午後の遺言状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
午後の遺言状
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
製作 新藤次郎
製作総指揮 溝上潔
井端康夫
出演者 杉村春子
乙羽信子
朝霧鏡子
観世栄夫
音楽 林光
撮影 三宅義行
編集 渡辺行夫
製作会社 近代映画協会
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 1995年6月3日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

午後の遺言状』(ごごのゆいごんじょう)は、1995年公開の日本映画新藤兼人が監督と脚本を兼任した。

概要[編集]

第38回ブルーリボン賞および第19回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。日本を代表する名女優杉村春子の最後の映画主演作、新藤の妻・乙羽信子の遺作、1950年に引退していた朝霧鏡子の45年ぶりの出演作である。

新藤は、「シナリオ」や「撮影日記」、追悼記「乙羽さんのことなど」などを収めた『午後の遺言状』を岩波書店で刊行している。(1995年3月、同時代ライブラリー版、絶版)

人間の老いと死、または生に関する様々な話題を、時にコミカルに、時に悲しく描いている。また様々なキャストで舞台化もされ、現在に至るまで全国各地で上演されている。

ストーリー[編集]

老齢の女優蓉子は避暑のために、豊子に管理を委託している山間の別荘に滞在する。そこで、人間の老いと死や夫婦に関わる事件に次々と遭遇する。奇妙な短い遺言とともに大きな石を残した用意の良い老人の自殺、重度の認知症になったかつての女優仲間と、献身的に看護するその夫との再会と別れ、亡き夫の思わぬ人物との不倫、義理の娘の結婚(婚約=足入れ式)など・・・。その度に蓉子は元気付けられたり、落ち込んだり、自身の死について考えたりする。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

第69回キネマ旬報ベスト・テン
委員選出日本映画部門第1位/監督賞/主演女優賞(杉村春子)/助演女優賞(乙羽信子)
第50回毎日映画コンクール
日本映画大賞/監督賞/女優主演賞(杉村春子)/特別賞(乙羽信子)
第8回日刊スポーツ映画大賞
監督賞/主演女優賞(杉村春子)
第19回日本アカデミー賞
最優秀作品賞/最優秀監督賞/最優秀助演女優賞(乙羽信子)/最優秀脚本賞(新藤兼人)/優秀編集賞
その他
第38回 ブルーリボン賞 作品賞
第20回 報知映画賞 最優秀作品賞

外部リンク[編集]