グレーテスト18クラブ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グレーテスト18クラブ王座は、日本プロレス団体である新日本プロレスが過去に管理していた王座。

概要[編集]

1990年9月29日に行われたアントニオ猪木のレスラー生活30周年記念パーティーの席上で、ルー・テーズを発起人とした、「過去に猪木と闘った」プロレスラー及び格闘家によって構成された「グレーテスト18クラブ」が認定するタイトルの制定が発表された。チャンピオンベルトについては、かつて猪木が保持していた「WWF格闘技世界ヘビー級王座」のチャンピオンベルトがそのまま再利用された。

形式上はグレーテスト18クラブが対戦相手を指定し、防衛戦を行う形で運営され、その初の「指定試合」は翌年3月の東京ドーム大会にて行われ、初代王者として認定された長州力タイガー・ジェット・シンとの間で防衛戦が行われ、長州が防衛する。

その後、中心人物であったはずのテーズはUWFインターナショナルとの関係が強くなり、プロレスリング世界ヘビー級王座の制定に関わるなどしたため、タイトルの存在理由が微妙になってしまう。この様な背景のなか行われた、1992年8月16日の福岡国際センターにおけるIWGPヘビー級王座とグレーテスト18クラブ王座のダブルタイトルマッチで、二冠王者だった長州をグレート・ムタが破って第2代王者となるも、「グレーテスト18クラブは価値なし」として返上、そのまま消滅した。

グレーテスト18クラブのメンバーとされたレスラーの中には、猪木の30周年記念パーティーには出席していないメンバーや、パーティー開催当時は全日本プロレスへ専ら参戦して新日本と関わっていないレスラー(ハンセン、アンドレ)もいた。

グレーテスト18クラブのメンバー[編集]

タイガー・ジェット・シンは後に除名となり、代わりにダスティ・ローデスがメンバーに加わる。なお、ゴッチ・バックランド・ガニア・小林・ホーガン・アリの6名はパーティーには出席していない。