ヒロ・マツダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒロ・マツダ
ヒロ・マツダの画像
プロフィール
リングネーム ヒロ・マツダ
エルネスト小島
本名 小島 泰弘
ニックネーム 日本の虎
名伯楽
身長 180cm
体重 105kg
誕生日 1937年7月22日
死亡日 1999年11月27日(満62歳没)
出身地 神奈川県
横浜市鶴見区
スポーツ歴 野球空手
トレーナー 力道山
カール・ゴッチ
デビュー 1957年
テンプレートを表示

ヒロ・マツダHiro Matsuda1937年7月22日 - 1999年11月27日)は、日本プロレスラープロレストレーナー。本名は小島 泰弘(こじま やすひろ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。アメリカ合衆国で大きな成功を収めた日本人レスラーの一人。

来歴[編集]

日体荏原高等学校野球部でエースとして活躍し[1]、卒業後の1957年日本プロレスに入団するが、1960年に退団。その後ペルーに渡った。この渡航は力道山が相撲部屋の慣習から持ち込んだ上下関係などの不文律や、日本独自の精神論(怪我も根性で治せる、負傷を理由に休む者は根性が無いとみなされる等)に反発したためといわれている。

ペルーではエルネスト小島Ernesto Kojima)のリングネームで活動する。その後メキシコ、アメリカと転戦し、アメリカでヒロ・マツダにリングネームを変更する。この“マツダ”のリングネームは、1880年代の「ソラキチ・マツダ」、1920年代の「マティ・マツダ」というアメリカ本土で活躍した2人の日本人レスラーに因んだリングネームだった。エルネスト小島時代には、メキシコでエル・サントとも闘っている。アメリカ入した昭和30年代は第二次世界戦における反日感情が強い頃であり苦労した。当時の米マットでは一般人がレスラーに挑戦してくることがあり、マツダは何度も対戦をした。ルールがない闘いのため大変危険であるがマツダは全て勝っている。負けたらレスラー生命は終焉するため命懸けの闘いであった。アメリカでは本格的なレスリングのテクニックを習得するべくカール・ゴッチに教えを乞い、いわゆるキャッチ・アズ・キャッチ・キャン(ランカシャー・スタイル)を伝授された。なお自身最大のフィニッシュ・ホールドであるジャーマン・スープレックスはこの時期にゴッチの直伝で身に付けたものと思われ、おそらく日本人初の「正統派ジャーマン」の使い手ではないかと言われている。

アメリカではダニー・ホッジNWA世界ジュニアヘビー級王座をめぐって何度も対戦。史上最高のジュニアの試合と称され、各地でメインイベントを張った。ヘビー級がメインを張るのが通常だった当時のマット界では革命的な出来事である。また、アメリカ修行中のアントニオ猪木とタッグを組み、タイトルも獲得している。また、NWA世界ヘビー級王者ルー・テーズにも数度挑戦しており、60分時間切れ引き分けの闘いも演じている。

1966年、力道山没後の日本プロレスに凱旋帰国を果たし、吉村道明とのコンビでアジアタッグ王座を獲得するなど旋風を巻き起こした。翌1967年、日プロ入団当初から旧知の吉原功と共に国際プロレスを旗揚げ。エース兼ブッカーを務めたが、最終的には吉原と決別して同年中に国際プロレスを離脱し、再びアメリカを活動の中心とした。NWA所属の団体で活動し、数々のタイトルを手中に収めた。

日本には、日プロへのスポット参加を経て、1973年から1976年までは全日本プロレスに時々参戦した。1975年にはオープン選手権および力道山十三回忌追悼興行に参加、国際プロレスのマイティ井上を相手にNWA世界ジュニアの防衛戦を行っている。1978年11月にはプレ日本選手権参加のため新日本プロレスに登場。上田馬之助マサ斎藤サンダー杉山らフリーの日本人レスラー達と結成した狼軍団のリーダーとなり、新日本プロレスの反体制勢力として活躍した。プレ日本では猪木と優勝戦を闘い、翌1979年4月には斎藤とのコンビで北米タッグ王座を獲得した。後にマサ斎藤の誘いで長州力率いる維新軍に加わり、スポット参戦ながら軍団に影響力を与える。

レスラーとして引退後はフロリダ州タンパに道場を設け、トレーナーとして選手の育成を行う。小島の門下生にはハルク・ホーガンポール・オーンドーフレックス・ルガーロン・シモンズなどアメリカン・プロレスを代表するレスラーが多数いた。特に入門志望のハルク・ホーガンを追い払うために足の骨を折った逸話は有名である。日本人レスラーのアメリカ遠征時の世話係も勤め、高千穂明久マサ斎藤剛竜馬武藤敬司西村修の面倒を見た。またNWA、WCWなどでブッカーとしても活動した。WCWでは1989年頃、スーツ姿でマネージャー役も担当し、日本の大企業の御曹司という設定でヤマサキ・コーポレーションYamasaki Corporation)なるヒール軍団を組織。リック・フレアーバリー・ウインダムブッチ・リードマイケル・ヘイズらをマネージメントした。

1990年12月26日の新日本プロレス浜松興行において、木戸修とエキシビションマッチを行った。この試合が日本で行った最後の試合である。

1999年11月27日肝臓癌によりフロリダで死去、62歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

海外
国内

育成選手[編集]

 etc.

脚註[編集]

  1. ^ 高校時代の後輩には、後に日本プロレス入りするマティ鈴木がいた。

外部リンク[編集]