ゴードン・ソリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴードン・ソリー
プロフィール
本名 Jonard Frank Labiak
ニックネーム The Dean
誕生日 1929年1月26日
死亡日 2000年7月27日(満71歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ミネアポリス
デビュー 1960年
引退 1995年
テンプレートを表示

ゴードン・ソリーGordon Solie、本名:Jonard Frank Labiak1929年1月26日 - 2000年7月27日)は、アメリカ合衆国プロレスリングアナウンサーミネソタ州ミネアポリス出身。

1960年代から1980年代にかけて、NWAの黄金テリトリーだったフロリダエディ・グラハム主宰のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)およびジョージアジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)などの南部において、プロレス中継の実況アナウンサーを務めた[1][2]

その功績に敬意を表し、The "Dean" of wrestling announcers の称号が与えられている[1][3]

来歴[編集]

アメリカ空軍を除隊後の1950年代より、フロリダ州タンパラジオ放送局にてディスクジョッキーとして活動[2][4]プロレスを含むスポーツのリポーターも務め[4]プロレスラーへのインタビューなども行っていた[5]

その後、NWAフロリダ地区のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ(CWF)にて、リングアナウンサーを経て1960年より実況アナウンサーを担当[2][5]。以降、CWFのリード・アナウンサーとなって、ルー・テーズジン・キニスキーエディ・グラハムジョニー・バレンタインヒロ・マツダドリー・ファンク・ジュニアジャック・ブリスコハーリー・レイステリー・ファンク、そして1970年代中盤より同地区のスーパーヒーローとなったダスティ・ローデスなど、数々のレジェンドの試合を実況した[2][5]

1974年からはNWAジョージア地区のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング(GCW)の中継にも携わるようになり、テッド・ターナーTBSにおいて1985年まで実況およびインタビュアーを担当[4]1980年代初頭には悪役コメンテーターロディ・パイパーを相手に、後のゴリラ・モンスーン&ボビー・ヒーナンジム・ロス&ジェリー・ローラーなどのコンビに通じる掛け合いを聴かせた。WWFのアナウンサーだったモンスーンは、ソリーの実況スタイルに影響を受けていたという[3]

CWFの実況は、同団体がジム・クロケット・プロモーションズに吸収される1987年まで担当[2][5]1989年からはテッド・ターナーのクロケット・プロ買収により誕生したアトランタWCWに参加し、GCW以来となるTBSでの活動を再開。1995年にWCWを離れ、プロレス業界から引退した[2][5]

1990年代後半、咽頭を患い声帯を除去、多くのプロレスファンに親しまれてきた声を失った[2]。その後も闘病を続けたが、2000年7月27日、フロリダ州ニューポート・リッチーの自宅にて死去[4]。71歳没。

1984年7月のブラック・サタデーなどを背景に、ビンス・マクマホンに対しては一貫して批判的な姿勢を取り続けていたが[5]WWEは彼の功績をたたえ、2008年WWE殿堂に迎え入れた[2]。インダクターを務めたジム・ロスは、顕彰セレモニーにおいて「ゴードン・ソリーこそが最高のレスリング・アナウンサーであり、我々は彼に次ぐナンバー2を争っているにすぎない」と賛辞を呈している[6]

受賞[編集]

Pro Wrestling Illustrated awards
  • アナウンサー・オブ・ザ・イヤー(1977年)
  • エディターズ・アワード(1989年)
Wrestling Observer Newsletter awards
  • ベスト・テレビジョン・アナウンサー(1981年、1982年、1983年)
  • レスリング・オブザーバー殿堂(1989年)
WCW
  • WCW殿堂(1995年)
NWA
WWE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Profile - The Gordon Solie Website”. The Gordon Solie Website. 2011年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h WWE Hall of Fame Inductees”. WWE.com. 2011年3月25日閲覧。
  3. ^ a b Dean of Wrestling has fallen silent”. SLAM! Wrestling: December 8, 1999. 2011年3月25日閲覧。
  4. ^ a b c d Gordon Solie dead at 71”. SLAM! Wrestling: July 28, 2000. 2011年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Gordon Solie Interview”. Solie's Vintage Wrestling. 2011年3月25日閲覧。
  6. ^ Full WWE Hall of Fame Coverage”. PW Insider. 2011年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]