アントニオ猪木対モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントニオ猪木対モハメド・アリ(アントニオいのきたいモハメド・アリ)は1976年(昭和51年)6月26日に行われた、新日本プロレスの企画した「格闘技世界一決定戦」の内の一試合。当時の日本のプロレス界のエースであるアントニオ猪木と、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリによる世紀の一戦と騒がれた。試合会場は日本武道館

試合の実現[編集]

1975年(昭和50年)3月に、当時のWBAWBC統一世界ヘビー級チャンピオンだったアリは史上初のスポーツ界出身自民党国会議員日本レスリング協会会長八田一朗に向かって「100万ドルの賞金を用意するが、東洋人で俺に挑戦する者はいないか?」とジョークを言った。アリは「拳でも口でも戦う男」として有名で、当然この発言もアリ独自のリップサービスであることは世間も承知だった。しかし、これに食いついたのが日本のアントニオ猪木であった。猪木は「100万ドルに900万ドルを足して1,000万ドル(当時のレートで30億円)の賞金を出す。試合形式はベアナックル(素手)で殴り合い。日時、場所は任せる」といった挑戦状をアリ側に送ったが、マスコミも世界のアリとプロレスラーが戦うなど実現は到底不可能と思っており、当初は冷めた反応だった。しかし、この猪木の挑戦状に反応したアリは6月9日、マレーシアでのジョー・バグナーとの防衛戦前に東京に立ち寄り、会見を開いた。会見でアリは「猪木なんてレスラーは名前すら知らなかったが相手になる。レスリングで勝負してやる」と発言、これにより半信半疑だったマスコミも一気に火がつき、新聞でも大きく取り上げられることとなった。

しかし、ドン・キングを含めたアリのマネージャー群が、一連のアリの発言を撤回し、全てを白紙に戻してしまった。世界的に有名なアリと知名度の低い日本のレスラーを戦わせるということなど、そう簡単に許可できるものではなかった。これに反発した猪木は、アリが逃げられないように外堀を埋めていった。10月に入るとアメリカヨーロッパのマスコミに対してアリ戦のアピール記事と写真を送りつけた。これが反響を呼び、オランダ柔道世界一であったウィレム・ルスカが「アリと戦う前に俺と戦え」と猪木に挑戦状を送りつけ、1976年(昭和51年)2月6日に猪木とルスカが対戦し、20分56秒で猪木がTKO勝ちをした(後にルスカは、妻の病気で金に困っていて仕方なくこの試合を行ったと日本の雑誌インタビューで答えている)。

これだけ反響が大きくなるとアリ側も猪木の挑戦を無視できなくなり、ニューヨークロサンゼルスにおいて猪木と極秘会談を行った。試合形式(15ラウンド制)、ギャラ、ルール問題が難航したが、ある程度まで交渉が進んで行き、1976年(昭和51年)3月25日にはニューヨークで調印式を行うこととなった。猪木は当時の妻倍賞美津子を連れ、袴姿で調印式に登場した。ギャラの問題は、1,000万ドルを譲らないアリ側と、600万ドルを提示する猪木側で折り合いがつかず、調印式当日まで揉めた。しかし最後はアリ本人が「600万ドルは飲めないが、600万ドル以上ならOKだ」と言い、結局610万ドルで双方とも合意に達した。この調印式でアリは、猪木の突き出た顎を指して「まるでペリカンのくちばしだ。お前のそのくちばし(顎)を粉々に砕いてやる」と挑発的な言葉を浴びせた。これに対して猪木は全く顔色を変えず、「私の顎は確かにペリカンのように長いが、鉄のように鍛え上げられている」と返答。更に「日本語をひとつ教えてあげよう。アリとは日本で虫けらを指す言葉だ」と言い返したところ、アリは激高し「ペリカン野郎め。今すぐ叩きのめしてやるぞ」と大声で叫んだ。この「ペリカン野郎」発言はアリの語録、及び猪木のニックネームのひとつとして後々語り継がれる名文句となった。

アリのギャラはNET東京スポーツ社等、各方面から少しずつ借金してアリに支払われる予定であった。試合前に180万ドル、試合後に120万ドル、クローズドサーキットの収入から310万ドル、合計610万ドルがアリのギャラとして予定された。ただし、実際に猪木側がアリ側に支払った金額は180万ドルに留まる。

アリには以前からプロレス興行で試合をした経験があり、プロレスというエンタテインメントの特性などは、詳しく理解していたが、両陣営の話が互いに一方的な条件を出し合い譲ることなく、事前交渉が決裂した形になったともされる。当時レフェリー兼外国人プロレスラーの世話係の担当であったミスター高橋は後に自著でアリを崇高な人格者と表現した上で、その取り巻きの態度の悪さに怒りを露わにしていた。高橋はそれらの件について猪木も腹に据えかねる思いであったろうと推察している。

アリの来日とルール策定[編集]

1976年(昭和51年)6月16日、アリが来日した。羽田空港には2000人のファンが押し寄せ、大混乱となった。6月18日に行われた会見の場では、両者は試合前からヒートアップをしており、アリのビッグマウス(リップサービス)がさらにそのムードを煽った。「猪木の汚い顔は見たくない」「俺は世界一有名な男。猪木は俺と戦ったおかげで有名になる男」など、会見中は止まることなく猪木を挑発し、その口を閉じることはなかった。また、アリは猪木に本気の力でプロレス技のヘッド・ロックを仕掛けたり、ジャブを打って見せたりと大はしゃぎであった。これにより猪木の闘争心が急上昇。猪木も「アリにプレゼントがある」と言って松葉杖を贈呈したり、あまりに口数の多いアリに対して「ウチの会社の宣伝マンとして雇いたい」とジョークを言ってアリを苦笑させるなど、前哨戦では互角の戦いを見せていた。

当時、現役プロレスラーであった山本小鉄は、サムライTVの番組内にて「アリは単にエキシビションのつもりで来日したが、公開スパーリングでの猪木の本気振りを観て驚き、突然『試合をキャンセルする』と言い出し、頑として聞かなかった。その為『どんなルールでも構わないからとにかく試合をしてほしい』と交渉した結果、あのルールになった」と話している。通訳を務めたケン田島によると、アリは最初「それでリハーサルはいつやるんだい?」と聞いてきたという。「ノー! ノー! これはエキシビションではない。イッツ、リアルファイト! OK?」と伝えると驚いた表情で「何だと?」と返した。

6月20日に後楽園ホールで入場料3千円が設定された公開スパーリングでは徹夜組もでた。ミスター高橋によれば、スパーリングに先立ってアリキックを考案していたほど入れ込んでいた猪木の真剣さを目の当たりにしたアリ側は、この日を境に頻繁にルールの修正を求めるようになる。猪木側の交渉は新間寿に一任されており、ルール問題について連日の交渉に臨んだ。 交渉が難航するとアリ側は、試合当日まで1週間を切り、今さらこの大イベントをキャンセルするなど主催者である新日本プロレスができないことにつけこみ「それなら試合はせずにアメリカに帰る」と言い、ルール変更をごり押しした。この問題に頭を抱える新間に猪木は「(要求は)何でも飲め。俺はアリを困らせるために日本に呼んだんじゃなく、アリと試合をするために呼んだんだ」と促し、ルールは次々とアリの有利な方向へ変更されていった。この時点で猪木は「アリに勝つ」ことではなく「アリと試合をする」ことに重点を置いていたと思われる。また、アリは「グローブは着けずに素手で戦う」と言ったり、NETの番組「水曜スペシャル」において猪木が提案した(勝った方がギャラを総取りする)賞金マッチを受けて「よし、OKだ」と返答したにもかかわらず、翌日には撤回したりと、その日その日で発言が変わり、焦りの色を隠せなかった。 後楽園ホールでのスパーリングのほか、入場料2千円のアリのジムでの公開練習、参加費5万円の京王プラザホテルで行われたディナーパーティが行われた。パーティの定員は400人であったが完売した。

試合のルールは、ほとんどのプロレス技が反則になるという猪木にとっては不利なもので、この「手かせ足かせルール」は事前のルール決定の会談においてアリ側の半ば強引な交渉によるものだったと言われている。それは公開スパーリングで猪木の激しい技を目の当たりにしたアリ陣営が、普通のプロレスリング対プロボクシングの試合では勝つことが難しいと悟ったためであるとされる。 また、新日本陣営は当初レフェリーにルー・テーズを希望したがアリ陣営から却下された。テーズ自身も猪木からオファーがあった事実は自著で語っている。

試合当日[編集]

入場料金はロイヤルリングサイド席(後援者や関係者のみで、一般販売はせず)が30万円、特別リングサイドが10万円、リングサイドAが8万円、リングサイドBが6万円という異例の金額であった。 この試合の宣伝ポスターは数種類存在し、そのひとつには俳優の石坂浩二によって描かれたものもある。猪木がこの試合のためにあつらえたガウンも石坂のデザインである。 試合当日は「格闘技オリンピック」と題して、全米各地でイベントが開催された。ニューヨークではWWWF世界ヘビー級王座戦としてブルーノ・サンマルチノスタン・ハンセン異種格闘技戦としてアンドレ・ザ・ジャイアントチャック・ウェプナーなど。シカゴではAWA世界ヘビー級王座戦としてニック・ボックウィンクルバーン・ガニアAWA世界タッグ王座戦としてディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキーブラックジャック・ランザ&ボビー・ダンカンなど。ヒューストンではNWA世界ヘビー級王座戦としてテリー・ファンクロッキー・ジョンソン、ロサンゼルスではウィレム・ルスカ対ドン・ファーゴなど。これらの試合は猪木対アリ戦も含めて、全米で170か所、カナダで15か所、イギリスで6か所などでクローズドサーキット(劇場での有料中継)で流れた(入場料は1人20ドル)。

試合前にテレビカメラがアリの控え室に入り、アリの試合前の様子を撮影していたが周りが、アリのスパーリングの時間になるとカメラのレンズ部分に手をかざし、その場を覆い隠していた。また、ミスター高橋は暴露本の中で「バンテージを巻く際に退出を命じられた」と明かしている。「拳が石のように固かった」「中に鉄板を入れていた可能性がある」等と噂され、ミスター高橋自身も「バンテージのナックルパート部分にシリコンを注射する方法がある」と触れている。しかし元WBA、WBCストロー級王者の大橋秀行は「そんなことをしたらボクサー自身が拳を痛めてしまうため、100%ありえない」と否定している。

一方の猪木側の控え室にもカメラが入ったが、猪木は終始無言の状態であった。新間は自身の交渉でルールが圧倒的に猪木不利になってしまった償いとして「社長、黙ってこれを履いてください」と、猪木に鉄板入りのリングシューズを用意した。しかし猪木は「新間、俺は後で悔いの残る試合はしたくないんだよ」と答え、改造シューズの使用を断った。なお猪木は後年、アリのパンチ力について「ちょっと小突かれた程度でグラグラッときた」「グローブに細工をしていようがしていまいが、あまり気にする必要はなかった。まともに喰らったら間違いなく立てない、超一流のパンチ」と述べている。

試合開始のゴングと共に、タックル、チョップ、投げ技、関節技などを禁止された猪木はアリの足元にスライディングをして、アリを転倒させる作戦に出たが失敗。それから猪木は幾度となくリングの上に寝転がり、アリの足を集中的に蹴った。そんな猪木の攻め方に、少し苛立ちを感じたアリは猪木に立つように挑発。猪木も何度か立ち上がりはしたものの、またアリの足を狙いに寝転がった。 猪木の蹴りによるダメージは確実にアリに蓄積していたが、試合中では足の痛みを晒け出すことなく常に軽やかなステップを踏み続けた。 猪木のセコンドを勤めたカール・ゴッチは、戦法に対して特にアドバイスをすることはしなかった。しかし後に、猪木にとって不利な試合ルールであったことに理解を示しつつも「戦法を間違えた」と評したことがある[1]。 最終ラウンドに近づくにつれて、キックを受け続け体力も消耗していったアリのやる気は徐々に薄れていき、猪木を挑発することも無くなった。猪木も決定打を出すことはできず3分15ラウンドを戦い抜き、引き分けという結果に終わった。 15ラウンドのほぼ全ての時間を寝ながら戦った猪木と何もなす術のないアリに対して、観客は物を投げたり、罵声を浴びせた。

試合後、猪木のアリキックによりアリの太ももは激しく腫れ上がり、膝の裏に血栓症を患い、毎日新聞の報道によるとサンタモニカの病院に入院し、ボクシングの試合を延期した(猪木戦後、アリは韓国とマニラを訪問し韓国ではアマチュアボクサーとエキシビションをおこなっている。アリが入院したのは猪木戦の1週間後。入院日数は3~4日。アリvsケン・ノートン戦は開催が危ぶまれたが、当初の予定通り猪木アリ戦の3ヶ月後の9月27日に開催されている)。アリの退院時に記者会見がおこなわれ、同席したケン・ノートンから「アリの怪我は世間の同情と注目を集めるためのフェイクだ」と言われた。その後もアリは入退院を繰り返し、この試合でのダメージが5年後の現役引退の大きな要因になったとまで言われている。また猪木も、15ラウンドの全てを寝ながら戦い抜くには強靭な肉体、スタミナが必要であり、何度もアリの足を蹴ったために脛と足の小指を骨折した。猪木いわく「足が3倍に腫れた」という。

この試合は当日、NET(現テレビ朝日)が中継を行う予定だったので事前に扱うと宣伝になり同業他社を支援することになってしまうこと、NET以外の民放局は普段、プロレスは報道しないこともあって報道番組では扱わなかった。しかし、視聴率戦争とは縁遠かった当時のNHKニュースセンター9時(キャスターの磯村尚徳は「世紀の茶番」と報じた[2])を中心に、試合前の記者会見の模様をはじめ、試合結果の報道も行った。四大新聞では毎日新聞が試合前から度々報道していた。なおNETの中継の視聴率は38.8%(ビデオリサーチ調べ)だった[3]

日本プロレス界において猪木と並び立つ雄であるジャイアント馬場は試合後にコメントを求められ「プロレスのリングでおこなわれるものは、すべてプロレス」と、この試合がリアルファイトであることを否定するコメントを出した。 ただし、馬場はこの試合には準備段階から一切関わっておらず、また当時はレスラーとしても、団体の社長としても猪木とはライバル関係にあったため、どのような形であれ猪木を持ち上げるわけにはいかない立場ゆえの否定的発言と見られ、このコメントをリアルファイトか否かの判断材料にはできない。

その後の猪木とアリ[編集]

この一戦を終えた猪木の名は世界に広まり、新日本プロレスはヨーロッパ各国でテレビ放送されるまでになった。パキスタン遠征やドイツ遠征も果たしたことでもそれは証明される。 猪木および新日本プロレスは多額の借金を背負わされることになった。そのため、新日本プロレスはその後も人気のあった異種格闘技戦を、年間シリーズとは別に興行せざるを得なくなった。猪木のギャラはクローズドサーキットの収益から100万ドルを受け取る予定だったが、収益が見込みに達さず、その責任を取る形で猪木は社長から会長職に棚上げ、新間は営業本部長から平社員に格下げとなった。このギャラ問題で新日本側はアリ側に「こういう事態になったのはアリ側の強引なルール変更が原因でまともな試合ができなかったため」という理由で損害賠償を求め、アリ側も契約不履行の訴訟するに至り、後に和解した。

しかし、2人の関係が完全に途絶えたわけではなかった。猪木が平壌で行った「平和の祭典」の際にアリは、猪木とリック・フレアーの試合の立会人を務めるために参加したり、1998年(平成10年)4月4日のアントニオ猪木のドン・フライとの引退試合には、パーキンソン病で侵されていた体を無理に動かし、猪木に花束を贈呈した。アリに対して猪木が笑顔でファイティングポーズを取ると、それを見てアリも笑顔で応えた。ただし2人の「友情」についてはアリの経済的事情を考慮に入れるべきである。

これ以降、2人は公の場では遭遇していないが、猪木は日本武道館で行われたウィル・スミス主演の映画『アリ』の試写会に参加し、アリ戦との思い出を語った。

ソフト化[編集]

本試合は昨今頻繁に行なわれている格闘技戦の始祖と言われているだけに、ビデオ、DVDなどのソフト化、ノーカット再放送の要望は高かったが、さまざまな問題(版権、ロイヤリティ等)でソフト化は実現してこなかった。再放送に関してはダイジェストで2度ほど放送されたことがあるが、ノーカット放映はされていない。ソフト化されない理由について、ワールドプロレスリングのプロデューサーだった松本は「売れるとは思えないから」と答えている。

そのような中、アリ側の権利関係などをクリアした上で、2014年6月26日に集英社から「燃えろ!新日本プロレス」シリーズの「エクストラ」として、2枚組DVDが発売されることとなった。[4]

リアルファイトか否かの論争[編集]

  • 真剣勝負か否かについては諸説あるが、アリ側のプロモーターであるボブ・アラムの証言に「(筋書きのある)エキシビションにはならなかった。私は一目見てわかった。まったくひどい試合だったからだ。フェイクファイトならもっとうまくやれただろう」というのもある。ボブ・アラムはアリの顧問弁護士でもあり、アリとの契約を一手に引き受けていたことから猪木アリ戦の契約内容を熟知しているはずだという指摘がある。また、この試合は、猪木の全試合の中で唯一と言える真剣勝負であるという証言が複数の関係者から出ている。新間寿は猪木と仲違いしていた時期に出版した暴露本で「モハメド・アリ戦とアクラム・ペールワン戦はアントニオ猪木が筋書き無く真剣に戦った試合である」と著している)。ただし「真剣勝負」という言葉を巧妙に避けている点に注意が必要との指摘がある。
  • アリは来日後「リハーサルはいつやるんだ」と聞いていることから、少なくともアリの来日まではエキシビションで合意していたと考えられる。アリとアリ側の人間が契約内容を誤解していたとする説があるが、ニューヨークの調印式まで9ヵ月もかかっていて、契約はアリの顧問弁護士がおこなっていたので、それは考えにくい。
  • アリは試合後「あれはジョークさ!」とコメントし世界中に打電された。また来日前のインタビューでアリは「猪木を本気で殴らない」「この試合はエキシビションマッチだ」と答えている。このときの録音テープがテレ朝の特番で公開された。
  • 主にプロレスマスコミを通して喧伝されたルール策定の経緯については諸説あり、新間寿は、猪木と仲違いしていた時期に、プロレス技禁止の話はなかったと証言したことがある。しかしながら、古参の一般紙マスコミが残した日記には「なげ技とカンセツハキンシ、アリの頭へのと、イノキ立ったままでキックは禁シ」(原文のまま)と書かれている。また、猪木がリングで寝ながら戦うことによって、試合そのものが「世紀の凡戦」「茶番劇」と言われた背景には、アリ陣営がマスコミに対してこのルールの公表を禁止したことに加えて(試合の1カ月前と3日前にルール全文が東スポに掲載されたという指摘がある)試合当日までルールが完成していないためにテレビ放送内でも詳しいルール説明ができず、ルール自体が世間にあまり浸透していなかったことも要因のひとつとして挙げられる。
  • マスメディアは永らくこの一戦を「世紀の凡戦」、「世界に笑われたアリと猪木」と酷評した。しかし年月を経るにつれルールが明確になり、試合(特に猪木の戦い方)の評価は高まっていった。1990年代以降、総合格闘技が隆盛すると、総合格闘技のリングで打撃を得意とする選手と、寝技を得意とする選手がしばしばこのときの猪木とアリのような体勢になり、その体勢のことを「猪木アリ状態」と呼ぶ。
  • アリのマネージャーをつとめたフレッド・ブラッシーはもっとプロレス的な面白い試合を提案したが、なぜか却下されたと、ブラッシーの妻(日本人)が証言している。

脚注[編集]

  1. ^ 篠原勝之 『ケンカ道(けんかみち) その“究極の秘技”を探る』 祥伝社〈ノン・ライブ〉、1987年12月、210頁。ISBN 4-396-62007-1
  2. ^ 後に猪木は磯村が立候補していた1991年東京都知事選挙に出馬を表明したが(その後撤回)、その際に磯村のこの発言が出馬の理由だと述べた。
  3. ^ 2010年5月28日放映、NHK衛星第2テレビ「日めくりタイムトラベル
  4. ^ 猪木VSアリ初DVD化!6月26日ノーカット版で発売スポーツ報知2014年5月25日付

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]