東京湾岸警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京臨海副都心 > 青海 (江東区) > 東京湾岸警察署
Asahikage.svg 東京湾岸警察署
Tokyo Wangan Police Station Japanese Map symbol (Police station).svg
Tokyo Wangan Police Station.jpg
都道府県警察 警視庁
管轄区域 港区
 台場
 港南の一部
品川区
 東品川の一部
 東八潮
 八潮の一部
大田区
 城南島
 東海の一部
江東区
 青海
 有明東雲辰巳
 新木場若洲夢の島
所属区未定埋立地
 中央防波堤周辺埋立地
課数 7
交番数 13
(うち水上派出所5、地域安全センター2)
所在地 135-0064
東京都江東区青海二丁目7番1号
位置 北緯35度37分6.8秒
東経139度46分28.6秒
座標: 北緯35度37分6.8秒 東経139度46分28.6秒
外部リンク 東京湾岸警察署
テンプレートを表示

東京湾岸警察署(とうきょうわんがんけいさつしょ、Tokyo Wangan Police Station)は、東京都江東区青海臨海副都心)にある警視庁警察署第一方面本部所属[1][2]。前身は東京水上警察署。識別章所属表示はMQ。

概要[編集]

東京23区内では最も広い面積を約370人体制で管轄する中規模署である。署長は警視。管内には第七方面交通機動隊(七交機)本部や警視庁航空隊も存在する。

また、警視庁で唯一、水上を担当している舟艇課を「水上安全課」と改称して、東京水上署から引き継いだ。湾岸地区は超高層マンションなどの建設ラッシュによる住民増加が顕著である。庁舎は地上9階・地下1階・延床面積約1万7,000平方メートルの鉄骨鉄筋コンクリート構造で、東京水上署(港区港南五丁目)から海を挟んで約2km南東の江東区青海二丁目(船の科学館の南側で東京港湾合同庁舎との間)に建設が進められ、2008年(平成20年)2月に完成した。総工費は約60億円である。

警視庁管轄の警察署の中では最大の192人を収容できる大規模な留置場や、一時的に留置人を隔離する「留置保護室」も6室が整備された。通常は1室のみ整備されることを考えると、その充実ぶりが分かる。さらに、整備があまり進んでいない女子専用留置場も整備されているため、整備されていない他署から女性被疑者が移送されることも多いようである。2009年(平成21年)8月8日覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子が留置されたことにより、釈放まで1箇月間は報道されることが多かった。

また、建物内には独身寮が、屋上には船舶の航行を見張るために東京港全体を見渡すことのできるガラス張りの監視台が設置されている。加えて、庁舎正面の外壁には発光ダイオードで警視庁のマスコットピーポくん」と「Tokyo Wangan」の青い文字がそれぞれ浮かび上がるなど、観光地ならではの設備が整えられている。ちなみに、ピーポくんが外壁に取り付けられるのは、警視庁管轄の警察署では初めてである。なお、旧東京水上署の庁舎は東京湾岸署開署後も「東京湾岸警察署別館」となり、水上安全課が引き続き使用している。

名称[編集]

名称については、付近を首都高速湾岸線が通っており認知度も高く、警視庁がアンケートを行った結果、用意した複数の案の中で地元住民から圧倒的な支持(地元住民の希望はほとんどが湾岸署だった[3])があったことなどにより「東京湾岸警察署」に決定した[4]。警視庁ではテレビドラマとの関連性を否定しているものの、観光客が庁舎をカメラで撮影するなど、新たな観光スポットとして注目を集めている。ただし、あくまで立地地域と名称のみがドラマと連関しているだけであり、庁舎が劇中でロケに使用されたりはしていない。

交通[編集]

施設[編集]

  • 代用刑事施設(男女。同一建物内に警視庁本部留置施設東京湾岸分室として併設されている)

管轄区域[編集]

陸上面[編集]

  • 江東区(有明・東雲・辰巳は深川警察署から、新木場・若洲・夢の島は城東警察署から移管された区域)
    • 青海一・二・三・四丁目(全域)
    • 有明一・二・三・四丁目(全域)
    • 東雲一・二丁目(全域)
    • 辰巳一・二・三丁目(全域)
    • 新木場一・二・三・四丁目(全域)
    • 若洲一・二・三丁目(全域)
    • 夢の島一・二・三丁目(全域)

水上面[編集]

東京湾岸警察署別館(旧 東京水上警察署)

歴史[編集]

台場」などをはじめとする東京湾岸地区の急速な発展に伴い、2005年度の東京都予算案[5]に「臨港警察署」(仮称)の設置経費が盛り込まれた。この施策については、東京都の治安強化策の一環として2004年(平成16年)2月25日の東京都知事施政方針表明[6]でも触れられ、当時から「湾岸署」という愛称で呼ばれるのではないかと話題となった[7]

その後2005年(平成17年)6月に庁舎建設契約が東京都議会で議決され[8]東京水上警察署を廃して周辺所轄である深川警察署城東警察署三田警察署愛宕警察署大井警察署大森警察署高輪警察署などの管轄を調整・機能強化する形で新設を決定、警視庁では1998年(平成10年)の竹の塚警察署以来、10年ぶりの新設署である。

沿革[編集]

組織[編集]

  • 警務課
  • 交通課
  • 警備課
  • 地域課
  • 刑事組織犯罪対策課
  • 生活安全課
  • 水上安全課

交番[編集]

  • 第五台場交番(品川区東品川五丁目8番4号)
    • 水上署より引き継ぐ
  • 大田市場前交番(大田区東海三丁目2番1号)
    • 水上署より引き継ぐ
  • お台場海浜公園駅前交番(港区台場一丁目5番2号)
    • 水上署より引き継ぐ
  • 都橋交番(江東区東雲一丁目7番45号)
    • 深川署より引き継ぐ
  • 辰巳交番(江東区辰巳一丁目9番25号)
    • 深川署より引き継ぐ
  • 新木場駅前交番(江東区新木場一丁目5番11号)
    • 城東署より引き継ぐ

地域安全センター[編集]

廃止された交番を活用して、日中は民間人の「安全サポーター」が詰める地域安全活動の拠点である。

  • 大井埠頭地域安全センター(品川区八潮三丁目3番9号)
    • 水上署より引き継ぐ
  • 新木場地域安全センター(江東区新木場一丁目12番1号)
    • 城東署より引き継ぐ

水上派出所[編集]

羽田水上派出所の警備艇「だいば」

東京湾岸署は、水上での警察活動の拠点として水上署から引き継がれた水上派出所がある。


警備艇[編集]

「ひめゆり」

東京湾岸署は水上を担当する「水上安全課」があり、旧東京水上署の舟艇課から警備艇(正式名称は「警察用船舶」)を引き継いだ。現在は25隻の警備艇を保有している。

  • 8m型警備艇 - すいせん、ひめゆり、わかちどりなど15隻
  • 12m型警備艇 - あさしお、しおかぜなど9隻
  • 20m型警備艇 - ふじ

一日署長などの任命[編集]

春の交通安全週間の時期に著名人が一日署長などに任命され、広報活動に寄与している。

  • 2008年(平成20年)4月6日 - テレビドラマ『踊る大捜査線』で署長・神田役を演じている由縁から北村総一朗が一日署長に任命され、春の交通安全週間をテーマとしたパレードなどを実施する。
  • 2009年(平成21年)4月4日 - 舘ひろしが一日署長に任命され、春の交通安全週間をテーマとしたパレードなどを実施する。
  • 2010年(平成22年)4月3日 - テレビドラマ『踊る大捜査線』の役柄(「スリーアミーゴス」)に因み、北村総一朗が一日署長に、斉藤暁が一日副署長に、小野武彦が一日刑事課長にそれぞれ任命され、春の交通安全週間をテーマとしたパレードなどを実施する。
  • 2013年(平成25年)3月31日 - テレビドラマ『踊る大捜査線』で警察庁長官官房審議官・室井慎次役を演じている由縁から柳葉敏郎が一日署長に任命され、春の交通安全週間をテーマとしたパレードなどを実施する。

架空の作品との関わりについてのエピソード[編集]

踊る大捜査線[編集]

テレビドラマ『踊る大捜査線』の舞台となる架空の警察署「湾岸警察署」のイメージが東京湾岸地区に定着していることが、名称決定に影響したとされている。

「踊る大捜査線」シリーズ・エグゼクティブプロデューサーの亀山千広によれば、本署の開署に当たって、警視庁から総務を通して「名前は「東京湾岸署」で行きたいけどどうだろうか」と打診があった。テレビドラマは既に終了していたが、亀山は「僕らは映画(版)を終わらせるつもりはないので、『湾岸署』という名称が使えなくなったら困ります」と返した。2004年和久平八郎役のいかりや長介が死去してから、亀山ら制作者はもう次回作はないと考えていたが、このやりとりがきっかけで映画の新作を作ることになったという[9]

2008年3月31日の開署式では「踊る大捜査線」主演の織田裕二から、『「湾岸署」刑事課強行犯係 巡査部長 青島俊作こと、俳優 織田裕二』という名義で祝電が寄せられた[10]。また、祝電と連動する形で映画の続編「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」の制作決定を発表した。これは湾岸地区に現実の「(東京)湾岸署」が設置が決定したことがきっかけ(フジテレビ発表)となっており、亀山は「冒頭は新湾岸署への引っ越しシーンから始まる」と発言している。2009年クランクイン、2010年公開。ちなみにエンドロールには東京湾岸署が開署したこと、東京湾岸署が当該映画作品とは関係がない旨の表示がある。劇中での設定も2010年に移転したことになっている。公開翌週の4月6日から始まった全国交通安全運動の際は、同じく神田署長役で出演の北村総一朗が一日署長を務めた。

ドラマにおける湾岸署の外観・エントランスは潮見コヤマビル(後に潮見GATE SQUAREに改称)、THE MOVIE 3以降のシリーズに出てくる新湾岸署の外観・エントランスは東京湾岸警察署と隣接しているthe SOHOが撮影に使われている。THE MOVIE 3の製作が決定した当初、新湾岸署の外観の撮影をしたいと東京湾岸警察署へ申請をしたが却下された[要出典]ため、撮影場所が隣接するthe SOHOに変更された。

安積班シリーズ[編集]

小説「安積班シリーズ」に登場する架空の警察署「東京湾臨海警察署(ベイエリア分署・湾岸分署)」の所在地は東京都江東区青海2丁目とされ、東京湾岸署の所在地と同じである。なお、「臨海署」の呼称は実際に名称候補の一つとされていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都公報(2008年3月6日付)
  2. ^ 所在する江東区は本来第7方面地域であるが、東京水上署を引き継いで設置されたため第1方面所属となっている
  3. ^ 織田裕二さんが祝電! 湾岸署が業務スタート - MSN産経ニュース(2008年3月31日付)
  4. ^ 平成19年東京都議会警察・消防委員会速記録第六号 - 東京都
  5. ^ 平成16年度東京都予算案の概要について - 東京都
  6. ^ 平成16年第一回都議会定例会知事施政方針表明 - 東京都
  7. ^ 慎太郎が『湾岸署』の設置をマジメに検討中 - ZAKZAK(2004年2月26日付)
  8. ^ 平成17年東京都議会警察・消防委員会速記録第六号 - 東京都
  9. ^ 』2010年7月号 亀山千広(インタビュー、インタビュアー非公開)「「踊る大捜査線」第3作目は、集大成でなく次のステージ」
  10. ^ 湾岸署ができたことに対して、警察の方から織田にコメントを求められたため、青島として祝電を出した模様。(笑っていいともでの本人談による。)

外部リンク[編集]