江東区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こうとうく
江東区
東京都江東区区章.svg
江東区章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
団体コード 13108-3
面積 39.99km²
総人口 481,251
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 12,030人/km²
隣接自治体 中央区港区墨田区品川区大田区
江戸川区
区の木 クロマツ
区の花 サザンカ
江東区役所
区長 山崎孝明
所在地 135-8383
東京都江東区東陽四丁目11番28号
北緯35度40分22.1秒東経139度49分2.2秒座標: 北緯35度40分22.1秒 東経139度49分2.2秒
Koto Ward Office.JPG
外部リンク 江東区

江東区位置図

― 区 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

江東区(こうとうく)は、東京都特別区のひとつで、23区東部に区分される。

郵便番号(上3桁)135・136

概要[編集]

東京都の東部、隅田川荒川に挟まれた位置にあり、東京湾に面している。

江戸時代埋め立てが始められた地域であり、江戸の東端にあたり、深川地区(旧深川区)には富岡八幡宮をはじめ神社仏閣が数多くある。区内陸部は古くから住宅地および工業地域として、亀戸には鶴亀亀戸天神社、また錦糸町駅南側は遊興地域として発展してきた(ただし、錦糸町駅およびその南部は首都高速7号小松川線まで墨田区である)。また、区周辺部、特に臨海副都心や南砂地区などは大規模マンション医療福祉施設建設が相次いでいる。豊洲地区や夢の島地区には子供向け施設が充実し、近年はマンション建設が相次ぎ人口が増加しているが、区による少子化に伴った小学校の統廃合が行われた後の人口増加のため、統廃合が行われた小学校では生徒の受け入れが困難な状況である。同様に、保育園も不足する事態に陥り、待機児童が増加している。

区内西部(東京市深川区に相当)は関東大震災および東京大空襲などを経て区画整理がされている。

23特別区の中で唯一、区歌を制定していない[1]

人口[編集]

  • 世帯数:21万5158世帯
  • 人口総数:45万6876人
  • 住民基本台帳:43万5709人
    • 男:21万7801人
    • 女:21万7908人
  • 外国人登録数:1万8705人
    • 男:8580人
    • 女:1万0125人

2008年(平成20年)8月1日現在

Demography13108.svg
江東区と全国の年齢別人口分布(2005年) 江東区の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 江東区
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
江東区(に該当する地域)の人口の推移
1970年 355,873人
1975年 355,382人
1980年 362,270人
1985年 388,927人
1990年 385,159人
1995年 365,604人
2000年 376,840人
2005年 420,845人
2010年 460,585人
総務省統計局 国勢調査より

昼夜間人口[編集]

2005年に夜間人口(居住者)は420,827人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は490,708人で昼は夜の1.166倍の人口になる(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行126,127ページ 国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳のものを含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に誤差は生じる)

地理[編集]

河川
運河
隣接する自治体

※ 隣接する自治体とはすべて陸続きでもある。

地勢[編集]

かつて地下水の汲み上げにより地盤沈下したことで、区の大部分がゼロメートル地帯となっている。また、運河と橋が多く、区では“水彩都市”と呼んでいる。道路と水路が連なって作られており、住宅地のそばを船が行き交うことも多い。区内には東京都から副都心に指定されている臨海副都心錦糸町・亀戸副都心があり、二つの副都心を包括している。この事もあり、区内には観光客や会社員も多くやって来る。

臨海副都心は品川区港区にも跨っているが、実際には江東区が大部分を占めており、近年[いつ?]急速に開発が進められた新興開発地域であり、街の景観は非常に近代的である。 錦糸町・亀戸副都心のほうは昔からあった大繁華街で、古くから下町として栄えた。1990年代後半から、東京の新スポットとしても急速に開けており、下町情緒と近代的な再開発地域の同居する街並みへと変貌した。臨海副都心部には埋立地が多く、ゴミ埋立て「東京ゴミ戦争」で有名な夢の島青海有明などは観光地区としても賑わっている。 また、臨海部にある湾岸地域は港区江戸川区と海岸線を連ねてつながっており、台場東京ディズニーリゾートへの交通の便が良い。なお、東日本大震災の際に、一部液状化した地区もあり、団地が浮き上がったり、道路など地面が沈み込んだ地区もあるが、2013年現在、簡易な補修または放置されている場所もある。

面積は39.94km²だが、この数字には大田区と帰属係争中の中央防波堤地区は含んでいない。

自然環境[編集]

区の臨海方面にあるかつてのゴミ埋立地である夢の島一帯は大規模な公園が作られ、市街開発にあたって並木や草木が大量に植えられ、東京23区内とは思えないほどの緑の多い地域となっている。また、大島から木場にかけて再開発で市街整備され、大型公園や歩道の増強により緑地環境が増やされた。一方で、錦糸町亀戸副都心には大規模な公園が無いので、緑地地域が減少傾向にある。また臨海副都心方面はオフィス街が連なっており、緑地地域は少ない。しかし南砂や大島、深川等の下町や住宅街には緑地地域が整備され、マンション内や商店街にいくつかの公園が点在し、イチョウなどの樹木も多く植えられている。

歴史[編集]

区名の由来

「江東」の区名は、隅田川の東に位置するという地理的な意味から、辰巳区、東区、永代区などの候補の中から選ばれた。

1947年(昭和22年)2月21日城東区会で、2月25日に深川区会で議決された。江東区の「江」は深川、「東」は城東の意味も含んでいる。

しかし、江東の地名はこの時初めて使われたものではない。すでに古くは江戸時代から使用されており、当時の江東という地域は、本所地区または深川地区を指す意味と、広く隅田川の東部を指す意味があった。

区の沿革
  • 1878年明治11年)11月2日 - 郡区町村編制法が施行。東京府内が15区6郡に区画分けされ、深川区と南葛飾郡が発足。
  • 1889年(明治22年)5月1日 - 市制町村制施行により、次の市区町村が発足。
    • 東京市が発足。深川区は以後、東京市に属する。
    • 南葛飾郡の中に、亀戸村・大島村・砂村などが(町村制に基づく村として)発足。
  • 1894年(明治27年)12月1日 - 総武本線が両国まで開業し、それに伴い亀戸駅が開業。
  • 1900年(明治33年)7月19日 - 亀戸村・大島村が町制施行。
  • 1904年(明治37年)4月5日 - 東武亀戸線が開業。
  • 1921年大正10年)7月1日 - 砂村が町制施行。
  • 1928年昭和3年)4月15日 - 東武亀戸線の亀戸水神駅が開業。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 亀戸町・大島町・砂町が東京市に編入、3町の区域をもって城東区が発足。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 東京都制施行により、東京府と東京市は廃止。東京都深川区、東京都城東区となる。
  • 1947年(昭和22年)3月15日 - 深川区と城東区が合併して江東区が誕生。
  • 1947年(昭和22年)5月3日 - 地方自治法が施行され、江東区は特別区となる。
  • 1965年(昭和40年)5月14日 - 工業用水道南砂町浄水場通水。
  • 1967年(昭和42年)9月14日 - 東西線が東陽町駅まで開業し、それに伴い門前仲町駅・木場駅・東陽町駅が開業。
  • 1969年(昭和44年)3月29日 - 東西線の南砂町駅が開業。
  • 1978年(昭和53年)12月21日 - 新宿線が開業、森下駅・住吉駅・西大島駅・大島駅・東大島駅が開業。
  • 1980年(昭和55年)3月31日 - 工業用水道南砂町浄水場廃止。
  • 1982年(昭和57年) - 亀戸(錦糸町)が副都心に指定される。
  • 1988年(昭和63年)6月8日 - 有楽町線が新木場駅まで開業し、それに伴い豊洲駅・辰巳駅・新木場駅が開業。
  • 1988年(昭和63年)12月1日 - 京葉線が新木場駅まで開業。
  • 1990年平成2年)3月10日 - 京葉線が東京駅まで開業し、それに伴い潮見駅・越中島駅が開業。
  • 1993年(平成5年) - レインボーブリッジ開通。
  • 1995年(平成7年) - 臨海地区が副都心に追加される。
  • 1995年(平成7年)11月1日 - ゆりかもめが開業、船の科学館駅〜有明駅が開業。
  • 1996年(平成8年)3月30日 - りんかい線が開業、東雲駅・国際展示場駅・東京テレポート駅が開業。
  • 2000年(平成12年)12月12日 - 大江戸線の森下駅・清澄白河駅・門前仲町駅が開業。
  • 2003年(平成15年)3月19日 - 半蔵門線の住吉駅・清澄白河駅が開業。
  • 2005年(平成17年)7月17日 - 深川シャトルが運行開始。
  • 2005年(平成17年)11月1日 - 江東区コミュニティバスしおかぜが運行開始。
  • 2006年(平成18年)3月27日 - ゆりかもめの有明〜豊洲駅まで開業。
  • 2010年(平成22年) - 東京湾臨海道路が全線開通。

地域[編集]

おもな祭事・催事[編集]

富岡八幡宮例祭8月15日を中心に行われ、三年に一度だけ本祭りが行われる。本祭りは永代通りを起点とし、大門通り、清澄通り、清洲橋箱崎町永代橋、永代通りを経て八幡宮を終点とする、江東区、中央区にまたがる約8kmのコースを(午後の出発地点である永代橋前からは囃子・木遣・手古舞・宮司など先頭に)54基もの神輿が9時間にわたって練り歩く。別名「水掛祭り」とも称され、沿道からバケツやホース、あるいは消防の放水を浴びせられる。山王祭神田祭ともに「江戸三大祭」の一つである。掛け声は昔ながらの伝統の「ワッショイ」に統一され、「コリャサ」「ドッコイ」「ホイサ」などの合いの手も入るが、浅草祭などで流行っている「ソイヤ」「セイヤ」などの掛け声は一切禁止されている。※2008年(平成20年)が本祭りであった。次回は2011年(平成23年)である。
毎年1月24日・25日に亀戸天神社で行われる。前年の鷽(ウソ)を新しいものに取り替えることで、福を呼び込むものとされている。毎年朝早くから長い行列が出来る。縁起物である木彫りの鷽が授与される。「去年の悪(あ)しきはうそ(鷽)となり、まことの吉にとり(鳥)替えん」との言い伝えによる。木彫りの鷽は、高さ5〜22cmくらい、白木の円柱に上部3分の1位が荒削りされて頭部と腹部となり、背後は削り掛けの手法で尾羽が切り込まれる。彩色は頭が黒、胸は朱、背の羽は緑と黒である。
  • 藤祭り
4月下旬 - 5月上旬にかけて亀戸天神社で行われる。敷地内の藤棚が一斉に開花し、神社中が一面藤色に染まる。江戸時代から「亀戸の藤」と呼ばれた藤の名所であり、亀戸以外からも観光客が訪れる。同時に学業講祭も行われ、学業祈願の祈願者も多く訪れる。
  • 木場の角乗(東京都指定文化財)
  • 木場の木遣(東京都指定文化財)
  • 江東区民まつり中央まつり
毎年10月中旬に都立木場公園で行われる。
  • 江東区民まつり亀戸地区大会
毎年8月下旬に都立亀戸中央公園で行われ、打ち上げ花火なども行われる。
  • 江東区民まつり大島地区大会
毎年9月中旬に行われる。
  • 江東区民まつり砂町地区まつり
毎年10月上旬に行われる。
  • 江東花火大会
毎年8月の上旬に行われる。
日本共産党が主催する一般向けの催事。
毎年、夏と冬の2回、東京ビッグサイトにて行われる同人誌即売会

町丁[編集]

江東区は深川地区・城東地区の44個の町からなる。現在でも海岸隣接地域の埋立により、区の面積が増え続けている。

深川地区(旧深川区)[編集]

城東地区(旧城東区)[編集]

※ 詳細な区分になると計9区分

  • 白河地区(7町)
  • 富岡地区(10町)
  • 豊洲地区(8町)
  • 小松橋地区(8町)
  • 東陽地区(4町)
  • 亀戸地区(亀戸全域)
  • 大島地区(大島全域)
  • 砂町地区(3町)
  • 南砂地区(6町)

都市核[編集]

江東区では、区が主要と位置づける地域を都市核として指定している。区の長期基本計画によると、都市核と指定された地域は以下の6つである。

区役所があり、区行政の中心地。東陽町駅は東京地下鉄の単独駅としては乗降客数が最大。日本を代表するオフィス街である大手町までは電車で10分以内と好立地なため住宅街が多く点在している一方、有力企業の事務所も多く、ビジネス街としての一面を持つ。ホテルや飲食店の入るイースト21などがある。
区北部の中心地。都からも「亀戸・錦糸町副都心」として副都心に指定されている。亀戸駅周辺などは賑やかな雰囲気であり、セイコーインスツルの本社跡地が再開発されたサンストリート亀戸などがある。亀戸天神船橋屋も有名で古くから栄えており、江東区内で最も古く市街地化された地域の一つ。東武亀戸線の始発駅でもあり、LRT(下の交通を参照)計画の始発駅予定地でもある。
区西部の中心地。古くから栄える街で富岡八幡宮、深川不動など神社仏閣が多い。「深川」というと門前仲町界隈を連想しやすい。大きな商業施設はないが、商店街も非常に栄えている。東西線、大江戸線が通り、東西線においては大手町から3駅である。
区東部の中心地、住宅地・商業地。現在は再開発が進められており、「トピレックプラザ」や「SUNAMO」(スナモ)といった複合商業施設があり、区内で最も充実した地域の一つである。その一方で、親水公園などをはじめとして緑も多く、住環境が良いとされ近年人口が急増。区立図書館の中央館や、順天堂高齢者医療センターがある。LRTの主要駅設置予定地でもある。
有明青海など、通称お台場」と呼ばれる場所のほとんどは江東区(港区台場、品川区東八潮などもある)である。観光地・ビジネス街として栄える。パレットタウン日本未来科学館などは有名。
区南部の中心地。以前、造船場などの工業地帯として栄えた場所。現在は開発が進んでおり、人口が爆発的に増加。高層マンション・高層ビルなどが多い。IHINTTデータ日本ユニシスの本社および芝浦工業大学の本部キャンパスが所在し、複合商業施設である「ららぽーと豊洲」がある。築地市場移転が計画されており(土壌汚染が判明して若干減速気味)、湾岸注目のエリアの一つである。

ナンバープレート[編集]

江東区は、足立ナンバー(東京運輸支局)を割り当てられており、『23区東部』の地域と一致する。

足立ナンバー割り当て地域
  • 台東区・江東区・墨田区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区[1]

エリア放送[編集]

地上一般放送局の免許を受け36chにより区内の6ヶ所でワンセグエリア放送を実施 [2] している。

区政[編集]

区長[編集]

  • 山崎孝明 2007年(平成19年)4月27日就任

区議会[編集]

  • 区議会議長:星野博
  • 区議会議員定数:44

行政機構[編集]

  • 区職員数:3012人(2006年(平成18年)4月1日)

財政[編集]

平成20年度当初予算規模

  • 総額:2160億2200万円
    • 一般会計:1394億1200万円
    • 国民健康保険会計:480億7800万円
    • 老人保険会計:29億1600万円
    • 介護保険会計:198億6100万円
    • 後期高齢者医療会計:57億5500万円

区の施設[編集]

本庁舎[編集]

  • 江東区役所本庁舎
東陽4-11-28

出張所[編集]

  • 亀戸出張所
亀戸2-19-1
  • 豊洲出張所
豊洲5-5-1-101
  • 白河出張所
白河1-3-28
  • 富岡出張所
富岡1-16-12
  • 小松橋出張所
扇橋2-1-5
  • 大島出張所
大島4-5-1
  • 砂町出張所
北砂4-7-3
  • 南砂出張所
南砂6-8-3

文化センター[編集]

  • 江東区文化センタ-
    • 東陽4-11-3
  • 亀戸文化センタ-
    • 亀戸2-19-1
  • 東大島文化センタ-
    • 大島8-33-9
  • 豊洲文化センタ-
    • 豊洲2-2-18
  • 砂町文化センタ-
    • 北砂5-1-7
  • 森下文化センタ-
    • 森下3-12-17
  • 古石場文化センター
    • 古石場2-13-2

姉妹都市・友好都市[編集]

公共機関[編集]

消防[編集]

  • 第七消防方面本部(森下五丁目)※深川消防署森下出張所併設
    • 深川消防署(木場三丁目)消防活動二輪車・救急隊1・無人走行放水車(レインボー5)・特別救助隊・はしご隊
      • 有明分署(有明三丁目)救急隊1
      • 永代出張所(永代二丁目)救急隊無
      • 枝川出張所(枝川三丁目)救急隊無
      • 豊洲出張所(豊洲二丁目)特別消火中隊・救急隊1・大型化学車・屈折放水塔車
      • 森下出張所(森下五丁目)救急隊1
    • 城東消防署(亀戸六丁目)特別救助隊・救急隊1・はしご隊・補給隊
      • 東砂出張所(東砂七丁目)救急隊1
      • 大島出張所(大島五丁目)救急隊1 化学機動中隊
      • 砂町出張所(北砂四丁目)特別消火中隊・救急隊1
  • 航空隊 江東航空センター

警察[編集]

  • 城東警察署
    • 天神橋交番(亀戸三丁目)
    • 亀戸駅前交番(亀戸一丁目)
    • 亀戸交番(亀戸九丁目)
    • 大島交番(大島六丁目)
    • 日曹橋交番(南砂二丁目)
    • 葛西橋西交番(東砂五丁目)
    • 砂町交番(北砂四丁目)
    • 進開橋交番(大島四丁目)
    • 元八幡交番(南砂七丁目)
    • 北砂五丁目交番(北砂五丁目)
    • 番所橋交番(東砂二丁目)
    • 東大島駅前交番(大島九丁目)
    • 水神森地域安全センター(亀戸四丁目)
  • 深川警察署
    • 森下交番(森下三丁目)
    • 住吉交番(住吉二丁目)
    • 東陽交番(東陽三丁目)
    • 門前仲町交番(門前仲町一丁目)
    • 千田交番(千田)
    • 豊洲交番(豊洲二丁目)
    • 白河交番(白河三丁目)
    • 枝川交番(枝川一丁目)
    • 清澄庭園前交番(清澄三丁目)
    • 永代橋地域安全センター(佐賀一丁目)
    • 浜園橋地域安全センター(塩浜一丁目)
  • 東京湾岸警察署2008年(平成20年)3月31日開署)
    • 都橋交番(東雲一丁目)※ 深川警察署より管轄変更
    • 辰巳交番(辰巳一丁目)※ 深川警察署より管轄変更
    • 新木場駅前交番(新木場一丁目)※城東警察署より管轄変更
    • 新木場地域安全センター(新木場一丁目)※城東警察署より管轄変更

税務署[編集]

  • 江東西税務署(深川地区管轄)
  • 江東東税務署(城東地区管轄)

病院[編集]

その他[編集]

水道[編集]

清掃工場[編集]

  • 新江東清掃工場
  • 有明清掃工場

交通[編集]

鉄道[編集]

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
総武線(緩行)
京葉線
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局(都営地下鉄)
Subway TokyoOedo.png大江戸線 (E)
Subway TokyoShinjuku.png新宿線 (S)
Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
Subway TokyoTozai.png東西線 (T)
Subway TokyoYurakucho.png有楽町線 (Y)
Subway TokyoHanzomon.png半蔵門線 (Z)
Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
亀戸線
Yurikamome logo.pngゆりかもめ
東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ:U)
東京臨海高速鉄道ロゴマーク.png東京臨海高速鉄道 (TWR)
りんかい線
一般利用不可路線

江東区では亀戸 - 新木場間にLRTを運行する構想があった。これは亀戸駅 - 南砂町駅を高架とし、以南は明治通り沿いの都有地などに線路を敷くとするプランと、亀戸 - 南砂付近までは総武本線(越中島支線・上記参照)を使用し、以南は同じく明治通り沿いの都有地などに線路を敷くという2つのプランで計画された。しかし、収支の見通しが明るくないこと、および新木場駅付近での国道357号との平面交差の問題など、課題が多く見られたため、2003年(平成15年)12月に「長期的構想」として位置づけられることになり、現在は棚上げ状態にある。

バス[編集]

コミュニティバス「しおかぜ」
都営バス・江東区PRラッピングバス
東京ベイシャトル
kmフラワーバス

道路[編集]

海上[編集]

ヘリコプター[編集]

名所・旧跡・文化・スポーツ施設[編集]

深川不動尊
富岡八幡宮
猿江恩賜公園
亀戸天神・拝殿
亀戸天神・鳥居

神社[編集]

神社名 所在地
石井神社 亀戸四丁目
亀高神社 北砂四丁目
天祖神社 東砂四丁目
稲荷神社 東砂二丁目
稲荷神社 東砂三丁目
稲荷神社 東砂五丁目
治兵衛稲荷神社 北砂三丁目
志演神社 北砂二丁目
稲荷神社 東砂二丁目
洲崎神社 木場六丁目
富岡八幡宮 富岡一丁目
三穂道別稲荷神社 清澄二丁目
深川稲荷神社 清澄二丁目
稲荷神社 佐賀二丁目
日先神社 猿江一丁目
猿江神社 猿江二丁目
御嶽神社 亀戸三丁目
浅間神社 亀戸九丁目
水神社 亀戸四丁目
稲荷神社 大島三丁目
香取神社 亀戸三丁目
天祖神社 東砂六丁目
宇迦八幡宮 千田二丁目
亀戸天神社 亀戸三丁目
稲荷神社 牡丹一丁目
富賀岡八幡宮 南砂七丁目
深川神明宮 森下一丁目
天祖神社 亀戸三丁目
正木稲荷神社 常磐一丁目
東大島神社 大島七丁目
愛宕神社 大島三丁目
大島稲荷神社 大島五丁目
愛宕神社 大島二丁目

寺院[編集]

公園[編集]

博物館・美術館[編集]

パナソニックセンター東京

図書館[編集]

江東区により、以下の図書館が運営されている。図書館業務の一部は、民間へ委託されている。

江東図書館(中央館)
  • 江東図書館(南砂六丁目)
  • 深川図書館(清澄三丁目)
  • 砂町図書館(北砂五丁目)
  • 東陽図書館(東陽二丁目)
  • 豊洲図書館(豊洲二丁目)
  • 東雲図書館(東雲二丁目)
  • 古石場図書館(古石場二丁目)
  • 城東図書館(大島四丁目)
  • 亀戸図書館(亀戸七丁目)
  • 東大島図書館(大島九丁目)
  • 白河こどもとしょかん(白河四丁目)

コンベンションセンター・ホール[編集]

東京ビッグサイト(東京国際展示場)

スポーツ施設[編集]

メディア[編集]

フジテレビ湾岸スタジオ)

複合商業施設[編集]

豊洲公園とららぽーと豊洲
パレットタウン
豊洲
臨海副都心
東陽
亀戸
南砂
新砂
  • 南砂町ショッピングセンターSUNAMO(以下代表する大型店舗)
    • イオン食品館(新業態店舗)(食品スーパー)
    • ドゥ・スポーツ(スポーツクラブ)
    • カインズホーム(ホームセンター)
    • コジマ(大型家電)
    • フタバ図書(複合図書)
    • スポーツデポ(スポーツ用品)
    • アドアーズ・キドキド・ラジコン天国(アミューズメント)
    • 他に、24の飲食店・61の物販店・13のサービス店など計105店
北砂
木場

教育[編集]

大学[編集]

武蔵野大学有明キャンパス

専修学校[編集]

高等学校[編集]

高等学校名 設立区分 郵便番号 住所
城東高等学校 都立 〒136-0072 大島3-22-1
深川高等学校 都立 〒135-0016 東陽5-32-19
大江戸高等学校 都立 〒135-0015 千石3-2-11
東高等学校 都立 〒136-0074 東砂7-19-24
科学技術高等学校 都立 〒136-0072 大島1-2-31
江東商業高等学校 都立 〒136-0071 亀戸4-50-1
墨田工業高等学校 都立 〒135-0004 森下5-1-7
第三商業高等学校 都立 〒135-0044 越中島3-3-1
中村中学校・高等学校 私立 〒135-8404 清澄2-3-15
かえつ有明中学校・高等学校 私立 〒135-8711 東雲2-16-1
中央学院大学中央高等学校 私立 〒136-0071 亀戸7-65-12

中学校[編集]

中学校名 設立区分 郵便番号 住所
深川第一中学校 区立 〒135-0004 森下4-9-22
深川第二中学校 区立 〒135-0041 冬木22-10
深川第三中学校 区立 〒135-0044 越中島3-7-1
深川第四中学校 区立 〒135-0015 千石1-12-12
深川第五中学校 区立 〒135-0061 豊洲4-11-18
深川第六中学校 区立 〒135-0023 平野3-6-13
深川第七中学校 区立 〒135-0001 毛利1-14-1
深川第八中学校 区立 〒135-0043 塩浜2-21-14
有明中学校 区立 〒135-0063 有明2-10-1
辰巳中学校 区立 〒135-0053 辰巳1-10-57
東陽中学校 区立 〒135-0016 東陽2-1-8
亀戸中学校 区立 〒136-0071 亀戸9-2-2
第二亀戸中学校 区立 〒136-0071 亀戸4-51-1
第三亀戸中学校 区立 〒136-0071 亀戸1-12-10
大島中学校 区立 〒136-0072 大島8-12-22
第二大島中学校 区立 〒136-0072 大島3-27-18
大島西中学校 区立 〒136-0072 大島4-1-23
砂町中学校 区立 〒136-0073 北砂6-16-28
第二砂町中学校 区立 〒136-0074 東砂8-10-9
第三砂町中学校 区立 〒136-0076 南砂3-10-3
第四砂町中学校 区立 〒136-0073 北砂5-20-17
南砂中学校 区立 〒136-0076 南砂2-3-20
第二南砂中学校 区立 〒136-0076 南砂1-2-18

※中高一貫校は高校に記す

小学校[編集]

小学校名 設立区分 郵便番号 住所
明治小学校 区立 135-0033 深川2-17-26
深川小学校 区立 135-0005 高橋14-10
八名川小学校 区立 135-0007 新大橋3-1-15
臨海小学校 区立 135-0048 門前仲町1-1-6
越中島小学校 区立 135-0044 越中島3-6-38
数矢小学校 区立 135-0047 富岡1-18-7
平久小学校 区立 135-0042 木場1-2-2
東陽小学校 区立 135-0016 東陽3-27-12
南陽小学校 区立 135-0016 東陽2-1-20
川南小学校 区立 135-0015 千石2-9-12
扇橋小学校 区立 135-0014 石島18-5
元加賀小学校 区立 135-0021 白河4-3-19
毛利小学校 区立 135-0001 毛利2-2-2
東川小学校 区立 135-0002 住吉1-12-2
豊洲小学校 区立 135-0061 豊洲4-4-4
豊洲北小学校 区立 135-0061 豊洲3-6-1
東雲小学校 区立 135-0062 東雲2-4-11
有明小学校 区立 135-0063 有明2-10-1
枝川小学校 区立 135-0051 枝川3-5-3
辰巳小学校 区立 135-0053 辰巳1-11-1
第二辰巳小学校 区立 135-0053 辰巳1-1-22
第一亀戸小学校 区立 136-0071 亀戸2-5-7
第二亀戸小学校 区立 136-0071 亀戸6-36-1
香取小学校 区立 136-0071 亀戸4-26-22
浅間竪川小学校 区立 136-0071 亀戸9-22-4
水神小学校 区立 136-0071 亀戸5-22-22
第一大島小学校 区立 136-0072 大島2-41-4
第二大島小学校 区立 136-0072 大島3-16-2
第三大島小学校 区立 136-0072 大島9-5-3
第四大島小学校 区立 136-0072 大島6-7-8
第五大島小学校 区立 136-0072 大島8-40-13
大島南央小学校 区立 136-0072 大島1-20-20
砂町小学校 区立 136-0073 北砂4-13-23
第二砂町小学校 区立 136-0074 東砂7-17-30
第三砂町小学校 区立 136-0076 南砂6-3-13
第四砂町小学校 区立 136-0076 南砂2-13-18
第五砂町小学校 区立 136-0074 東砂8-11-5
第六砂町小学校 区立 136-0073 北砂6-26-6
第七砂町小学校 区立 136-0074 東砂3-21-5
小名木川小学校 区立 136-0073 北砂5-22-10
東砂小学校 区立 136-0074 東砂2-12-14
北砂小学校 区立 136-0073 北砂1-3-36
南砂小学校 区立 136-0076 南砂2-3-21
亀高小学校 区立 136-0073 北砂5-20-16

幼稚園[編集]

区立幼稚園[編集]

  • 平久幼稚園
  • 南陽幼稚園
  • 川南幼稚園
  • つばめ幼稚園
  • 元加賀幼稚園
  • 豊洲幼稚園
  • 枝川幼稚園
  • 辰巳幼稚園
  • ちどり幼稚園
  • ひばり幼稚園
  • 第一亀戸幼稚園
  • 第二亀戸幼稚園
  • 大島幼稚園
  • 第三大島幼稚園
  • もみじ幼稚園
  • 第五砂町幼稚園
  • 東砂幼稚園
  • なでしこ幼稚園
  • 小名木川幼稚園
  • みどり幼稚園

特別支援学校[編集]

  • 東京都立江東特別支援学校
  • 東京都立墨東特別支援学校
  • 東京都立大塚ろう学校江東分教室

インターナショナル・スクール[編集]

教育関連施設[編集]

職業訓練[編集]

主な企業・団体[編集]

NTTデータの本社である豊洲センタービル(左側)と豊洲センタービルアネックス(右側)

高層施設[編集]

東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート

スポーツチーム[編集]

住宅団地[編集]

  • UR東雲キャナルコート 東雲キャナルコートCODAN
  • 豊洲四丁目団地
  • みどり団地
  • 都営白髭団地(東京都建築局、東京都)、防災拠点、1983年
  • 都営東砂団地
  • 南砂町グリーンハイツ
  • 都営住宅南砂
  • JKK南砂団地(東京都住宅供給公社、東京都、1972年)
  • 都営深川千石町アパート(千石 2-11、1966 - 1967年)
  • UR深川佐賀町団地(佐賀 市街地住宅 賃貸134 1963年 現存 譲渡返還)
  • UR北砂五丁目団地 (旧日本住宅公団、野生司建築設計事務所、面開発、1976年)
  • 北砂七丁目団地
  • UR木場公園三好住宅 (旧日本住宅公団、坂倉建築研究所、1982年)
  • 都営越中島三丁目アパート(越中島 3-2、1968年)
  • 都営塩浜一丁目第2アパート(塩浜 1-3、1978 - 1981年)
  • 都営塩浜一丁目アパート(塩浜 1-5、1969 - 1970年)
  • 都営塩浜二丁目アパート(塩浜 2-10、1967年)
  • 都営塩浜二丁目第4アパート(塩浜 2-26、1994年)
  • 都営塩浜二丁目第2アパート(塩浜 2-5、1971年)
  • 都営牡丹町アパート(牡丹 2-2、1964 - 1969年)
  • 都営亀戸第2アパート(亀戸 2-11、1961年)
  • 都営亀戸六丁目アパート(亀戸 6-54、1966年)
  • 都営亀戸七丁目第2アパート(亀戸 7-40、1975年)
  • 都営亀戸七丁目第3アパート(亀戸 7-42、1988年)
  • 都営亀戸七丁目アパート(亀戸 7-56、1967 - 1972年)
  • 都営亀戸八丁目アパート(亀戸 8-4、1972年)
  • 都営亀戸九丁目アパート(亀戸 9-33、1978年)
  • UR亀戸一丁目団地(亀戸 市街地住宅 賃貸32 1960年 現存 譲渡返還)
  • 亀戸二丁目団地
  • UR亀戸六丁目団地(亀戸 市街地住宅 賃貸9 1958年 現存譲渡)
  • UR亀戸西団地
  • 都営枝川一丁目第3アパート(枝川 1-10、1999年)
  • 都営枝川一丁目アパート(枝川 1-5、1972年)
  • 都営枝川一丁目第2アパート(枝川 1-9、1988 - 1993年)
  • 都営枝川三丁目アパート(枝川 3-4、1974年)
  • 都営新砂三丁目アパート(新砂 -3、1999年)
  • 都営高橋アパート(森下 3-10、1957年)
  • 都営森下三丁目アパート(森下 3-13、1978年)
  • 都営千石一丁目第2アパート(千石 1-7、1996年)
  • 都営千石一丁目アパート(千石 1-9、1968年)
  • 都営千石二丁目アパート(千石 2-3、1994年)
  • 都営千田第2アパート(千田 21-10、1995年)
  • 都営千田アパート(千田 22-16、1995年)
  • 都営扇橋三丁目アパート(扇橋 3-20、1977年)
  • 新大橋団地(新大橋 市街地住宅 賃貸70 1963年 現存 譲渡返還)
  • URシティコート大島 (江東区)
  • UR大島団地(大島、賃貸360 分譲320 1957年)
  • 大島四丁目団地(大島、旧日本住宅公団、市浦建築設計事務所、面開発、ツインコリダー、1969年)
  • 大島六丁目団地
  • 大島七丁目団地
  • 都営大島四丁目アパート(大島 4-21、1975 - 1980年)
  • 都営大島五丁目第2アパート(大島 5-17、1967 - 1981年)
  • 都営大島五丁目第4アパート(大島 5-12、1987年)
  • 都営大島五丁目アパート(大島 5-53、1966 - 1968年)
  • 都営大島六丁目アパート(大島 6-3、1967 - 1969年)
  • 都営大島八丁目第3アパート(大島 8-12、1971年)
  • 都営大島八丁目第2アパート(大島 8-21、1970 - 1977 年)
  • 都営大島八丁目アパート(大島 8-42、1967年)
  • 都営大島九丁目第2アパート(大島 9-6、2006年)
  • 都営大島九丁目アパート(大島 9-7、1987 - 1998 年)
  • 都営辰巳団地
  • 都営辰巳一丁目アパート(辰巳 1-2、1967 - 1969年)
  • 潮見一丁目アパート(都営住宅・都民住宅の合築、潮見 1-29、1997年)

主な出来事[編集]

著名な出身者[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

諸分野[編集]

ゆかりの人物[編集]

  • 三遊亭圓楽 (5代目) - 区内に寄席「若竹」を開くが、経営難から閉館。
  • 山本一力 - 作家。出身は高知県だが、現在江東区内に住み、お江戸深川を舞台とした数々の作品を発表している。
  • 田河水泡 - 漫画家。幼年期から青年期までを江東区で過ごし、死後遺族から遺品が区に提供された。
  • 大村正樹 - 現在、江東区東雲に住んでいる。
  • 富野由悠季 - 『機動戦士ガンダム』で有名なアニメ監督。一時期、江東区大島に在住。両親の出身地で自著によれば、「大島で富野といえばお大尽で通っていた」という。
  • 歌川広重 - 江戸時代後期の浮世絵師。「亀戸梅屋舗」などの作品がある。

江東区を舞台とする作品[編集]

小説
映画
  • 洲崎パラダイス赤信号 - 日活系。江東区洲崎が舞台。
  • 純愛物語 - 東映系。江東区高橋などを舞台にしている。
  • スペーストラベラーズ - 東宝系。台場と同じく振興開発地域ながら、未だ陸の孤島の景観溢れる江東区臨海部が舞台。
  • 学校III - 松竹系。江東区亀戸・大島が舞台。架空の江東区立職業学校も登場。まだ下町情緒を残す亀戸商店街が映った。
漫画ほか
  • 逮捕しちゃうぞ - 藤島康介の漫画作品。江東区の城東地区や墨田区の錦糸などを舞台としている。
  • 深川三代目 - 秋本治の漫画作品。深川にある材木店の下町っ娘が主人公。
  • するめいか - ルーツの漫画・自主制作Webアニメ作品。亀戸が舞台で女子高生4人が主人公のシュールギャグ。
  • 東のエデン - 主人公が買い取った東京での住居が、ららぽーと豊洲という設定。ユナイテッドシネマズのレストラン2階が居間となっている。そのほか、豊洲周辺が舞台として描かれている。
  • 恋と選挙とチョコレート - spriteが製作したアダルトゲーム。メインヒロインの名前が江東区の地名からとっており、ゲーム内では錦糸町駅・大島駅・木場公園などが登場する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光