リック・スタイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リック・スタイナー
プロフィール
リングネーム リック・スタイナー
ロブ・レックスタイナー
本名 ロバート・レックスタイナー
(ロバート・リヒシュタイナー)
ニックネーム ドッグ・フェイス・グレムリン
地獄の番犬
身長 180cm
体重 127kg
誕生日 1961年3月9日(53歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州ベイシティ
スポーツ歴 レスリング
アメリカンフットボール
トレーナー エディ・シャーキー
ブラッド・レイガンズ
デビュー 1984年
テンプレートを表示

リック・スタイナーRick Steiner1961年3月9日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラー。本名はロバート・レックスタイナーRobert Rechsteiner)。ミシガン州ベイシティ出身。WCWWWFなどで活躍した。

レスリング選手出身であることをキャラクターに活かし、スタジアムジャンパーとショルダータイツをコスチュームに、イヤーガードを付けたまま試合を行う。また、相手を投げる際にクラッチしやすいように指にテーピングをしていることが多い。

来歴[編集]

ミシガン大学ではレスリングの選手として活躍し、1983年ビッグ・テン・カンファレンスでは第2位の成績を収めた。同じミシガン州出身のジョージ・スティールの紹介でミネソタ州エディ・シャーキーのもとでトレーニングを積み、1984年にプロレスラーとしてデビュー。

ミネソタのAWAカナダモントリオール地区を転戦し、1986年よりビル・ワットが主宰するミッドサウス地区のUWFに参戦。翌1987年2月に新日本プロレスに初来日し、スティーブ・ウィリアムスと組んでIWGPタッグ王座決定リーグ戦に出場した。帰国後の4月には、若手ヒール時代のスティングとのコンビでUWF世界タッグ王座を獲得している。

ワットがNWAミッドアトランティック地区のジム・クロケット・プロモーションズにUWFを売却すると、スティングやジム・ロスらと共に同プロへ移籍。1987年末にマイク・ロトンドらと大学のレスリング・チームをモチーフとしたヒール・ユニット、バーシティ・クラブを結成するが、1988年9月に仲間割れしてベビーフェイスに転向。クロケット・プロがWCWに買収されてからは、1989年より実弟のスコット・スタイナーとのスタイナー・ブラザーズで活躍、同年11月にファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズ&ジミー・ガービン)を下し、ミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座(後のWCW世界タッグ王座)を獲得した。

1991年3月、スコットとのスタイナー・ブラザーズとして新日本プロレス東京ドーム大会に来日し、馳浩&佐々木健介からIWGPタッグ王座を奪取。以降も新日本に参戦し、1992年6月には日本武道館ビッグバン・ベイダー&クラッシャー・バンバン・ビガロを破り、同タッグ王座に返り咲いた。

1992年末、WCW新副社長ビル・ワットとの軋轢からWCWを離脱し、兄弟揃ってWWF(現WWE)へ移籍。引き続きタッグチームとして活動し、1993年6月にテッド・デビアス& IRSからWWF世界タッグ王座を奪取した。WWFではブレット・ハート&オーエン・ハートとの兄弟チーム対決も行われている。1994年のWWF退団後は、新日本プロレスやECWレイヴェン&スティービー・リチャーズらと対戦)を経て、1996年にWCWへ再移籍した。

WCW復帰後もスコットとのタッグで活動し、ハーレム・ヒートスティービー・レイ&ブッカー・T)やアウトサイダーズ(ケビン・ナッシュ&スコット・ホール)らと抗争していたが、1998年にスコットがnWoに加入しスタイナー・ブラザーズを解散、同時に兄弟抗争をスタートさせた。

2001年のWCW崩壊後はTNAやインディー団体を中心に活動。日本の団体への参戦も続け、2004年8月にはプロレスリング・ノアへ登場、池田大輔からWLW世界ヘビー級王座を奪取した。

2006年5月より再度TNAに出場。同年に予定されていたスコットとの兄弟チーム再結成は遅れるも、2007年5月に行われたPPV "サクリファイス" にてスコットの試合後に登場し、スタイナー・ブラザーズを復活させた。以降はチーム3Dと抗争を展開、ブードゥー・キン・マフィアことニュー・エイジ・アウトローズとも対戦している。

2008年1月4日、スコットと共に新日本プロレスに久々に来日。かつてIWGPタッグを奪取した東京ドームにて、ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコが保持する同王座に挑戦した。同年にTNAを離脱し、現在はインディー団体を主戦場としている。

得意技[編集]

カール・ゴッチらの美しいブリッジで相手をホールドするスープレックスとは異なる、投げっ放し式のスープレックスを多用。
途中でクラッチをほどき、相手を軽々と放り上げるようにして投げ捨てるこの技は日本においても流行し、日本人レスラーでも投げ放し式スープレックスを使う選手が増えることとなった。しかしゴッチからは、スタイナーが投げ放し式を多用するのは単にクラッチ、ブリッジが上手くないからだと指摘されている。山本小鉄によれば、スタイナーは膝が悪いため最後までブリッジすることができず、このような形になったという。
コーナートップからダイビング式で放つものは特にスタイナー・ブルドッグと呼ばれる。
スコットが肩車した相手にダイビング式で放つ合体式も存在する。
スタイナー兄弟のラリアットの総称。スコットもこの名で使用する。
デスバレー・ボムと同型。スコットが使用するフリップ・スープレックスの別名称とは同名・別技。

獲得タイトル[編集]

UWF
NWA
WCW
  • WCW世界タッグ王座 : 7回(w / スコット・スタイナー×6、ケニー・カオス)
  • WCW世界TV王座 : 2回
  • WCW USヘビー級王座 : 1回
WWF
新日本プロレス
WLW
  • WLWヘビー級王座 : 1回
SCW
  • SCWヘビー級王座 : 1回
その他
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座 : 2回(w / テリー・テイラー、スコット・スタイナー)※2000年代のインディー版

外部リンク[編集]