徹通義介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徹通 義介(てっつうぎかい、承久元年2月2日1219年2月18日) - 延慶2年9月14日1309年10月18日))は、越前国出身の鎌倉時代中期の曹洞宗永平寺3世[1]大乗寺開山。

略歴[編集]

地元の藤原氏富樫氏とされる)に生まれ、13歳の時に地元の波著寺にて日本達磨宗懐鑑に就いて出家、「義鑑」の法名を受ける。19歳の時に比叡山に登って授戒したが、1241年仁治2年)に懐鑑と共に山城国深草興聖寺道元の下に参じた。以後道元に師事し、永平寺典座監寺などの要職を務めた。

道元の没後は懐奘に師事し、途中、1259年に入し、諸寺院にて各種の祈祷清規を学んだ。[2]その後帰国して、永平寺の規則や儀式の整備などを行った。

その後、文永4年(1267年)に懐奘の後を継いで永平寺第3世になるが、日本達磨宗系と曹洞宗系の内部対立(三代相論)を収めきれず、同9年(1272年)に辞任し、麓に庵を建てて老母と共に隠居。後は再び懐奘が就任した。

懐奘の没後の弘安3年(1280年)に再び、永平寺住持となるが、両派の対立を収拾出来ず、永仁元年(1293年)に永平寺を出て加賀国に移り、大乗寺を真言宗寺院から禅寺に改めてその開山となった。

弟子には後に曹洞宗発展の基礎を築いた太祖瑩山紹瑾がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 義演の没後、「義介と義演のいずれを永平寺三代とするかで双方の遺弟たちのあいだでさらに相論があった」(福井県史)福井県史該当部分
  2. ^ 道元も行なっていた神(龍天)や観音菩薩への祈祷だけでなく、般若経十六善神への祈祷を持ち込んだ。大村2006

関係著書[編集]

関係論文[編集]

  • CiNii>徹通義介
  • 大村哲夫『仏に代わって祈りを聞くカミガミ : 禅宗寺院における自力と他力、祈祷の構造』東北宗教学、2006-12 , 東北大学大学院文学研究科宗教学研究室当該論文ページ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
孤雲懐奘
曹洞宗
次代:
瑩山紹瑾
先代:
懐鑑
日本達磨宗
次代:
先代:
孤雲懐奘
永平寺第3世
1267年 - 1272年
1280年 - 1293年
次代:
義演