湖南省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湖南省
簡称: 湘 (拼音: Xiāng)
湖南省の位置
簡体字 湖南省
繁体字 湖南省
拼音 zh-Hunan.ogg Húnán[ヘルプ/ファイル] shěng
カタカナ転記 フーナン ション
省都 長沙市
最大都市 長沙市
省委書記 徐守盛(前甘粛省長)
省長 杜家豪(前黑竜江省委副書記)
面積 211,875 km² (10位)
人口 (2006年)
 - 人口密度
6768.1 万 人 (7位)
319 人/km² (13位)
GDP (2007年)
 - 一人あたり
9,145 億 (13位)
14,405 (20位)
HDI (2005年) 0.751 () (17位)
主要民族 漢族 - 90%
トゥチャ族 - 4%
ミャオ族 - 3%
トン族 - 1%
ヤオ族 - 1%
地級行政区 14 個
県級行政区 122 個
郷級行政区 2576 個
ISO 3166-2 CN-43
公式サイト
http://www.hunan.gov.cn/

湖南省(こなんしょう、英語:Hunan Province)は中華人民共和国の一つ。省都は長沙市。略称は

地理[編集]

北は湖北省、東は江西省、南は広東省広西チワン族自治区、西は貴州省重慶市に接する。

長江中下流に位置し、洞庭湖の南に広がるため、湖南と呼ばれる。北部は洞庭湖平野、中部は丘陵地帯、南部は山岳地帯となっている。水稲生産が盛んで、中国の主要な米産地である。南の広東・広西両省区との間には南嶺山脈が走る。

主な河川は長江で、湖南省内を貫く河川は洞庭湖を経て長江に流入する。洞庭湖に入る「湖南省四大河川」には、湘江資江沅江(げんこう)、澧水(れいすい)がある。その他の河川には、汨羅江(べきらこう)や、湘江の支流・瀟水(しょうすい)などがあり、いずれも水運に利用されている。

歴史[編集]

古代はの国があったと言われ、神農ともゆかりがあった。代に入り、湖南の名が使われ始める。1664年朝のもとで湖南省が成立した。19世紀半ばの太平天国の乱では、同省出身の曽国藩湘軍を率いて鎮圧に活躍した。曽国藩だけでなく、清末の諸改革において譚嗣同唐才常などの人材を輩出し、20世紀には中国共産党の中心となる毛沢東劉少奇胡耀邦などを輩出した。

行政区画[編集]

Map of Province in China 430000 湖南省.svg
拡大表示 (SVGファイル対応ブラウザのみ)

13地級市・1自治州がある。

経済[編集]

教育[編集]

観光[編集]

事件・事故[編集]

西昌衛星発射センターの東側に位置し、発射するロケットの飛行経路に当たるため、しばしばロケットの残骸が落下してくる。1990年代初めから2010年代初頭までに20回近くの落下が見られた[1]

友好自治体[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ロケット残骸が民家直撃 中国、月探査機打ち上げで”. 産経新聞. (2013年12月3日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131203/chn13120319350008-n1.htm 2014年4月26日閲覧。 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]