チャック・ウェプナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャック・ウェプナー
WepnerRossman.JPG
基本情報
本名 Charles Wepner
通称 The Bayonne Bleeder
階級 ヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1939年2月26日(75歳)
出身地 ニューヨークシティ, ニューヨーク州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 47
勝ち 31
KO勝ち 17
敗け 14
テンプレートを表示

チャック・ウェプナーChuck Wepner1939年2月26日 - )は、アメリカ合衆国の元ヘビー級プロボクサー

アメリカプロボクシング界では少数派のホワイトホープ・白人ボクサーであり、映画ロッキー』の主人公 ロッキー・バルボアのモデルになったと言われている(ロッキー (映画)#概要参照)。

来歴[編集]

ニューヨークのスラム街で育ち、少年院・刑務所と服役。服役中にボクシングを覚え、27歳で出所後にプロデビュー。

1975年3月24日、モハメド・アリの持つ世界王座に挑戦。9Rにダウンを奪うも、15RにTKO負け。

1976年6月26日(アントニオ猪木対モハメド・アリと同日)、ニューヨークシェイ・スタジアムで、プロレスラーアンドレ・ザ・ジャイアント異種格闘技戦で対戦するも、場外に落とされリングアウト負けとなった(3R 1分15秒)。

1977年10月25日、日本武道館アントニオ猪木と格闘技世界一決定戦で対戦。オープンフィンガーグローブを着用した猪木とのパンチ勝負では何度もダウンを奪うも、最後は逆エビ固めで敗れた(6R 1分35秒)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]