ジェリー・グラハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドクター・ジェリー・グラハム
プロフィール
リングネーム ドクター・ジェリー・グラハム
本名 ジェリー・マーティン・マシューズ
ニックネーム 催眠博士
身長 178cm - 181cm
体重 111kg - 136kg
誕生日 1921年12月16日
死亡日 1997年1月24日(満75歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アリゾナ州フェニックス
トレーナー ジム・ロンドス
デビュー 1943年
引退 1974年
テンプレートを表示

ドクター・ジェリー・グラハムDr. Jerry Graham)ことジェリー・マーティン・マシューズJerry Martin Matthews1921年12月16日 - 1997年1月24日)は、アメリカ合衆国プロレスラーアリゾナ州フェニックス出身(生誕地はオクラホマ州ウッドワード)。生年は1925年ともされる[1]

ミネソタ・レッキング・クルーバリアント・ブラザーズなどに先駆けるヒールの兄弟ユニット「ゴールデン・グラハムズThe Golden Grahams)」のリーダー格であり[2]エディ・グラハム"クレージー" ルーク・グラハム"スーパースター" ビリー・グラハムらの長兄役として、1950年代から1970年代初頭にかけて活躍した。

アリゾナ州立大学時代は精神科医を目指し[1]、在学中に習得した催眠術で対戦相手を眠らせるというギミックを用いていたことから「ドクター」の異名を持つ[3] [4]。真っ赤なキャデラックオープンカーを乗り回すなど派手な生活ぶりでも知られ、少年時代のビンス・マクマホンも彼に憧れていたという[5]

来歴[編集]

ジム・ロンドスのコーチを受けて1943年にデビューしたとされる[4]ゴージャス・ジョージの影響下にある金髪ヒールとして1950年代より頭角を現し、NWAジョージア地区では1955年に同タイプのフレッド・ブラッシーと抗争。同年7月8日にはルー・テーズNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[6]

1958年WWWFの前身団体であるニューヨークのNWAキャピトル・レスリングにて、彼の「弟」と称するエディ・グラハムことエドワード・ゴセットとグラハム・ブラザーズを結成。実際には血縁関係はないものの、兄弟タッグチームという設定のもと、マーク・ルーイン&ドン・カーチスやレッド・バスチェン&ルー・バスチェンとUSタッグ王座を巡る抗争を展開。1958年9月から1960年4月にかけて、同王座を再三に渡って獲得した(エディの離脱中は、ジョニー・バレンタインをパートナーに戴冠していたこともある)[7]

エディとのコンビ解消後は、アラバマのガルフ・コースト地区やカルガリースタンピード・レスリングなどを転戦し、1963年より東部地区に復帰。同年12月16日と翌1964年1月20日、マディソン・スクエア・ガーデンにてブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に連続挑戦した[8]。1964年からはカルガリーで新パートナーに起用していた巨漢のルーク・グラハム(ジェームズ・グラディ・ジョンソン)をニューヨークに呼び寄せ、ルークとのコンビでタッグマッチ戦線に進出。3月20日にUSタッグ王座を獲得し、以降もボボ・ブラジル&アーニー・ラッドゴリラ・モンスーン&キラー・コワルスキーなどの強豪チームと対戦、1965年2月4日にジン・キニスキー&ワルドー・フォン・エリックに敗れるまでタイトルを保持した[7]

1967年にWWWFを離れ、カナダバンクーバーのNWAオールスター・レスリングに参戦。同年10月2日、アブドーラ・ザ・ブッチャーと組んでバンクーバー版のNWA世界タッグ王座をクリス・トロス&ジョン・トロスから奪取した[9]。ブッチャーとのコンビでは、同地区認定のNWAカナディアン・タッグ王座も獲得している[10]

その後はロサンゼルスのNWAハリウッド・レスリングに進出、1970年夏にボディビルダー上がりの新人ウェイン・コールマンをビリー・グラハムと名乗らせ、グラハム・ファミリーの末弟としてパートナーに起用した[11]。以後、デトロイトジョージアなどを転戦し、ジョージアではルークとのコンビを復活させるなど、1974年頃まで活動を続けた[6]

キャリア後半はかなりウエイトが増加し、140kg級の巨漢となっていた。また、アルコール依存症などの精神疾患も抱え、母親が死去した際には、ショットガンで病院の職員を脅して遺体を盗み出したことがあるという[3]

1997年1月24日脳卒中により死去[12]。75歳没。日本マットへの参戦は一度も実現しなかった。

なお、1980年代初頭にドクター・ジェリー・グラハム・ジュニアと名乗る選手が彼の「息子」と称してインディアナポリス版のWWAウィリアム・アフィルス主宰)で活動していたが、ギミック上の設定であり実際の親子ではない[13]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

キャピトル・レスリング・コーポレーション / WWWF
ミッドサウス・スポーツ
ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAガルフ・コースト・ヘビー級王座:1回
メープル・リーフ・レスリング
NWAオールスター・レスリング
スタンピード・レスリング
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(カルガリー版):1回(w / ジム・ライト)

脚注[編集]

  1. ^ a b 週刊ゴング増刊号『THE WRESTLER BEST 1000』P317(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ Wrestling Family Profiles: The Graham Family”. Online World of Wrestling. 2011年9月15日閲覧。
  3. ^ a b Wrestler Profiles: Dr. Jerry Graham”. Online World of Wrestling. 2011年9月15日閲覧。
  4. ^ a b 週刊プロレス別冊晩秋号『アメプロの教科書』P72(2005年、ベースボール・マガジン社
  5. ^ ショーン・アセール、マイク・ムーニハム共著『WWEの独裁者-ビンス・マクマホンとアメリカン・プロレスの真実』P40(2004年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583037880
  6. ^ a b Matches von Jerry Graham”. Cagematch.net. 2011年9月15日閲覧。
  7. ^ a b c d Capitol-WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月15日閲覧。
  8. ^ Madison Square Garden 1963-1969”. The History of WWE. 2011年9月15日閲覧。
  9. ^ NWA World Tag Team Title: Vancouver version”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月15日閲覧。
  10. ^ NWA Canadian Tag Team Title: Vancouver version”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月15日閲覧。
  11. ^ Superstar Billy Graham: Ring legend”. SLAM! Sports: July 4, 2000. 2011年9月15日閲覧。
  12. ^ Dr Jerry Graham (1921-1997) - Find A Grave Memorial”. Find A Grave. 2011年9月15日閲覧。
  13. ^ Jerry Graham Jr.”. Cagematch.net. 2011年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]