岩下志麻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いわした しま
岩下 志麻
岩下 志麻
本名 篠田 志麻(しのだ しま)
旧姓:岩下
生年月日 1941年1月3日(73歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市京橋区
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1958年 -
活動内容 1958年:デビュー
1962年:『秋刀魚の味
1969年:『心中天網島
1977年:『はなれ瞽女おりん
1979年:『草燃える
1986年:『極道の妻たち
配偶者 篠田正浩1967年 - )
著名な家族 野々村潔(父)
事務所 グランパパプロダクション
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
主な作品
映画
切腹』 / 『秋刀魚の味
心中天網島』 / 『智恵子抄
はなれ瞽女おりん』 / 『鬼畜
極道の妻たちシリーズ』 / 『桜の樹の下で
テレビドラマ
バス通り裏』 / 『草燃える
独眼竜政宗』 / 『葵 徳川三代

岩下 志麻(いわした しま、1941年1月3日 - )は、日本の女優。東京府東京市京橋区(現:東京都中央区銀座生まれ[1]。本名は篠田 志麻(しのだ しま)。

松竹の看板女優の一人として活躍した。夫は映画監督の篠田正浩。父は俳優の野々村潔。4代目河原崎長十郎は義理の伯父に当たる。

身長165cm、体重48kg、血液型A型[2]グランパパプロダクション所属。

来歴[編集]

叔母の山岸しづ江前進座リーダー河原崎長十郎と結婚した関係で、一家は吉祥寺の前進座住宅の近くで暮らす[3]武蔵野市立第三小学校第三中学校を経て[1]東京都立武蔵高等学校から明星学園高等学校へ編入。成城大学文芸学部中退。

デビューは、テレビドラマの方が先で1958年NHKドラマ『バス通り裏』、映画では2年後の1960年昭和35年)の『笛吹川』。松竹には1960年から1976年(昭和51年)まで16年に渡って在籍し、その屋台骨を支えた。1960年の映画『秋日和』の数シーンで岩下を起用した監督の小津安二郎は彼女の女優としての素質を見抜き、「10年に1人の逸材だから大切に育てるように」と松竹の幹部達に語ったという。[要出典]1962年(昭和37年)には小津にとって映画『秋日和』以来の松竹作品であり、遺作となった映画『秋刀魚の味』のヒロインに抜擢され、小津のラストを締めくくった。小津は次回作『大根と人参』も岩下をヒロインに想定して構想を練っていた。[4]今でも海外に行った時には、小津について質問を受けることが大変多いと岩下は語っている[3]

映画『極道の妻たち』シリーズへの出演が有名だが、日本メナード化粧品のCMに長く出演していることも広く知られており、2000年平成12年)に28年という、専属タレント契約としては世界最長の記録が『ギネス・ワールド・レコーズ』に認定された[5]。しかし、山本海苔店と専属タレント契約を締結している山本陽子の契約年数が、42年とそれを大きく上回ることが判明し、2010年にギネス記録として認定された[5]

2004年(平成16年)、紫綬褒章を受章した。

2005年(平成17年)、松竹の創業110周年祭の記念トークショーに登場し、「松竹では素晴らしい作品や監督に出会えて育てていただいたので思い入れがあります。女優王国で、男優さんより女優さんという感じで居心地は最高でした」と語った。

2012年(平成24年)、旭日小綬章を受賞した。

人物[編集]

1967年昭和42年)3月3日、京都の大徳寺にて松竹白井昌夫専務夫妻の媒酌で、映画監督篠田正浩と挙式。式は仏前結婚式で、般若心経を誦した後、数珠を交換した。三三九度は茶碗に薄茶を入れて行った。2007年平成19年)に結婚生活40年を迎えている。1973年(昭和48年)6月に長女を出産。孫は二人いる。

趣味旅行(一人旅)、携帯電話メール陶芸。特に携帯電話のメールは、絵文字を駆使するなど、若者に引けを取らないほど使いこなすことが出来るという。

途上国の子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン[1]のチャイルド・スポンサーシップ[2]を通して、国際貢献をしている。

役柄では激しい、気の強いキャラクターが多いが、実像は“駆けずのお志麻”とあだ名される、おしとやかでのんびりしたタイプである。ちなみに、同様に激しい役柄が多いのに実像はのんびりしているため“モヤ”と仇名される仲代達矢とは、そろって五社英雄監督に贔屓にされ、何本かで共演している。夫の隠し子を虐待死させる映画『鬼畜』では、オフでも絶対に子役に優しくしないようにと野村芳太郎監督に厳命され、トラウマを与えたのではないかと心残りだったが、成人したのちにバラエティ番組で再会し安堵している。

プライベートでは2001年(平成13年)に放映されたドラマ『本家のヨメ』(日本テレビ系)で共演したビビアン・スー、2000年に放映された大河ドラマ葵 徳川三代』(NHK)と『鬼畜』で共演した小川眞由美、『葵 徳川三代波乃久里子と仲がよい。

2006年(平成18年)に放送されていたドラマ『花嫁は厄年ッ!』(TBS)で、長男・安土一郎役を演じていたナインティナイン矢部浩之メル友になり、2007年(平成19年)2月15日OAの『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では矢部が岩下からチョコメールをもらったことを告白した。

受賞・受章[編集]

報知映画賞
日刊スポーツ映画大賞
日本ジュエリーベストドレッサー賞
  • 第2回(1991年)50代部門
  • 第18回(2007年)60代以上部門
褒章

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

他、多数

ラジオ[編集]

CM[編集]

レコード・CD[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • 『美しい日本の私 -追悼・川端康成-』(川端康成の肉声。岩下の『雪国』『伊豆の踊り子』『女であること』<いずれも一部>の朗読。DENON。 1972年発売)
  • 『炎のごとく』(岩下の歌とナレーションで構成されたアルバムキングレコード。1975年発売。現在はCD化されている)
  • 『岩下志麻のナレーションで綴る 石原裕次郎八代亜紀ナイトクラブムード』(LPで発売。現在はCD化されている)
  • 『特別な他人』落合恵子の詩を朗読。BGMは谷山浩子他。LPで発売。CD化はされていない

著書[編集]

論文[編集]

写真集[編集]

  • 『時の彼方へ』(撮影:谷口征。大陸書房
  • 『岩下志麻』(撮影:谷口征。愛宕書房

ビデオ[編集]

  • 岩下志麻 フィレンツェの光と影 (※岩下自身のイメージビデオ。30分。監督:井上昭。大陸書房)

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本映画俳優全集・女優編』、キネマ旬報社、1980年、p.101-103
  2. ^ 岩下志麻 - プロフィール” (日本語). YAHOO! JAPAN 人物名鑑. 日本タレント名鑑 (2010年10月). 2010年10月19日閲覧。
  3. ^ a b 週刊新潮」2011年10月12日号150-153頁。
  4. ^ 千葉信夫、『小津安二郎と20世紀』、国書刊行会、p337
  5. ^ a b 山本陽子にギネス認定、山本海苔CM42年”. 日刊スポーツ (2010年1月16日). 2013年8月30日閲覧。
  6. ^ “超迫力!岩下志麻が中国人マフィア!!“マル暴”米倉涼子と初共演”. SANSPO.COM. (2014年6月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140623/oth14062305030007-n1.html 2014年10月17日閲覧。 
  7. ^ 失敗しない女医VS“極妻”!? 「ドクターX」で岩下志麻が医療ドラマ初挑戦!”. Smartザテレビジョン (2014年10月16日). 2014年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]