芝浦工業大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
芝浦工業大学
芝浦工業大学 豊洲キャンパス
芝浦工業大学 豊洲キャンパス
大学設置 1949年
創立 1927年
学校種別 私立
設置者 学校法人芝浦工業大学
本部所在地 東京都江東区豊洲3-7-5
キャンパス 豊洲(東京都江東区
大宮(さいたま市見沼区
芝浦(東京都港区
学部 工学部
システム理工学部
デザイン工学部
研究科 大学院理工学研究科
大学院工学マネジメント研究科
ウェブサイト 芝浦工業大学公式サイト
テンプレートを表示

芝浦工業大学(しばうらこうぎょうだいがく、英語: Shibaura Institute of Technology)は、東京都江東区豊洲3-7-5に本部を置く日本私立大学である。1949年に設置された。大学の略称芝浦工大(しばうらこうだい)芝浦(しばうら)。

芝浦キャンパス
芝浦キャンパス
大宮キャンパス
大宮キャンパス

概観[編集]

大学全体[編集]

古くは1927年有元史郎が東京大森に創設した東京高等工商学校[注釈 1]を前身に、現在の芝浦工業大学が創立されたのは1949年の学制改革の時である。現在は工学部、システム理工学部、デザイン工学部がある。


建学の理念[編集]

社会に学び、社会に貢献する技術者の育成

有元史郎芝浦工業大学 建学の精神

教育および研究[編集]

次のような理念に基づく実学教育を行っている。

現代文化の諸相を教材として活用し、社会的活動の意義を体得する

芝浦工業大学芝浦工業大学 ソーシャルメディアポリシー

沿革[編集]

略歴[編集]

1927年東京大森各種学校東京高等工商学校[注釈 2]として創立。太平洋戦争中の1943年には、交通の便が悪いという声が多く出たため、学校を大森から現在の芝浦に移転し、芝浦高等工学校に校名を改める。そして1944年専門学校の設置認可が降り、芝浦高等工学校を廃止し、芝浦工業専門学校を設置する。大戦後まもなくには、大学設置を目指し、千葉工業大学への統合案がでるが、両校の教育理念の違いから構想は幻に終わる。1949年の学制改革の際、新制大学芝浦工業大学を設置[注釈 3]するとともに、芝浦工業専門学校を廃止し、現在に至る。

年表[編集]

  • 1927年 有元史郎が荏原郡大森3-2に東京高等工商学校を創立
  • 1929年 商業学科を廃止し東京高等工学校と改称
  • 1930年 東京高等工学校付属普通部設置
  • 1943年 芝浦高等工学校と改称
  • 1944年 芝浦高等工学校を改編し芝浦工業専門学校設立
  • 1948年 芝浦高等学校(新制)設置
  • 1949年 芝浦工業大学を設置し、工学部機械工学科、土木学科を開設
  • 1950年 工学部に電気工学科を設置。芝浦工業短期大学を設置し、機械科、電気科を開設
  • 1953年 学校法人鉄道育英会を吸収合併、東京育英高等学校(定時制)の経営を継承
  • 1954年 工学部に建築学科、工業化学科を設置。芝浦高等学校を芝浦工業大学工業高等学校、東京育英高等学校を芝浦工業大学高等学校と校名変更。工業研究所設置
  • 1956年 工学部二部(5年制)を設置し、機械工学科、電気工学科を開設
  • 1959年 工学部一部に金属工学科、電子工学科を設置
  • 1962年 学校法人芝浦学園を学校法人芝浦工業大学と名称変更
  • 1963年 芝浦工業大学大学院工学研究科修士課程を設置、電気工学専攻、金属工学専攻、工業化学専攻を開設
  • 1965年 工学部一部に、機械工学第二学科、通信工学科、建築工学科、工業経営学科を増設
  • 1966年 埼玉県大宮市に大宮キャンパス開校
  • 1968年 大学紛争発生(~1971年
  • 1969年 芝浦工大事件
  • 1970年 工学研究所発足
  • 1975年 工業高等学校を芝浦工業大学付属第一高等学校と校名変更
  • 1976年 大学院工学研究科修士課程に、機械工学専攻、建設工学専攻を設置
  • 1980年 芝浦工業大学柏高等学校開設
  • 1982年 東京都板橋区に芝浦工業大学高等学校を移転し、中学校設置
  • 1983年 芝浦工業短期大学廃止
  • 1984年 芝浦工業大学付属第一高等学校廃止
  • 1987年 教育・研究センター発足
  • 1991年 システム工学部を設置。電子情報システム学科、機械制御システム学科、環境システム学科を開設。「ニュートンの林檎の木」を植樹
  • 1995年 大学院工学研究科博士(後期)課程を設置、地域環境システム専攻、機能制御システム専攻を開設。工学部二部電気設備学科を開設
  • 1996年 大学及び大学院の金属工学の名称を、材料工学に変更
  • 1997年 先端工学研究機構を設置。工学研究所、工学・教育センター廃止。創立70周年。会津高原高杖セミナーハウス開設
  • 1998年 中学・高等学校猪苗代合宿教育センター開設
  • 1999年 芝浦工業大学柏中学校開設
  • 2001年 工業化学科を応用化学科に、工業経営学科を情報工学科に、工業化学専攻を応用化学専攻に名称変更
  • 2003年 専門職大学院工学マネジメント研究科専門職学位課程を設置。工学マネジメント専攻を開設
  • 2004年 電気工学専攻を電気電子情報工学専攻に名称変更
  • 2006年 東京都江東区に豊洲キャンパスを開設
  • 2007年 創立80周年。有元記念留学支援基金設立
  • 2008年 システム工学部に生命科学科を設置。SIT総合研究所を設置
  • 2009年 旧芝浦キャンパス跡地に芝浦キャンパスを開校。芝浦キャンパスにデザイン工学部を開設。工学部機械工学第二学科を機械機能工学科に名称変更。システム工学部をシステム理工学部に名称変更。システム理工学部に数理科学科を開設
  • 2011年 大学院工学研究科を大学院理工学研究科に改称。修士課程システム理工学専攻を開設。「SIT総合研究所 佃イノベーションスクエア」を開設

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 豊洲キャンパス(東京都江東区豊洲3-7-5)
  • 大宮キャンパス(さいたま市見沼区深作307)
  • 芝浦キャンパス(東京都港区芝浦3-9-14)

象徴[編集]

校章[編集]

校歌[編集]

北原白秋作詞、山田耕筰作曲。有元史郎が北原白秋に作詞を依頼し、1941年に完成した。北原白秋が作詞したのは東京高等工学校のもので、現在は学校名を変えて歌われている。

カラオケのDAMの一部機種[1]で歌うことが可能である。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

大学院[編集]

  • 大学院理工学研究科(修士課程
    • 電気電子情報工学専攻
    • 材料工学専攻
    • 応用化学専攻
    • 機械工学専攻
    • 建設工学専攻
    • システム理工学専攻
  • 大学院理工学研究科(博士課程
    • 地域環境 システム専攻
    • 機能制御 システム専攻
  • 大学院工学マネジメント研究科(専門職学位課程
    • 工学マネジメント専攻

附属機関[編集]

  • 研究機関
    • SIT総合研究所
      • バイオトランスポート研究センター
      • ライフサポートテクノロジー研究センター
      • 環境微生物生態工学国際交流センター
      • ポータブル強磁場マグネットセンター
      • フレキシブル実装工学研究センター
      • レアメタルバイオリサーチセンター
      • 建築ストック研究センター
      • ソフトウェア開発技術教育研究センター
      • 脳科学ライフテクノロジー寄附研究センター
      • 佃イノベーションスクエア
  • 学術情報センター
  • 教育イノベーション推進センター
  • 図書館
    • 豊洲キャンパス図書館
    • 大宮キャンパス図書館
    • 芝浦キャンパス図書館

学生生活[編集]

  • 芝浦工業大学には学生上部団体の「工学部学生会」通称:学生会と「システム工学部学生自治会」通称:シス自が存在する。
  • 芝浦工業大学には文化系サークル連合の芝浦工業大学文化会がある。
  • 芝浦工業大学には体育会サークル連合の芝浦工業大学体育会がある。
  • 芝浦工業大学には大学生活協同組合がある。

学園祭[編集]

学園祭は11月に豊洲キャンパスで開催される「芝浦祭」と、5月に大宮キャンパスで開催される「大宮祭」がある。

サークル[編集]


大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 芝浦工業大学の事業団体として、エスアイテックと称する会社が存在する。
  • 芝浦工業大学の同窓会は、芝浦工業大学校友会と称する。
  • 芝浦工業大学には、芝浦工業大学後援会と称する保護者組織がある。
  • 芝浦工業大学の教職員組合は存在する。

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

豊洲キャンパス[編集]

2006年に開設されたキャンパス。豊洲キャンパスは、30万平方メートルの敷地面積がある。キャンパス内の大学生協や学食では、Suica及びPASMOでの支払いが可能である。凱旋門のような形をした研究棟、教室棟、交流棟の3つの建物があり、それらは渡り廊下で結ばれている。それぞれの建物は免震構造を持ち、渡り廊下は伸縮できるものとなっている[5]。また、冷暖房システムはIHI本社ビルから供給を受けている[6]

キャンパス開設にあたって、周囲との開放性を失う塀のようなものの建設は、当該地区の再開発計画において禁止されていたため校門は無い。大学側が校門の代わりに学校のシンボルとなる物を模索した結果、凱旋門のようなデザインの研究棟ができた[7]

また、この特徴的な外観からしばしば撮影などに使用される。

大宮キャンパス[編集]

関東自動車が運行する芝浦工大のスクールバス
  • 使用学部:工学部(1・2年次)、システム理工学部(全学年)、デザイン工学部(1,2年次)
  • 使用研究科:大学院工学研究科
  • 使用附属施設:先端工学研究機構
  • 交通アクセス:JR宇都宮線東大宮駅(大学シャトルバスで5分)、東武野田線七里駅(徒歩30分)

全学部の1年次生、2年次生が就学する。敷地の4割ほどが森林である。敷地内には、日本人学生と留学生が生活を共にする、「SITグローバルコモンズ(国際学生寮)」がある。

芝浦キャンパス[編集]

2009年に、旧芝浦キャンパス跡地に開設されたキャンパスで、芝浦ルネサイト内にある。

社会連携[編集]

高大連携[編集]

他大学連携(国内)[編集]

大学間連携[編集]

加盟協定等[編集]

他大学連携(海外)[編集]

産学官連携[編集]

連携大学院[編集]

附属学校[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 学校設立から2年後の1929年に商業科を廃止し、校名を東京高等工学校に改める。
  2. ^ 1903年に創立された埼玉工業大学の前身である「東京商工学校(1910年に東京高等商工学校と改称)」とは別の学校。
  3. ^ 大学を設置したものの、学校の運営方針に対する不信感から、受験生が集まらず、最初の入学者は定員を大きく下回る32名でスタートした。

脚注[編集]

[ヘルプ]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

  • 『鳥人間の本』 読売テレビ放送株式会社編、東京書籍、2000年、92-95頁。ISBN 4-487-79539-7

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。