衡陽市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 湖南省 衡陽市
衡陽市の位置
衡陽市の位置
簡体字 衡阳
繁体字 衡陽
拼音 Héngyáng
カタカナ転記 ホンヤン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖南
行政級別 地級市
成立 1942年1月1日
市委書記 張春賢
市長
面積
総面積 15,310 km²
人口
総人口(2006) 726.5 万人
経済
電話番号
公式ウェブサイト http://www.hengyang.gov.cn

衡陽市(こうよう-し)は中華人民共和国湖南省中南部二位置する湖南省第二の地級市湘江とその支流の耒水、蒸水が合流する場所であり、京広線(北京~広州)と湘桂線(衡陽-友誼関)が交わる。古来、水陸両物流の中心地であった。五岳の一つである南岳衡山があり、衡陽とは衡山の南を意味する名である。

歴史[編集]

戦国時代から集落を形成していた衡陽に行政区名が現れるのは漢代のことである。漢代は承陽県・酃県の2県が置かれ、長沙国に属した。の時代には臨蒸県が置かれ衡陽郡に属した。隋代には衡陽郡が廃止となり新たに衡州(州治は衡陽県)が設置された、唐初に衡陽県は臨蒸県に一時改称された時期があるが間もなく復名し、その後元代に衡州路、明代には衡州府などの上位行政区域名称の変遷が行われながらも清末まで行政区画は踏襲され、中華民国により1942年1月1日に衡陽県から衡陽市に昇格し現在に至っている。

行政区画[編集]

5区、2市、5県を統轄する。

衡陽市行政区域
区市県名 街道辦事処 社区居委会 鎮委員会 郷委員会 村民委員会
南嶽区 1 6 1 3 30
珠暉区 6 42 2 2 54
雁峰区 5 41 1 1 25
石鼓区 6 42 - 2 28
蒸湘区 4 32 1 2 34
常寧市 - 72 16 7 706
耒陽市 3 67 13 18 625
衡南県 - 46 13 13 893
衡陽県 - 352 8 10 324
衡山県 - 31 15 9 561
衡東県 - 51 19 4 868
祁東県 - 74 23 3 740
合 計 25 856 112 74 4888

年表[編集]

衡陽専区(1949年-1952年)[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国湖南省衡陽専区が成立。衡陽市衡陽県衡山県攸県茶陵県酃県安仁県耒陽県常寧県が発足。(1市8県)
  • 1950年1月5日 - 衡陽市が地級市の衡陽市に昇格。(8県)
  • 1951年2月5日 - 衡山県の一部が分立し、南嶽特区が発足。(8県1特区)
  • 1952年2月16日 - 衡陽県の一部が分立し、衡南県が発足。(9県1特区)
  • 1952年11月13日
    • 茶陵県・攸県が湘潭専区に編入。
    • 衡陽県・衡山県・酃県・安仁県・耒陽県・常寧県・衡南県・南嶽特区が湘南行政区に編入。

衡陽市(第1次)[編集]

  • 1950年1月5日 - 衡陽専区衡陽市が地級市の衡陽市に昇格。一区から八区までの区を設置。(8区)
  • 1951年11月1日 (6区)
    • 七区が六区に編入。
    • 八区が五区に編入。
  • 1952年11月13日 - 衡陽市が湘南行政区に編入。

湘南行政区[編集]

衡陽地区(1954年-1983年)[編集]

  • 1954年6月 - 湘南行政区衡陽市衡南県衡山県常寧県寧遠県永明県道県零陵県東安県祁陽県祁東県衡陽県江華県を編入。衡陽専区が成立。(1市12県)
  • 1955年8月5日 (1市11県1自治県)
  • 1956年3月10日 - 永明県が江永県に改称。(1市11県1自治県)
  • 1959年3月31日 - 衡南県が衡陽市に編入。(1市10県1自治県)
  • 1960年4月21日 - 衡山県の一部が分立し、南嶽管理局が発足。(1市10県1自治県1管理局)
  • 1961年7月9日 (2市11県1自治県1管理局)
    • 零陵県の一部が分立し、冷水灘市が発足。
    • 衡陽市の一部が分立し、衡南県が発足。
  • 1962年10月20日 - 冷水灘市が零陵県に編入。(1市11県1自治県1管理局)
  • 1962年10月30日 - 寧遠県・江永県・道県・零陵県・東安県・江華ヤオ族自治県が零陵専区に編入。(1市6県1管理局)
  • 1963年5月20日 - 南嶽管理局および衡山県の一部が合併し、南嶽県が発足。(1市7県)
  • 1966年1月18日 (1市7県)
    • 南嶽県が衡山県に編入。
    • 衡山県の一部が分立し、衡東県が発足。
  • 1970年 - 衡陽専区が衡陽地区に改称。(1市7県)
  • 1980年2月20日 - 衡陽市が地級市の衡陽市に昇格。(7県)
  • 1983年2月8日
    • 衡陽県・衡南県・衡山県・衡東県・常寧県・祁東県が衡陽市に編入。
    • 祁陽県が零陵地区に編入。

衡陽市(第2次)[編集]

  • 1980年2月20日 - 衡陽地区衡陽市が地級市の衡陽市に昇格。江東区城南区城北区郊区を設置。(4区)
  • 1983年2月8日 - 衡陽地区衡陽県衡南県衡山県衡東県常寧県祁東県郴州地区耒陽県を編入。(4区7県)
  • 1984年5月22日 - 衡山県の一部が分立し、南嶽区が発足。(5区7県)
  • 1986年11月11日 - 耒陽県が市制施行し、耒陽市となる。(5区1市6県)
  • 1996年11月26日 - 常寧県が市制施行し、常寧市となる。(5区2市5県)
  • 2001年4月4日 (5区2市5県)
    • 江東区および郊区の一部が合併し、珠暉区が発足。
    • 城南区・郊区・衡南県の各一部が合併し、雁峰区が発足。
    • 城北区・郊区・衡陽県の各一部が合併し、石鼓区が発足。
    • 城北区の残部・城南区の残部・郊区の残部および衡南県・衡陽県の各一部が合併し、蒸湘区が発足。
  • 2006年11月27日 - 衡南県の一部が珠暉区に編入。(5区2市5県)

教育[編集]

交通[編集]

古跡・観光地[編集]

歴史的事件[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]