桂陽県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 郴州市 桂陽県
旧称:平陽


中心座標 北緯25度48分 東経113度03分 / 北緯25.800度 東経113.050度 / 25.800; 113.050
簡体字 桂阳
繁体字 桂陽
Guīyáng
カタカナ転記 グイヤン
国家 中華人民共和国
郴州
行政級別
建置 1913年
改称 1913年
県委書記
県長 317年
面積
- 総面積 2,973 km²
人口
- 総人口(2004) 79.2 万人
経済
電話番号
ナンバープレート 湘L
公式ウェブサイト http://www.gyzf.gov.cn/Index.html

桂陽県(けいよう-けん)は中華人民共和国湖南省郴州市に位置する

歴史[編集]

漢代は桂陽郡郴県に属していた。317年建武元年)、東晋により平陽郡平陽県が設置され、桂陽地区の行政区画が初めて建置された。その後行政制度の変更を経ながらも中華民国まで平陽県の名称が存続したが、1913年浙江省に同名の県が存在したことから域内地名の桂陽を採用し、桂陽県と改称され現在に至っている。

秦末項羽義帝を擁立し自立した際の都城が設けられ、また後漢末には趙範太守に就任するなど歴史と深い関連を有す県である。

経済[編集]

地下資源に恵まれた桂陽は亜鉛マンガンアンチモングラファイトなどを産出し、宋代にもや銅の産地と知られ、鉱山管理のための桂陽監が設置されるなど冶金が古くから発達していたが、現在の主産業は農業となっている。

行政区[編集]

下部に3街道、14、25、2民族郷、506居委会を有す

  • 街道
    • 黄沙坪街道、龍潭街道、鹿峰街道
    • 敖泉鎮、舂陵江鎮、方元鎮、和平鎮、荷葉鎮、雷坪鎮、蓮塘鎮、流峰鎮、仁義鎮、四里鎮、太和鎮、塘市鎮、洋市鎮、樟市鎮、正和鎮
    • 白水郷、光明郷、浩塘郷、欧陽海郷、橋市郷、泗洲郷
  • 民族郷
    • 華山瑶族郷、楊柳瑶族郷