沿いに在陣したことから「入間川殿」と呼ばれ、その居館は入間川御陣と称された。父の死後、南朝方の新田義興を滅ぼすと共に、正平16年/康安元年(1361年)には執事として基氏を補佐していた畠山国清と対立した家臣団から国清の罷免を求められた結果、抵抗した国清を討つに至る。後任には一時高師有を用いるが、正平18年/貞治2年(1363年)6月、越後にいた上杉憲顕を関東管領として鎌倉に呼び寄せる。

この頃、基氏は兄の義詮と図り、父を助けて越後・上野守護を拝命していた宇都宮氏綱に隠れて、密かに越後守護職を憲顕に与えていたと見られる。この動きに激怒し、憲顕を上野で迎撃しようとした氏綱の家臣で上野守護代の芳賀禅可を基氏は武蔵苦林野で撃退した上、宇都宮征伐に向かう。途中の小山小山義政の仲介の元、氏綱の釈明を受け入れて鎌倉に戻り、公式に氏綱から上野・越後の守護職を剥奪して憲顕に与え、関東における足利家の勢力を固める。また、夢窓疎石の弟子である義堂周信を鎌倉へ招き、五山文学や禅の普及を奨励するなど、鎌倉ひいては関東の文化の興隆にも努めた。

正平22年/貞治6年(1367年)に死去、享年28。死因ははしかと伝わる[1]。『難太平記』は自殺の可能性をほのめかすが、あくまで伝聞で真相は分からないとしている。同年12月7日には兄義詮も亡くなっている。

基氏の子孫である鎌倉公方系統の足利家(数流に分かれる。当該項目参照)の1つは、江戸時代には喜連川家として、1万石に満たない少禄ながら10万石格の大名になる。明治時代には華族に列せられ、名字を足利に復して存続している。

東松山市岩殿字油免には、岩殿山合戦の折、基氏が建築したとされる館の跡が現存している[2]

人物像[編集]

説話集「塵塚物語」において基氏は「武勇の誉れ高く慈悲深い人物、正直者で、和歌の嗜みもある」と評されている[3]

また、美食家でもあり塵塚物語では、基氏と料理人とのエピソードも掲載している。それによると、基氏が取り寄せた鮒を羹にするように料理人に命じたところ、鮒の裏半面が十分焼けておらず生のままであった。これに激怒した基氏は料理人の不忠ゆえの失態であると厳しく糾弾し、料理人に裸のまま縁側で正座するように処罰を下し鷹狩りに出かけた。だが基氏が帰宅すると、料理人はまだ裸のまま縁側に跪いていた。実は執事の配慮で基氏が留守の間は料理人は着衣することを許されていた。しかし、一日中裸で正座していたと思い込んだ基氏は一時の激情であまりに厳しすぎる処分を下してしまったと自分の行いを恥じたという[4]

管弦、ことにに強く感心を示し、これを嗜む人物であったと考えられる[5]1353年(文和2年)、南朝に対抗する為に入間川に軍を進め陣取っていた際、豊原成秋を招き、を彼から教わったと言う。さらに豊原信秋も招いて、彼から「秘曲を伝授」された[6]。秘曲を伝授してくれた恩賞として、基氏は信秋に対し、武蔵国に所領を与え、褒美としている。

宗教面においては、義堂周信に帰依し、深く信仰していた。1362年、基氏は相模国北深沢庄の荘園を義堂の為に寄進している[7]。また同年、基氏は入間川に在陣中でありながら、義堂の為に鎌倉まで赴き、鎌倉・瑞泉寺の一覧亭にて花見を催している[8]。同年の冬、基氏が鎌倉へ帰還すると、義堂は基氏の為に奉慶の歌を詠んでいる[9]。義堂は自らの日記に、自分と基氏は立場の違いなどを考慮せず、友人のように水魚の交わりをしてきた、と綴っている[10]

冷泉為秀宛てに書かれたと推測される[11]基氏の手紙が存在しており、それによると、冷泉家から歌道を教わっていたようである。新千載和歌集に五首、新拾遺和歌集に八首、新後拾遺和歌集に三首、新続古今和歌集に一首の歌がそれぞれ収録されている[12]

このようにその教養は非常に深く、広い分野にわたって趣味を嗜んだと伝わっているが、義堂周信によれば、田楽だけは「政道の妨げになる」という理由で全く嗜まなかったとされる[13]

経歴[編集]

※日付=旧暦

脚注[編集]

  1. ^ 田辺久子『関東公方足利氏四代』66ページ
  2. ^ 中世武蔵人物列伝・119頁
  3. ^ 田辺・71P
  4. ^ 田辺・71P
  5. ^ 田辺・35頁
  6. ^ 田辺・35頁
  7. ^ 田辺・57頁
  8. ^ 田辺・57頁
  9. ^ 田辺・58頁
  10. ^ 田辺・59頁
  11. ^ 田辺・61頁
  12. ^ 田辺・61頁
  13. ^ 田辺・61頁

関連書籍[編集]

関連項目[編集]