アレン・コージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレン・コージ
アレン・コージの画像
プロフィール
リングネーム バッドニュース・ブラウン
バッドニュース・アレン
バッファロー・アレン
"バッファロー" アレン・コージ
B・L・ブラウン
本名 アレン・ジェイムズ・コージ
ニックネーム 黒い猛牛
身長 187cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1943年10月22日
死亡日 2007年3月6日(満63歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨークシティ
スポーツ歴 柔道
トレーナー アントニオ猪木
デビュー 1977年
引退 1998年
テンプレートを表示

アレン・ジェイムズ・コージAllen James Coage, 1943年10月22日 - 2007年3月6日)は、アメリカ合衆国プロレスラー。また、モントリオールオリンピック柔道重量級の銅メダリストでもある。ニューヨーク州ニューヨークシティ出身のアフリカ系アメリカ人

プロレスでは、バッドニュース・ブラウンBad News Brown)またはバッドニュース・アレンBad News Allen)のリングネームで、新日本プロレスWWF(現:WWE)、カルガリー地区などを主戦場に、ラフよしテクニックよしのヒールとして活躍した。

来歴[編集]

ペンシルベニア州立大学時代に日本人柔道家の米塚義定六段(元・柔道アメリカ代表監督)に師事。AAUの柔道選手権重量級で5度優勝し、1975年にパン・アメリカン王者となる[1]1976年にはモントリオールオリンピックに出場、柔道重量級で銅メダルを獲得した。

1977年10月25日、当時異種格闘技戦に注力していた新日本プロレスの「格闘技世界一決定戦」(メインイベントはアントニオ猪木チャック・ウェプナー戦)に初来日。坂口征二と柔道ジャケットマッチを行うが敗退する。同年12月8日にはウィレム・ルスカとも対戦。以降、新日本プロレスの練習生として入門。バッファロー・アレンリングネームでプロレスラーに転向した。

1978年まではベビーフェイスのポジションでヒールのルスカと抗争を展開したが、1979年に本名のアレン・コージ名義でニューヨークWWFエリアを短期間サーキットした際[2]フレッド・ブラッシーマネージャーに迎えてヒール修行を行う。同年夏からはロサンゼルス地区で同じ黒人ヒールのレロイ・ブラウンビクター・リベラと組み、NWAアメリカス・タッグ王座を3回に渡って獲得した[3]

1980年より、髪をスキンヘッドにしてバッドニュース・アレンと改名。ラフファイト主体のヒールに変貌し、以降1987年まで新日本プロレスに連続参戦。プロレスに適応できなかったルスカとは対照的に、シリーズに欠かせない名脇役として活躍する。主にタッグマッチに才能を発揮し、タイガー・ジェット・シンスタン・ハンセンアブドーラ・ザ・ブッチャーブルーザー・ブロディなど、新日本の歴代エース外国人のパートナーを務めた。シングルでは坂口のWWF北米ヘビー級王座に再三挑戦したほか、1984年2月7日には蔵前国技館のメインイベントでアントニオ猪木と対戦。ブッチャーやラッシャー木村との仲間割れによる抗争アングルも組まれた。

北米マットでは、1982年よりスチュ・ハートが主宰するカナダカルガリースタンピード・レスリングに定着。同団体のフラッグシップ・タイトルであるスタンピード北米ヘビー級王座を巡り、ダイナマイト・キッドブレット・ハートモンゴリアン・ストンパーらと激闘を繰り広げた[4]1985年5月25日にはハワイにてラーズ・アンダーソンを破りNWAポリネシアン・ヘビー級王座を獲得[5]1986年末からはフロリダ地区に参戦、1987年1月20日にロン・シモンズからNWAフロリダ・ヘビー級王座を[6]、1月31日にケビン・サリバンからNWA南部ヘビー級王座を[7]それぞれ奪取している。

バッドニュース・ブラウン

1988年バッドニュース・ブラウンとしてWWFと契約。初のPPV登場となる同年3月27日のレッスルマニアIVで行われた20人バトルロイヤルでは、同じヒールとして共闘していたブレット・ハートを裏切って優勝を収めた(この一件によりブレット・ハートはベビーフェイスに転向し、スーパースターへの道を歩むことになる)[8]。その後もケン・パテラジャンクヤード・ドッグを破り、12月にはランディ・サベージWWF世界ヘビー級王座にも挑戦[9]。翌1989年3月11日放送(2月16日収録)のサタデー・ナイト・メイン・イベントではハルク・ホーガンと対戦した[10]

WWFではニューヨークハーレム育ちのストリート・ファイターというギミックを与えられ、誰も信用しない一匹狼のヒールとして活躍。タッグマッチを行っても必ずパートナーと衝突し、サバイバー・シリーズでは2年連続でチーム・メンバーと仲間割れを起こし、試合を放り出して一人で控え室に帰ってしまった[11][12]。フィニッシュ技は新日本マットでマスターした延髄斬りで、ハーレムの喧嘩屋というキャラクターに合わせゲットー・ブラスターGhetto Blaster)と名付けられた。WWFには1990年下期まで在籍し、ジム・ドゥガンロディ・パイパージェイク・ロバーツらトップスターとも短期抗争を行っている[13]

WWF離脱後は新日本プロレスに復帰し、本国ではカナダに永住してロッキー・マウンテン・レスリングなどのインディー団体を転戦。古巣のカルガリーではハート道場(通称 "ダンジョン" )の臨時コーチ役を務め、クリス・ジェリコらを指導している。1992年8月にはUWFインターナショナルに来日。柔道家時代に培った関節技を多用するなど、それまでの悪役レスラーのイメージとは異なる本来のテクニシャンぶりを披露した。1993年12月5日の神宮球場大会では桜庭和志チキンウィング・アームロックで破っている。

1998年1月にはカナディアン・ロッキーズ(アダム&ジェイ)を帯同して新東京プロレスにも参戦したが、同年に膝を手術して現役を引退。その後はカルガリーでショッピングモールの警備員として働きつつ、再興したスタンピード・レスリングのカラー・コメンテーターを務め、若手選手の指導にも携わった[14]

2007年3月6日早朝、急性心不全を起こし病院に緊急搬送されるが死去[14]。63歳没。同日、かつて所属していたWWEの公式サイトでも訃報が伝えられた。

エピソード[編集]

  • WWF時代のギミックそのままに、喧嘩の強さはレスラー仲間からも一目置かれていた。WWFのバックステージでダイナマイト・キッドが犬猿のルージョー兄弟(レイモンド&ジャック)に闇討ちされた際、キッドの親友である彼が騒ぎに気づいて現れると、ルージョー兄弟は一目散に逃げ出したという[15]
  • 黒人差別を激しく嫌悪し、アブドーラ・ザ・ブッチャーが「自分以上に敏感だった」と語るほどだったという。差別的な発言をしたアンドレ・ザ・ジャイアントをホテルの屋上へ連れ出し「謝らなければここから突き落とす」と脅しをかけたという逸話を残している。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 柔道
オリンピック
1976 モントリオール 93kg超級
パンアメリカン大会
1967 ウィニペグ 93kg超級
パンアメリカン柔道選手権
1968 サンフアン 93kg超級
NWAハリウッド・レスリング
NWAポリネシアン・レスリング
  • NWAポリネシアン・パシフィック・ヘビー級王座:1回 [5]
スタンピード・レスリング
  • スタンピード北米ヘビー級王座:4回 [4]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回 [6]
  • NWA南部ヘビー級王座:1回 [7]

入場テーマ[編集]

  • 『スナイパー・フロム・ザ・ダークネス』(大野雄二

脚注[編集]

  1. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P12(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ WWE Yearly Results 1979”. The History of WWE. 2010年5月2日閲覧。
  3. ^ a b NWA Americas Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月14日閲覧。
  4. ^ a b Stampede North American Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月14日閲覧。
  5. ^ a b NWA Polynesian Pacific Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月14日閲覧。
  6. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月14日閲覧。
  7. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月14日閲覧。
  8. ^ WWF WrestleMania IV”. pWw - Everything Wrestling. 2010年4月14日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1988”. The History of WWE. 2009年6月17日閲覧。
  10. ^ WWE Yearly Results 1989”. The History of WWE. 2009年6月17日閲覧。
  11. ^ WWF Survivor Series 1988”. pWw - Everything Wrestling. 2010年4月14日閲覧。
  12. ^ WWF Survivor Series 1989”. pWw - Everything Wrestling. 2010年4月14日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1990”. The History of WWE. 2009年6月17日閲覧。
  14. ^ a b Bad News Allen dies suddenly”. SLAM! Wrestling: March 6, 2007. 2009年6月17日閲覧。
  15. ^ 『ピュア・ダイナマイト - ダイナマイト・キッド自伝』P242(2001年、エンターブレインISBN 4-7577-0639-1

外部リンク[編集]