純愛物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
純愛物語
監督 今井正
脚本 水木洋子
製作 大川博
出演者 江原真二郎中原ひとみ楠田薫岡田英次田中邦衛井川比佐志東野英治郎岸輝子嵯峨善兵宮口精二長岡輝子加藤嘉松本克平神田隆陶隆高津住男蜷川幸雄木村功荒木道子三津田健北沢彪織本順吉梅津栄
音楽 大木正夫
撮影 中尾駿一郎
配給 東映
公開 日本の旗 1957年10月15日 
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

純愛物語』(じゅんあいものがたり)は、1957年東映が製作・配給した日本映画である。脚本水木洋子自身が小説化し、1962年テレビドラマラジオドラマ化している。

概要[編集]

広島の原爆で被爆した少女を描いた作品だが、舞台は東京。遠い広島のことを連想させるシーンは作品の中盤まで一切ない。いわゆる不良少年と不良少女の恋愛物語としてストーリーは展開していく。原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(現・原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律)が制定された1957年に作られた映画だけに、被爆者の無料問診風景では主人公の少女の他に、被爆した両親から生まれたと思われる少年などが描かれるなど、シナリオを書いた水木洋子の鋭い視線が光る作品となっている。水木は、1955年から原爆関係の新聞記事のスクラップをつくっていた[1]という。

キネマ旬報ベストテン1957年第2位、日本シナリオ作家協会シナリオ賞、第8回ベルリン国際映画祭監督賞受賞[2]

あらすじ[編集]

スリ集団の制裁から戦災孤児のミツ子を救い出す同じ戦災孤児という境遇の貫太郎。ミツ子はスリから足を洗う決意をするが、ふたりは共謀して再びスリに及ぶ。刑事に摘発されたふたりはそれぞれ更生施設に送られる。やがてミツ子の身体に異変が起こりはじめる。病変は、ミツ子が幼少期に広島で原爆被曝したことと関係があるのだった。

キャスト[編集]

小説[編集]

水木洋子自身が小説化した「小説純愛物語」が、河出書房が倒産する前に出していた雑誌『知性』1957年9月号[3]に発表された。

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]