アーニー・ラッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーニー・ラッド
プロフィール
リングネーム "ビッグ・キャット" アーニー・ラッド
アーニー "ザ・キャット" ラッド
アーニー "ザ・キング" ラッド
本名 アーネスト・ラッド
ニックネーム ザ・ビッグ・キャット
黒い毒グモ
身長 206cm
体重 148kg(全盛時)
誕生日 1938年11月28日
死亡日 2007年3月10日(満68歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ルイジアナ州レイビル
デビュー 1963年
引退 1986年
テンプレートを表示

アーニー・ラッドErnie Ladd1938年11月28日 - 2007年3月10日)は、アメリカ合衆国アメリカンフットボール選手、プロレスラールイジアナ州レイビル出身のアフリカ系アメリカ人。本名はアーネスト・ラッドErnest Ladd)。ニックネームは "The Big Cat" [1]。日本では、その長い手足から「黒い毒グモ」と呼ばれた。

来歴[編集]

高校時代にアメリカンフットボールでババ・スミスの父親の指導を受けた[1]グランブリング州立大学時代にアメリカンフットボールで一躍有名選手となった。1961年に大学を中退してAFLドラフト15巡でサンディエゴ・チャージャーズに指名されて入団した[2][3]。リーグでも最も背が高く最重量級だった彼はチャージャーズがAFLチャンピオンシップゲームに3回出場するのに貢献し、1963年にはチームはAFLチャンピオンとなった。チームメートのアール・フェイソンらと共に彼らはフィアサム・フォーサム(恐怖の4人組)と呼ばれた[4]

1965年ヒューストン・オイラーズに移籍、1967年にはカンザスシティ・チーフスに移籍した。チーフスではバック・ブキャナンとチームメートになり、プロフットボール史上もっとも大きいディフェンシブタックル(DT)コンビとして活躍した[5]。この間、1962年から1965年まで4年連続でAFLのオールスター戦にも出場している[2]ボストン・ペイトリオッツセンタージョン・モリスJon Morris)によるとラッドと向かい合った場合、彼が大きすぎたためにその後方にいるラインバッカーやゴールポストが見えないほどであったという[1]1981年にチャージャーズの殿堂入りを果たした。

フットボール選手時代の1963年、フットボールと掛け持ちでプロレスラーとしてデビュー。1965年4月にはフリッツ・フォン・エリックを破ってテキサス・ヘビー級王座を獲得している[6]ワフー・マクダニエルなどと同様、彼もフットボールのオフシーズンにプロレスのリングに上がっていたが[7]、膝の負傷のため1969年にフットボールを引退し、プロレスに専念するようになった[2][3]1970年9月には日本プロレスに初来日、第1回NWAタッグ・リーグ戦ロッキー・ジョンソンとの黒人コンビで参加している。外人側の優勝候補の筆頭だったが、チームワークに難があり決勝進出はニック・ボックウィンクル&ジョニー・クインにさらわれた。

1972年6月、ワルドー・フォン・エリックを破ってNWF世界ヘビー級王座を獲得[8]。以降もNWFではジョニー・パワーズアブドーラ・ザ・ブッチャーオックス・ベーカーらと激闘を繰り広げた[3]1974年3月にはアントニオ猪木に移っていたNWF王座にクリーブランドで挑戦し、カウンターキックで1本取るなど善戦するも引き分けで奪取失敗。同年11月新日本プロレスに来日し、札幌で猪木に再挑戦するが王座奪回はならなかった。

1980年7月には全日本プロレスに参戦、ブルーザー・ブロディとの巨漢コンビでジャイアント馬場&ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座に挑戦したが、ラッドがすでに全盛時を過ぎていたこともあり敗退。これがラッドの最後の来日となった。ラッドはアメリカでの人気の割に日本での戦績がふるわなかったが、このことについてラッドを新人レスラーの頃から知っているジャイアント馬場は、「アメリカでは国民的スポーツであるフットボールの大スターだったということもあって実力以上に人気があったようだ」と語っている。

しかしながら、ストリートファイトの強さではマット界でも一目置かれており、ブリスコ兄弟(ジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコ)との私闘などの逸話を残している。アメリカではどのテリトリーでもトップスターとして活躍し、1970年代インディアナポリスWWAディック・ザ・ブルーザー五大湖地区ではザ・シークフロリダ地区ではダスティ・ローデスと抗争[9]ニューヨークWWWF / WWFではグラン・ウィザードマネージャーに、ブルーノ・サンマルチノペドロ・モラレスボブ・バックランドなど歴代のチャンピオンに挑戦している[5]アンドレ・ザ・ジャイアントとのスーパーヘビー級対決も、ドル箱カードとして全米各地でマッチメイクされた[10]。また、ボボ・ブラジルとの黒人レスラー同士の抗争も話題を呼んだ[11]

1980年代前半は地元ルイジアナ州のニューオーリンズに拠点を置くMSWA(ビル・ワット主宰)でポール・オーンドーフジャンクヤード・ドッグと抗争、古傷の膝が悪化してからはワイルド・サモアンズのプレイング・マネージャーに転じた[5]1986年に現役を引退し[1]、WWFでカラー・コメンテーターとして活動。その後、地元のルイジアナでプロテスタント牧師となった[3]1995年にはWWE殿堂に迎えられている。

2007年3月10日結腸がもとで死去[1][2][5]。68歳没。生前はジョージ・W・ブッシュの親友でもあり[2][7]大統領時代のブッシュが病床のラッドを見舞って話題になったこともあった。

得意技[編集]

技ではないが、絞め技を受けた彼が長い腕をバタンバタンと振り回し、それが次第に弱々しくなっていく様はそれこそ巨大なクモの断末魔のようであり、このアクションが出ると観客は大いに沸いた。他にも、投げ技を受ける際にわざと長い足を大きく振り回すようにして受身を取るのが得意であった。ラッドは自分の肉体の「効果的な見せ方」を熟知していたといえる。

獲得タイトル[編集]

ナショナル・レスリング・フェデレーション
  • NWF世界ヘビー級王座:1回
  • NWF北米ヘビー級王座:2回
  • NWFブラスナックル王座:1回
ワールド・レスリング・アソシエーションインディアナポリス
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米ヘビー級王座:1回
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカン・ヘビー級王座:1回
  • NWAブラスナックル王座:1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回
  • NWA南部ヘビー級王座:1回
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:3回
NWAトライステート / ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
  • WCW Hall of Fame:1994年度
ワールド・レスリング・フェデレーション
※前年のブラジルの殿堂入り式典ではラッドがインダクターを務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Ernie Ladd, Hall of Famer in Football and Pro Wrestling, Dies at 68”. The New York Times (March 14, 2007). 2010年5月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e "The Big Cat" was seldom tamed”. SLAM! Sports (March 11, 2007). 2010年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d No stopping "The Big Cat"”. Steel Belt Wrestling (April 30, 2006). 2010年5月16日閲覧。
  4. ^ Ernie Ladd”. San Diego Hall of Champions Sports Museum. 2010年5月16日閲覧。
  5. ^ a b c d Football, wrestling star Ernie "Big Cat" Ladd dies of cancer”. Mid-South Wrestling.com (March 13, 2007). 2010年5月16日閲覧。
  6. ^ NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月16日閲覧。
  7. ^ a b The Cat in Bush's corner”. SLAM! Sports (July 26, 2000). 2010年5月16日閲覧。
  8. ^ NWF World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月16日閲覧。
  9. ^ Dusty Rhodes vs. Ernie Ladd”. Wrestlingdata.com. 2014年8月19日閲覧。
  10. ^ André the Giant vs. Ernie Ladd”. Wrestlingdata.com. 2014年8月19日閲覧。
  11. ^ 『THE HEEL(プロレスアルバム16)』P59(1981年、ベースボール・マガジン社
  12. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P40(1996年、日本スポーツ出版社

外部リンク[編集]