レロイ・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッド・バッド・レロイ・ブラウン
プロフィール
リングネーム バッド・バッド・レロイ・ブラウン
クレイジー・レロイ・ブラウン
イライジャ・アキーム
本名 ローランド・C・ダニエルズ
ニックネーム 黒い起重機
呪術師2世
身長 196cm
体重 154kg(全盛時)
誕生日 1950年11月30日
死亡日 1988年9月6日(満37歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州サバンナ
スポーツ歴 アメリカンフットボール
デビュー 1977年
テンプレートを表示

バッド・バッド・レロイ・ブラウン"Bad, Bad" Leroy Brown、本名:Roland C. Daniels1950年11月30日 - 1988年9月6日)は、アメリカ合衆国プロレスラージョージア州サバンナ出身のアフリカ系アメリカ人

より原音に近い表記は「ロイ・ブラウン」だが、本項では来日時の呼称や日本のプロレス・マスコミにおける汎用的な表記に準ずる。

来歴[編集]

NFLニューヨーク・ジェッツを経て、1977年にプロレスラーとしてデビュー[1]。日本でも人気の高いシンガーソングライタージム・クロウチのヒット曲"Bad, Bad Leroy Brown"(邦題『リロイ・ブラウンは悪い奴』)をそのままリングネームに、超大型の黒人ヒールとして売り出される。

デビュー当時はフリッツ・フォン・エリックが牛耳るテキサスダラス地区を主戦場に、1978年3月31日にキラー・ブルックスと組んでホセ・ロザリオ&アル・マドリルからNWAテキサス・タッグ王座を奪取[2]。ダラスではブルーザー・ブロディともスーパーヘビー級同士の肉弾戦を展開した[3]。その後は西海岸ロサンゼルス地区に転出し、1979年4月26日にチャボ・ゲレロを破ってNWAアメリカス・ヘビー級王座を獲得している[4]

同年6月、LA地区と提携関係にあった新日本プロレスクレイジー・レロイ・ブラウン"Crazy" Leroy Brown)の名義で初来日。アブドーラ・ザ・ブッチャー2世として注目され、来日第1戦ではストロング小林に勝利[5]アントニオ猪木とのシングルマッチも組まれ、坂口征二が保持していた北米ヘビー級王座にも挑戦した[5]。試合ではキャリア不足と不器用さを露呈したが、プレイング・マネージャー役のマサ斎藤にビール瓶で頭を殴らせるデモンストレーションは話題を集めた。

帰国後の1979年11月より、エディ・グラハムが主宰するフロリダ地区に参戦し、サー・オリバー・フンパーディンク率いるヒール軍団 "ハウス・オブ・フンパーディンク" [6]に加入してバグジー・マグローニコライ・ボルコフと共闘。11月24日にはスウィート・ブラウン・シュガーからNWA南部ヘビー級王座を奪取[7]、以降も同王座を巡ってダスティ・ローデスマニー・フェルナンデスと抗争を繰り広げた[8][9]1980年ビル・ワット主宰のミッドサウス地区でアーニー・ラッドと大型黒人タッグを結成、同じくジム・クロウチの "Bad, Bad Leroy Brown" の歌詞からリングネームを取ったジャンクヤード・ドッグとの黒人抗争も行われた[10]

1981年下期より、ジム・バーネット主宰のジョージア地区ベビーフェイスに転向。オーバーオール姿の陽気なキャラクターとなって子供達の人気を集め、マスクド・スーパースタースーパー・デストロイヤービッグ・ジョン・スタッドらを相手に巨漢同士の大型対決を展開[11][12]リック・フレアーNWA世界ヘビー級王座にも度々挑戦した[13]1982年2月28日にはアトランタオムニ・コロシアムで行われたNWA世界タッグ王座の争奪トーナメントにロン・フラーと組んで出場したが、海外遠征中だったジャンボ鶴田&天龍源一郎に2回戦で敗退している[14]。同年下期からはヒールに戻り、ジム・クロケット・ジュニア主宰のミッドアトランティック地区に登場。サージェント・スローターボブ・オートン・ジュニアマイク・ロトンドらが参加したバトルロイヤルに優勝してTV王座を獲得した[15][16]

1983年6月、フロリダ地区でイライジャ・アキームElijah Akeem)と改名し[17]、カリーム・モハメッドことレイ・キャンディザンブイ・エクスプレスThe Zambuie Express)を結成[18]ムスリム・コネクションThe Muslim Connection)の別名もあり、迷彩服を着用したイスラム系アフリカ兵ギミックの重量級黒人タッグチームとして、ブラックジャック・マリガン&バリー・ウインダムの親子コンビなどと抗争した[19]ジェリー・ローラージェリー・ジャレットが主宰するメンフィスCWAにも参戦し、ココ・B・ウェア&ノーベル・オースチンのプリティ・ヤング・シングスとAWA南部タッグ王座を巡る黒人タッグ抗争を展開[20]サンアントニオのテキサス・オールスター・レスリングではカマラとも共闘[21]、スーパーヘビー級のアフリカ軍団で猛威を振るった。

1984年3月には「ザンビア・エクスプレス」のチーム名で新日本プロレスに再来日(リングネームは「エリジャー・アキーム」などと表記された)。キャンディとのチーム解散後はリングネームをレロイ・ブラウンに戻し、1985年3月にはLAでアメリカス・タッグ王座を獲得したときの相棒バッドニュース・アレン[22]とのコンビで新日本に3度目の来日を果たしている[23]。その後はミッドサウス地区のUWFに登場し、1986年11月9日にビル・アーウィンと組んでUWF世界タッグ王座を獲得した[24]

WWF入りも噂されたが実現せず、1988年9月6日狭心症による心臓発作のため37歳で死去[1][25]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAビッグタイム・レスリング
NWAハリウッド・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):1回[7]
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / カリーム・モハメッド[26]
  • NWAフロリダ・グローバル・タッグ王座:1回(w / カリーム・モハメッド)[27]
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAミッドアトランティックTV王座:1回[16]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • AWA南部タッグ王座:2回(w / カリーム・モハメッド)[20]
テキサス・オールスター・レスリング
  • TASW 6人タッグ王座:1回(w / カリーム・モハメッド&カマラ[21]
MSWA / UWF

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P39(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  3. ^ Bruiser Brody vs. Leroy Brown”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  4. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  5. ^ a b The NJPW matches fought by Leroy Brown in 1979”. Cagematch.net. 2014年11月10日閲覧。
  6. ^ House of Humperdink”. Online World of Wrestling. 2010年2月3日閲覧。
  7. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月11日閲覧。
  8. ^ The CWF matches fought by Leroy Brown in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  9. ^ The CWF matches fought by Leroy Brown in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  10. ^ The UWF matches fought by Leroy Brown in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  11. ^ The GCW matches fought by Leroy Brown in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  12. ^ The GCW matches fought by Leroy Brown in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  13. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1982”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月11日閲覧。
  14. ^ GCW at Atlanta 1982/02/28”. Wrestlingdata.com. 2014年11月10日閲覧。
  15. ^ MACW at Greensboro, North Carolina 1982/11/25”. Wrestlingdata.com. 2014年5月22日閲覧。
  16. ^ a b NWA Mid-Atlantic Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  17. ^ The CWF matches fought by Leroy Brown in 1983”. Wrestlingdata.com. 2014年11月10日閲覧。
  18. ^ Tag Team Profiles: The Zambaui Express”. Online World of Wrestling. 2009年6月22日閲覧。
  19. ^ The CWF matches fought by Ray Candy in 1983”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  20. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  21. ^ a b Texas All-Star Wrestling USA 6-man Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  22. ^ a b NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  23. ^ The NJPW matches fought by Leroy Brown in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年10月25日閲覧。
  24. ^ a b UWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  25. ^ Bad, Bad Leroy Brown”. WWE Daily.com. 2009年6月22日閲覧。
  26. ^ NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  27. ^ NWA Global Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。
  28. ^ Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]