小島聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小島 聡
小島 聡の画像
プロフィール
リングネーム 小島 聡
愚零斗孤士
ザ・グレート・コスケ
本名 小島 聡
ニックネーム 剛腕
COZY CRASH
剛腕継承
クラッシャーK
身長 183cm
体重 112kg
誕生日 1970年9月14日(44歳)
出身地 東京都江東区
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 柔道
トレーナー アニマル浜口
馳浩
佐々木健介
スタン・ハンセン
デビュー 1991年7月16日
テンプレートを表示

小島 聡(こじま さとし、男性、1970年9月14日 - )は、日本プロレスラー東京都江東区出身。血液型A型。新日本プロレス所属。

オレンジを基調としたコスチュームがトレードマーク。VOODOO-MURDERSに加入していた時期は、黒と赤を基調としたコスチュームがトレードマークだった。

実兄にハードコア・パンクバンド「鉄アレイ」のヴォーカリストBUTA-MANがいる。

来歴[編集]

新日本プロレス[編集]

学生時代に格闘技のバックボーンを持たず(柔道経験があるが特に大きな記録は持っていない)、一度はノーリツに就職したものの退職し、アニマル浜口ジムでトレーニングを積み、1991年2月に新日本プロレスに入門した。同年7月、山本広吉(現:天山広吉)戦でデビュー。1994年ヤングライオン杯で全勝優勝を飾り、海外遠征に出発。1996年に凱旋帰国、中西学ブルパワーズを結成しIWGPタッグ王座を獲得するなど活躍する。

怪我で長期欠場していた復帰後の1998年武藤敬司に誘われnWo JAPANに加入、ヒールに転向する。体格やファイトスタイルが重複していた天山広吉とタッグを組む機会が増え、「テンコジ」として知られる。その後nWoが蝶野正洋率いるTEAM 2000に吸収されると、IWGPタッグ王座を当時の最高記録である6度の防衛を果たすなど名タッグとして活躍する。

しかし、武藤に追随する形で2002年1月31日に新日本プロレスを退団し、同年2月26日に全日本プロレスに入団した。

全日本プロレス[編集]

2003年火祭りチャンピオン・カーニバル世界最強タッグ決定リーグ戦優勝など、数々の実績を残した。また、愚零斗孤士なるキャラに扮したり、A BATHING APEとのコラボレーションによる『BAPE STA!! PROWRESTLING ZEPPTOUR』をプロデュースし、興行を成功させている。同興行ではグレート・コスケなる覆面レスラーに扮している。2004年には、ハッスルに参戦、7月にはプロレスリング・ノアの東京ドーム大会で試合を終えた三沢光晴に対戦を直訴し、古巣に呼び寄せる形でシングルマッチが実現したが敗れた。

2005年2月16日、東京・代々木競技場第二体育館川田利明を破り悲願の第33代三冠ヘビー級王者に就く。これにより小島が平成デビューの選手で初めての三冠王者となり、この試合で川田が約16年間続けてきた平成デビューの日本人選手相手のシングル無敗記録も打ち破った。その4日後、新日本プロレスのIWGPとのWタイトルマッチで、天山を下して第41代IWGPヘビー級王者となり、全日本と新日本の至宝のタイトルを独占した。試合後には、IWGPベルトをリングに投げ捨てるなどの過激な挑発を行い、同年5月14日に陥落するまでの間、一度もIWGPベルトを巻かなかった。その理由として「新日本に居たときは喉から手が出るほど手にしたかったIWGPだけど、今の俺は全日本プロレスの小島聡だから」と理由を述べている(後に巻いておけばよかったかもと多少後悔している)。なお、四冠王者である間にターザン後藤一派の清水大会でターザン後藤&清水の画伯と対戦している。

四冠王者(三冠ヘビー級王座とIWGPヘビー級王座)を奪取したことと、川田利明、武藤敬司、佐々木健介らを撃破して三冠を防衛した実績を評価され、2005年度のプロレス大賞MVPを獲得。授賞式の席では、話題賞を受賞したインリン様から挑発を受け、まんざらでもない様子を見せていた。

2006年は、「チャレンジする王者」を目標に掲げ、新日本のG1 CLIMAXへ5年ぶりに出場し、準優勝。8月28日にはアパッチプロレス軍で「ストリートファイト有刺鉄線ボードデスマッチ」という試合形式のデスマッチにも挑戦した。7月に太陽ケアに敗れて三冠王座を失うも、年末の世界最強タッグ決定リーグ戦では天山とのタッグ「テンコジ」を復活させ、優勝を果たした。

2007年3月のチャンピオン・カーニバルでは予選落ち。その後のシリーズも不調が続き、6月にVOODOO-MURDERSへ加入、全日本移籍後、初めてヒールとして活動することになった。8月26日、両国国技館においてパートナーTARU世界タッグ選手権に勝利し、同王座に戴冠する。

2008年3月、チャンピオン・カーニバルでは予選落ちし、大会後には右肘負傷のため欠場していたが、7月8日、新日本の後楽園ホール大会でリングに登場した。翌日には2年ぶりにG1に出場することが決定し、20日には全日本の後楽園ホール大会で復帰した。8月3日石川・産業展示館3号館にて行われた6人タッグ戦終了後、TARUとの仲違いからVOODOO-MURDERSを離脱した。G1からコスチュームを変更したが、最終日の試合でTARUの乱入によって真壁刀義に敗れ、決勝進出を逃した。 同月、大和ヒロシKAIと共に「F4」を結成。

11月、天山とのタッグでG1 TAG LEAGUEと世界タッグリーグ戦に優勝し、同年で両団体のタッグリーグ戦を制覇した。

2009年9月、横浜文化体育館において高山善廣の保持する三冠王座に挑戦し勝利、小島自身2度目の戴冠を果たす。

2010年2月7日の後楽園ホール大会にて、F4とVOODOO-MURDERSとの負けたら解散マッチに敗れF4を解散。3月21日には浜亮太に敗れ、保持していた三冠ヘビー級王座も失い、同年5月31日をもって全日本プロレスを退団した。

フリーランス[編集]

7月11日、古巣である新日本プロレスの後楽園ホール大会に姿を表しG1参戦を表明。8月、決勝で棚橋弘至を破りG1を初制覇し、同時に新日本プロレス所属外の選手として初のG1制覇者となった。10月11日に真壁刀義に挑戦しIWGPヘビー級王座を奪取した。

2011年1月4日、レッスルキングダムにて、棚橋に敗れIWGP王座から陥落した。また、この時期よりTAKAみちのくNOSAWA論外タイチMVPらとのユニット「小島軍(仮)」として活動を開始[1]。2月20日仙台大会で棚橋の持つIWGP王座にリマッチを申し入れるも、敗戦。その後、真壁と抗争を繰り広げ、幾度となくシングルマッチで激突。5月3日福岡大会で真壁との試合に敗れた後、TAKA、タイチ、鈴木みのるによって襲撃を受け、軍団から追放。襲撃を救助してくれた真壁と和解し、タッグを結成する。

8月、G1 CLIMAXに出場したが、最終日で天山広吉に敗れ、決勝進出とG1連覇を逃した。また、この試合で右眼眼窩底を骨折し欠場を余儀なくされる。

新日本プロレス再入団[編集]

9月19日、新日本プロレス神戸大会で復帰戦及び新日本再入団をリング上で発表。復帰戦の相手として天山広吉を指名した。10月10日両国大会で天山を相手に復帰戦を行い、ラリアットで勝利収めた。10月のG1 TAG LEAGUEでは真壁刀義とのタッグで出場し、天山以外のパートナーと組んで同大会に出場したのはこれが初めてとなる。

11月12日、決着戦として天山とシングルマッチで対戦したが、ムーンサルトプレスでピンフォール負けを喫し、負け越しが決まる。その後、リング上で勝ち名乗りを上げる天山を飯塚高史が強襲。状況を見かねて、天山を救出に入り飯塚を撃退した。その後、次期シリーズで天山がCHAOSのメンバーにリンチされる場面で救出に入るというシーンが頻繁に見られるようになり、小島が襲われた際には天山が駆け付けて助けに入る場面も見られるようになった。

11月27日愛媛大会で小島の問いかけに天山が応じ、晴れて「テンコジ」が復活する。これを受け、12月4日に行われる対戦カードが変更され、天山とのタッグで飯塚、ヒデオ・サイトー組と対戦。天山が飯塚からギブアップ勝ちを収めた。

12月14日、自身のデビュー20周年記念興行『「RUSH!!」 ~やっちゃうぞバカヤロー~』を開催。スタン・ハンセンプロレス四天王川田利明、自身の師匠アニマル浜口とも再会した他、久し振りの「ザ・グレート・コスケ」としてザ・グレート・サスケとタッグを組んでの出場。また、メインイベントでは全日本時代の盟友カズ・ハヤシとタッグを組んで、内藤哲也FUNAKI組と対戦する予定であったが、内藤の左肘の負傷による欠場で急遽天山広吉に変わり、またもや天コジ対決が実現する事となった。 試合は小島がFUNAKIをラリアットで3カウントを奪い、20周年記念を勝利で収めた。 試合後のマイク中に、突如場内に「HOLD OUT」が鳴り響き、全日本プロレス武藤敬司がサプライズ登場した。

2012年 - 2014年[編集]

2012年1月4日、「レッスルキングダムVI」でBAD INTENTIONSジャイアント・バーナードカール・アンダーソン組)の保持するIWGPタッグ王座に挑戦。天山がバーナードからピンフォール勝ちを収め、第58代王者に輝く。その後、上半期では矢野通飯塚高史組と、下半期ではK.E.S.ランス・アーチャーデイビーボーイ・スミスJr.組)と同王座を賭けた抗争を展開する。12月9日にはプロレスリング・ノアに参戦し、森嶋猛の保持するGHCヘビー級王座に挑戦したが、奪取には至らなかった。

2013年に入ると新たにタッグ王者となったK.E.S.、矢野、飯塚組、マッスルオーケストラ中西学ジョン・アンダーセン組)を交え、IWGPタッグ王座を巡った抗争を繰り広げる。5月3日福岡大会で4WAYタッグマッチで対戦し、小島がストロングマンから勝利を収め、第62代王者組に戴冠。その後、6月22日の3WAYマッチでK.E.S.を退け、7月20日には矢野、飯塚組を下し、一連の抗争に終止符を打つ。

8月、G1 CLIMAXでは最終日を待たずして予選落ちが決定するが、11日の最終戦でオカダ・カズチカから勝利を収め、IWGPヘビー級王座への挑戦をアピールし、9月の神戸大会で挑戦するも、ベルト奪取はならなかった。

2014年1月4日、WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドームにてNWA世界ヘビー級王座を保持するロブ・コンウェイとリベンジマッチを行い、コンウェイによる姑息な手段に手を焼いていたところを天山のヘルプにより試合は一転、最後にはコンウェイのフィニッシャーであるエゴ・トリップを防いだところをラリアットを2発放ち圧倒。リベンジを果たすと共に第125代NWA世界ヘビー級王者になった[2]

10月13日両国大会でテンコジのタッグでランス・アーチャー、 デイビーボーイスミスJr.のKESとNWA世界タッグの5度目の防衛戦に挑むが、小島のラリアットが天山に誤爆し、小島がKESのキラーボムに沈み、NWA世界タッグベルトを失う。

獲得タイトル歴[編集]

新日本プロレス
パートナーは最初が中西学→後の5回は天山広吉。
パートナーは最初が武藤敬司→後の2回は天山広吉。
NWA
全日本プロレス
パートナーは太陽ケア→カズ・ハヤシ→TARU。
グレート・コスケとして。パートナーは獅龍)。
パートナーは太陽ケア→カズ・ハヤシ→06・08年は天山広吉。
MLW
  • MLW世界ヘビー級王座 : 1回(第2代)
ZERO-ONE
プロレス大賞
  • 2000年度プロレス大賞 最優秀タッグチーム賞(天山広吉とのタッグ)
  • 2002年度プロレス大賞 技能賞
  • 2005年度プロレス大賞 最優秀選手賞
  • 2010年度プロレス大賞 敢闘賞

得意技[編集]

元々は直線的なパワーファイターであったが、キャリア後期からは会場を温めつつ、フィニッシュ・ホールドであるラリアットへの布石として首への攻撃を集中的に行うようになった。若手時代より盟友、天山と同じく新技開発に余念のない選手でもあり、自身のニックネームである「コジ」を冠した技が多い。

フィニッシュ・ホールド[編集]

ラリアット(小島式ウエスタン・ラリアット、継承ウエスタン・ラリアット)
全日本プロレス入団後、PWF会長として来日していたスタン・ハンセンより直接指導を受けた。ハンセンのラリアットからヒントを得てラリアットを習得したレスラーは数多くいるが、直接指導を受けたのは小島が初めてである。そのため小島のラリアットを「継承ウエスタン・ラリアット」「豪腕ラリアット」と呼ぶこともあるが、あまり浸透はしていない。
下記、ぶん殴りラリアットと違い、インパクトの瞬間にカチ上げるように打ち出すのが特徴。使用頻度を少なくすることでフィニッシュ・ホールドとしての説得力を獲得している。
ロープカウンターからの一撃や後頭部へ放つもの、左腕で放つもの、エプロンで油断している相手の足へ場外から放つものなど打ち出し方にも幅が増えている。
ぶん殴りラリアット(バカヤロー・ラリアット、世界一ラリアット)
ハンセンに指導を受ける以前のスタイルで、助走をつけて大振りで力任せにマットに叩き付ける。
「世界一のラリアッター」を自称しながら1試合中に乱発していたため、ラリアットに一撃必殺を求めるファンからはしょっぱい、塩と酷評され評価が低かった。
フィニッシュとして使用するさいはインパクトの瞬間に両膝をついて浴びせ倒しながら相手の後頭部を確実にマットへ叩きつける改良もなされた。

打撃技[編集]

串刺しエルボー
コーナーへ振った相手へ仕掛けるジャンピング・エルボー。
下記、いっちゃうぞエルボーへの繋ぎ技として使用。
いっちゃうぞエルボー
マシンガン・チョップから反対側のコーナーに振り、ジャンピング・エルボーからコーナー側に倒した後に「いっちゃうぞ!バカヤロー!」と叫んだ後、にやりと笑ってトップロープに登って放つダイビングエルボー・ドロップ。敢行する直前に必ず足元を確認するのが特徴。通常のエルボー・ドロップ、ジャンピング・エルボー・ドロップと畳みかけてから放つことや、そのまま放たないこともある。きっかけは2004年に武藤に「いっちゃうぞエルボーで満足している」と指摘され、叫ぶ直前に攻撃されるようになってスランプにおちいったことである。
ヒールターン時は「いっちゃうぞ!バカヤロー!」の叫び声はほぼ見られず無言となっていた。声を上げた時もあるがその時は観客から大ブーイングを浴びている。しかし、2008年チャンピオン・カーニバルの棚橋弘至戦で行った時は歓声が上がっている。2007年1月2日の後楽園大会ではトップロープから「あけおめ!」と叫びながら放つ場面を見せた。
「いっちゃうぞ!〜」は対戦相手に対してのアピールと思われているが、TVインタビューで小島が「俺がバカだから、自分に言っているんですよ」と発言したこともあり、真相は不明である。新日本末期からは観客と一緒に合唱するのが通例。
ラリアットと並ぶ小島の代名詞的な技であるが、本人曰く「ピンフォールが全く取れないのが悩み」。ただし蝶野正洋のようにこれを嫌いな技として挙げるレスラーもいる。
フリーになってから使わなくなったが、2011年1月4日東京ドームからまた使い始めた
マシンガン・チョップ
相手をコーナーに押し込み、相手の顔を見ずに、手のひらだけで逆水平チョップを速射砲で打ち続ける技。打ち疲れて遅くなったと思ったら、再び早くなり打ち続ける。この後、「よぉ~し!」のかけ声と共に串刺しエルボー→いっちゃうぞエルボーと繋ぐのがパターンの一つ。
ローリング・エルボー
ショートエルボーを2~3発打ち込んだ後に放つことが多い。三沢光晴との対戦後から使用し始めた。

投げ技[編集]

コジマ・カッター(コジコジカッター)
小島の行うダイヤモンド・カッター。小島がダイヤモンド・ダラス・ペイジ[3]に憧れていたことから使い出した。
新日本在籍時には唯一の使い手としてバックを取られたさいや、ラリアットが打ち合いになったさい、試合の流れを変えるさいに使用されたが、当時の新日本マットにおいてフィニッシュ・ホールドとして脚光を浴びることはなく現在でも繋ぎ技の扱いである。
ダイヤモンド・カッター、コジコジ・カッター、コジマ・カッターと技名が定まっておらず、実況もまちまちであったが、週刊プロレスの別冊であったケンファー第1号の小島聡特集で「恥ずかしいのでコジコジ・カッターの呼び名は使わないでください」と発言。しかし、新技名について言及が無かったため、もうひとつの呼び名であるコジマカッターがそのまま正式名称として残った。
雪崩式コジマカッター
雪崩式で放つコジマカッター。グラン浜田のハマちゃんカッターと同様、セカンドロープに登り放つものと、トップロープに登って相手と正面に向き合い両腕で頭を掴んで仕掛ける変形の2パターンが存在する。
ロッキン・バウ
コブラ・クラッチの体勢で放つ変形ネックブリーカー
ウィリアム・リーガルのリーガル・カッターと同型。
変形ネックブリーカー(正式名称不明)
相手と背中合わせで倒れ込むのではなく、自身の立てた膝に相手の頸椎辺りを叩きつける変形。
リバース・ファイナル・カット(正式名称不明)
フロント・ネックロックの体勢から放つネックブリーカー・ドロップ式のファイナル・カット。
コジMAXドライバー(コジコジ・ドライバー)
女子式ボディスラムの状態から放つみちのくドライバーII
KAОRUのエクスカリバーと同型。
CCD(Cozy Crash Dynamite)
エメラルド・フロウジョンとほぼ同型だが、担ぎ上げる方向と落とす方向が逆サイドの違いがある。
三沢と対戦したさい、その威力に魅了されて自ら研究して完成させた。
ブレーンバスターの体勢から移行する変形エメラルド・フロウジョンの逆サイドバージョンも使用するが、まれにノーザンライト・ボムのような形にもなることがある。
技名の「コジ」は自らの愛称、「クラッシュ・ダイナマイト」は若手の頃の入場曲の名前から取り、初心に帰るという意気込みが込められている。
垂直落下式ブレーンバスター
小島はその場に脳天から落とすのではなく、後方に自らスライドするようにして落とす。フィニッシュとしての使用は少ない。
獣神サンダー・ライガーの放つそれとほぼ同型。
DDT
若手時代から使用していたが、フリー転向後はバックを取られたさいの返し技やエプロンで放つ断崖式も使用。
ライディーン・バスター(スパイン・ボム)
カウンターで使用するシットダウン式スパイン・バスター。そのままフォールへと移行する。
新日本在籍時の凱旋帰国後、ラリアットがフィニッシュに定着するまでの期間には第2のフィニッシュ技としても使用された。
ストレッチ・ボム(小島スペシャル)
コブラツイストの体勢から持ち上げて、相手の体を反転させつつシットダウン・パワーボムに移行する。
小橋建太のケンタッキー・ボムと同型。現在では、ほとんど使用しない。
パワーボム
若手時代に頻繁に使用していたが、スタンダードなフォームでフィニッシュにいたることはなかった。
現在では、全く使用しない。

極め技[編集]

コジMAXホールド
変形の羽折固め。うつぶせの相手に対し頭部側から馬乗りになり、右足で相手の左腕を羽折り状にロック。両腕で相手の右腕を掴み絞り上げる。
考案当初はフィニッシュ・ホールドとしても用いられた。
川田殺し
川田利明との三冠ヘビー級選手権対策として編み出した、変形のV1アームロック。長座になった相手の背後から、片腕を足で挟み込み、もう片方の腕を捻りあげて後方へ倒れこむ。
師である浜口のもとを訪れたさい、「小島はあまりサブミッションを使わないから、一味加わえると良い」とアドバイスされたのが開発の転機となった。
レッグ&ネックロック
左腕を相手の首の後ろに回して、右腕は相手の右脚を折りたたみクラッチを組むオリジナルサブミッション。
佐々木健介が考案し、小島に授けた技で、新日本プロレスのヤングライオン杯で使用し決勝で中西学からギブアップを奪ったのはじめ、リーグ戦の大半をこの技で勝利し優勝を遂げた。それ以後、ほとんど使用されていなかったが、2010年12月11日、対中邑真輔戦(IWGPヘビー級選手権試合)で、久々に使用された。
アンクルホールド
VOODOO-MURDERS時代に使用。膝に爆弾を抱えている武藤相手によく使用された。
コジメ
G1 CLIMAX2011用に開発した技、その名の通り右腕を使ったフェースロック。8月14日G1 CLIMAXの両国大会で天山広吉との対戦時に使用された。

飛び技[編集]

ラウンディング・ボディプレス
若手時代に一年間程得意技として使用していた。縦回転式ではなく捻りを加えた形となる。
元々、得意ではないが海外遠征中に助言されてインパクトを残すために1996年の凱旋帰国試合(対戦相手は天山広吉)で使用。その後、半年程使用していたが相手に当たらず自爆したため封印した。(インタビューでまた使用しないのかとたずねられた際、もうやらないと語っている。)
プランチャ・スイシーダ
飛ぶというよりは、どちらかと言えば飛び降りる形に近い。

合体技[編集]

テンコジカッター
天山広吉とのタッグ、テンコジで最も多用した合体技。天山がフラップ・ジャックで抱え上げた相手に小島がダイヤモンドカッターを繰り出す。3Dと同型。
アナコンダカッター
天山との合体技。天山がスタンティングの状態でアナコンダバイスに捉えたところへ小島がダイヤモンドカッターを繰り出す。
オレごとアナコンダ
天山との合体技。天山がスタンティングの状態でアナコンダバイスに捉えたところへ小島がラリアットを繰り出す。
TCD(Ten Cozy Driver)
天山との合体技。天山のTTDと小島のCCDを同時に仕掛ける。

入場曲[編集]

  • 「STYLUS」(鈴木修)…三冠王座陥落後から使用。VOODOO-MURDERSに加入した時期は、「VooDoo -STYLUS-」を使用した。
  • 「RUSH!!」(作曲:安部潤 演奏:N.J.P. UNIT)…新日本Uターン後(フリー参戦)は、こちらを使用している。
  • 「RIDE OVER 〜煽風〜」(作曲:戸谷勉 演奏:Blue Stealer)
  • 「CRASH DYNAMITE」(作曲:大竹浩行 演奏:炎達)

俳優として[編集]

  • 2006年3月から放送された、TBS愛の劇場すてきにコモン!』に、小学校の教師 吉岡 周二役でレギュラー出演。
  • 2007年9月から放送された、TBS愛の劇場『家に五女あり』にも医師(ゲスト出演のため医師が役名)で出演。

その他[編集]

  • 2013年、テレ朝動画、『人類プロレスラー計画 中西ランド』のゲストで最多出演者でもある。
  • 全日本プロレス時代、長期巡業に出る際、愛犬の世話を同じく愛犬家の本間朋晃に任せていた。
  • 学生時代は数学が大の苦手だった[4]。テンコジの有名な「10倍だぞ10倍」発言もそのせいで生まれたものだという[4](詳細はテンコジ#10倍発言を参照)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考文献「週刊プロレス」2011年3月2日号、P.19 - 22「スペシャル座談会 小島軍(仮)が行く」(週刊プロレス編集次長 湯沢直哉によるインタビュー・構成・出筆)
  2. ^ "WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム 大会結果詳細" 新日本プロレス、2014年1月4日閲覧。
  3. ^ 2004年7月21日、HCWのNBCアリーナ大会でDDPとタッグを組み、グレート・ムタ&スティングと対戦している。
  4. ^ a b 小島聡 、7年ぶりに計算間違いを修正~7年前の画像つき - BLACKEYE2・2006年11月28日

外部リンク[編集]