ハート・ファウンデーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレット・ハート(左)とジム・ナイドハートの "オリジナル" ハート・ファウンデーション

ザ・ハート・ファウンデーションThe Hart Foundation)は、ブレット・ハートを中心にWWF(現・WWE)で活躍したプロレスラータッグチーム・ユニットの名称である。メンバーの多くはスチュ・ハートに関連した人物である。

来歴[編集]

1985年 - 1991年[編集]

1985年、WWFでブレット・ハートとその義兄であるジム・ナイドハートによって結成される。マネージャージミー・ハートが務めた(同姓だが、彼はハート・ファミリーとの血縁関係は無い。なお、ジミー・ハートは1983年頃、テネシー州メンフィスCWAでナイドハートのマネージャーを担当していた)。

当初はヒールのチームとして、ブリティッシュ・ブルドッグスダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス)やキラー・ビーズ(ジム・ブランゼル&ブライアン・ブレアー)と抗争を繰り広げた。その後、悪徳レフェリーのダニー・デービスとも結託、1987年1月26日にはWWF世界タッグ王座をブリティッシュ・ブルドッグスから奪取する[1]。同王座は同年10月26日にストライク・フォース(ティト・サンタナ&リック・マーテル)に敗れるまで保持した[1]

王座陥落後の1988年からはベビーフェイスに転向し、ジミー・ハートやデービスとも決別。以降はWWFを代表するタッグチームとしてタッグ戦線の中心で活躍し、1990年8月27日のサマースラムにてデモリッションスマッシュ&クラッシュ)を破り、再びWWF世界タッグ王座を獲得した[2]。王座戴冠後はジミー・ハートがマネージャーを務めるナスティ・ボーイズブライアン・ノッブス&ジェリー・サッグス)と抗争、1991年3月24日のレッスルマニア7で防衛戦を行うが、ジミーの干渉により王座を失う[3]。これを機にハート・ファウンデーションは解散、ブレットはシングルプレイヤーに転向し、ナイドハートはオーエン・ハートとの新チーム "ニュー・ファウンデーション" を経て1992年WCWへ移籍した。

1997年[編集]

1997年レッスルマニア13以降、ヒールターンしたブレット・ハートをリーダーにハート・ファウンデーションは再結成される(便宜上、ニュー・ハート・ファウンデーションと呼ばれる場合がある)。この時のメンバーはブレット・ハート以下、WWFに復帰したジム・ナイドハート、ブレットの実弟オーエン・ハート、ブレットの義弟ブリティッシュ・ブルドッグ、そしてハート・ダンジョンでトレーニングを積んだことのあるアメリカ人レスラーのブライアン・ピルマンである。

毎回アメリカを愚弄するマイクパフォーマンスを行い、反米ヒールとしてストーン・コールド・スティーブ・オースチンD-ジェネレーションXなどと抗争を展開したが、リーダーのブレットとWWFの関係が悪化し、ブレットはWCWへ移籍することとなった。同年11月9日、ブレットのWWFでの最後の試合となったサバイバー・シリーズでのショーン・マイケルズ戦でモントリオール事件が発生し、ナイドハートとブルドッグもブレットと共にWCWへ移籍することが決定。ブライアン・ピルマンは同年10月5日に死去しており、最終的にはオーエンのみがWWFに残り、ハート・ファウンデーションは自然消滅した。なお、WCWにおいても移籍してきたメンバー(ブレット、ナイドハート、ブルドッグ)でハート・ファウンデーションを再編するストーリー案があったとされる。

メンバー[編集]

オリジナル・ハート・ファウンデーション
ニュー・ハート・ファウンデーション

ハート・ファウンデーション2.0[編集]

2002年テディ・ハートハリー・スミスT.J.ウィルソン(現・タイソン・キッド)、ジャック・エバンスによってハート・ファウンデーション2.0が結成された。テディ・ハート、ハリー・スミスの両名は、スチュ・ハートの孫にあたる人物で、ウィルソン、エバンスもハート道場の門下生である。

ハート・ダイナスティ[編集]

ハート・ダイナスティ

2009年5月、ブリティッシュ・ブルドッグの息子デビッド・ハート・スミス、"ハート・ダンジョン" の卒業生タイソン・キッドジム・ナイドハートの娘ナタリヤによって、当時のWWEの第3ブランドだったECWで結成される。結成当初はハート・トリロジーThe Hart Trilogy)と名乗っていたが、後にハート・ダイナスティThe Hart Dynasty)と改称。ヒールのポジションで活動後、2010年3月28日に開催されたレッスルマニア26でのブレット・ハートビンス・マクマホンの一戦をきっかけにフェイスターンする。4月25日のエクストリーム・ルールズにて、スミス&キッドは統一タッグ王者ビッグ・ショー&ザ・ミズを下して統一タッグ王座への第一挑戦者となり、翌日のRAWで王者組を破り新王者チームとなる(なお、8月16日のRAWにおいて、統一タッグ王座は当時のRAWのGMだったブレット・ハートの発表をもってWWEタッグ王座となる)。その後、追加ドラフトによりRAWへ正式に移籍した。

オーバー・ザ・リミットではクリス・ジェリコ&ザ・ミズ、フェイタル・4ウェイマネー・イン・ザ・バンクではウーソズを相手に防衛を重ねていたが、9月19日のナイト・オブ・チャンピオンズのタッグチーム・ターモイル形式の王座戦でウーソズに敗れ、王座から陥落(試合の結果、コーディ・ローデス&ドリュー・マッキンタイアが新王者となった)。また、この後からナタリヤは統一ディーヴァズ王座をめぐりレイ・クールミシェル・マクール&レイラ)と抗争を開始したため、シングルプレイヤーとしての活動が多くなった。スミスとキッドは王座陥落後もタッグ王座戦線に絡むが、敗戦が続いてチームは不和となり、11月15日のジャスティン・ガブリエル&ヒース・スレイター戦で両者は仲間割れ。以後、キッドはヒールターンし、ハート・ダイナスティは解散した。

脚注[編集]

  1. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年10月11日閲覧。
  2. ^ WWF Summer Slam 1990 Results”. ProWrestling History.com. 2010年10月11日閲覧。
  3. ^ WWF WrestleMania VII Results”. ProWrestling History.com. 2010年10月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]