馬祖道一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬祖道一
709年 - 788年
諡号 大寂禅師
生地 漢州(四川省
没地 石門山寶法寺
宗派 洪州宗
寺院 洪州開元寺
処寂南嶽懐譲
弟子 百丈懐海南泉普願
著作 『馬祖大寂禅師語録』

馬祖道一(ばそ どういつ、709年(景龍3年) - 788年(貞元4年))は、漢州(四川省)の出身で俗姓は馬氏。諡は大寂禅師

地元の羅漢寺の資州の処寂648年 - 734年)の下で出家し、益州の長松山などで修禅した後、南嶽(湖南省)に向かい、懐譲の法を嗣ぎ、洪州(江西省)の開元寺に移って法を広めた。その独自な禅風は代の士大夫階級に受け入れられて一大宗派洪州宗を築き、百丈懐海南泉普願など嗣法の弟子は88人を数え、それぞれが数多くの語録を残すので、後の禅宗に語録を重視する傾向をもたらし、やがてそれは公案を重視する臨済宗へと発展していった。

馬祖は、後世の禅僧の名に見られる道号などとは異なり、道一の俗姓である馬氏によるもの。そのニュアンスを日本語化すれば、「馬おじさん」や「馬家の師匠」と呼んでいるのと同じこととなる。柳田聖山が「純禅」と称する初期の禅宗徒の気風の一端を表すものである。

また、馬祖の生家は(み)を作っていたが、開悟の後、名声を得て故郷に里帰りした所、近所の老婆に、「なんだ、偉い坊さんが来たと思ったら、箕の屋の小せがれではないか」と言われ、それきり、故郷に帰らなかったというエピソードがある。

現在、彼の出身地である四川省において、馬祖学会が時たま開催されている。

略歴[編集]

  • 709年、漢州(四川省)にて出生
  • 710年代、資州処寂について出家
  • 729年、巴西で受戒
  • 730年代、南嶽懐譲について嗣法
  • 769年洪州開元寺で布教
  • 788年、石門山寶法寺で示寂、大寂禅師と諡される

思想[編集]

馬祖禅とも呼ばれるその禅思想では、禅宗で初めて経典や観心によらずに日常生活の中に悟りがある大機大用の禅を説き、「平常心是道」(びょうじょうしんこれどう)、「即心即仏」など一言で悟りを表す数多くの名言を残している。また、相手に合わせて教え方を変える対機説法(たいきせっぽう)を始め、これによって多彩な弟子を育てると共に、士大夫階級に数多くの信者を獲得し、遂には禅の正系の座を荷沢宗より奪ってしまった。

語録[編集]

  • 『馬祖大寂禅師語録』

弟子[編集]

百丈懐海南泉普願大梅法常塩官斉安西堂智蔵大珠慧海帰宗智常東寺如會汾州無業伏牛自在麻谷宝徹龐蘊居士

伝記[編集]

参考文献[編集]

先代:
南嶽懐譲
洪州宗
開祖
次代:
百丈懐海
南泉普願