倍賞美津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ばいしょう みつこ
倍賞 美津子
倍賞 美津子
生年月日 1946年11月22日(68歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県
民族 日本人
血液型 B
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1967年 -
配偶者 アントニオ猪木1971年 - 1988年
著名な家族 姉:倍賞千恵子
事務所 ロータス・ルーツ
公式サイト MITSUKO BAISHO OFFICIAL SITE
主な作品
影武者
恋文

楢山節考

倍賞 美津子(ばいしょう みつこ、1946年11月22日 - )は、日本女優茨城県出身。左利き。事務所はロータス・ルーツ

来歴・人物[編集]

幼少時に東京都北区に移り、北区立紅葉中学校卒業後、1962年松竹音楽舞踊学校に入学した。1965年松竹歌劇団に第18期生として入団する。学校生時代の舞台実習を経て、同年、グランドレビュー「東京踊り」でデビューする。同年、新人賞を受賞し、注目を浴びる。浅草国際劇場を中心に、ダイナミックな歌とダンスで大活躍を続ける。

1967年、『純情二重奏』で実姉の倍賞千恵子と異母姉妹を演じ、映画デビューする。1969年五社英雄監督の『人斬り』で京都市民映画祭の新人賞を受賞する。

その後、松竹に入社し、デビュー作の『喜劇・女は度胸』以来、森崎東監督の作品に出演を続け、看板女優の一人となる。『人生劇場』に出演。1979年今村昌平監督の『復讐するは我にあり』でブルーリボン助演女優賞を受賞する。

以後、『影武者』、『』、『楢山節考』、『陽暉楼』に出演した後、1985年には『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』、『恋文』で日本アカデミー賞キネマ旬報賞毎日映画コンクール報知映画賞を受賞。

近年も『OUT』、『ニワトリはハダシだ』などに出演し、2002年、「毎日映画コンクール田中絹代賞」を受賞する。

プロレスラーのアントニオ猪木は元夫。前新日本プロレス社長のサイモン猪木は、実娘でミュージカルアニー』でアニー役を演じた元女優・猪木寛子の夫である。また、弟の倍賞鉄夫は長年新日本プロレスでリングアナを務め、現在は猪木事務所社長。

2002年5月3日の『新日本プロレス30周年記念東京ドーム大会』にサプライズゲストとして現れ、元夫の猪木とともに「1、2、3、ダー!」を披露した。

エピソード[編集]

ザ・ノンフィクション(フジテレビ、2010年1月10日放送) に出演した際、新日本プロレス旗揚げ戦(1972年3月6日/東京都大田区体育館)で、倍賞美津子自らが宣伝カーのナレーションを担当したことや、1976年に行われたアントニオ猪木vsモハメド・アリ戦の時に、記者会見で猪木が着用した紋付袴の着付けを自分が行ったことなど、新日本プロレス創成期のエピソードを初めて語った。

2000年前後に六本木3丁目で居酒屋ばいしょうを姉妹で経営していた。

2007年のドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」でオカン役を演じて以降、ドラマではゲスト出演も含めて、主人公の母親役を演じる事が多くなっている。

落語家、3代目柳家権太楼とは幼なじみで、小学校・中学校とが同じ。

漫画『あたしンち』の立花家のお父さんは倍賞のファンという設定。

アントニオ猪木の誕生日パーティーの際、頭からリボンを垂らして玄関から飛び出し「私がプレゼント!」と叫び猪木を驚かせた。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

CM[編集]

  • 資生堂 エリクシール(1983年)花椿会フェア(1986年)
  • 薩摩酒造 さつま白波(1980年代)
  • 宝酒造 焙炒造り - 姉妹で出演。「冷やして飲むのが倍賞流」というコピーだった。
  • 大正製薬 ナロンエース
  • サントリー 抹茶入り伊右衛門 - 姉妹で出演。

その他[編集]

音楽活動[編集]

シングル[編集]

  • 星屑の夜/愛の湖
  • 今そこにいるあなた
  • 世界の国からこんにちは(各レコード会社との競作)
  • いつも一緒に(1977年、「炎のファイター〜アントニオ猪木のテーマ」のB面曲で、同曲に歌詞(作詞:なかにし礼)をつけたもの)
  • 今夜はいい気分(1985年、)

アルバム[編集]

  • 恋の芽ばえ—倍賞美津子 夜のムードをうたう(1969年)
  • MI・TSU・KOいろ(1985年)

外部リンク[編集]