山本富士子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまもと ふじこ
山本 富士子
山本 富士子
1950年
本名 同じ
生年月日 1931年12月11日(83歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市西区立売堀
国籍 日本の旗 日本
身長 159cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1953年 -
主な作品
映画
夜の河』/『彼岸花』/『暗夜行路
黒い十人の女』/『私は二歳
雪之丞変化
テレビドラマ
『明治の女』/『大文字はもう秋』

山本 富士子(やまもと ふじこ、1931年12月11日 - )は日本女優。本名は同じ。愛称はお富士さん。身長159cm。

来歴・人物[編集]

山本富士子邸跡、京都寺町三条下ル

大阪市西区立売堀生まれ。母は船場の綿花問屋山重の主人の長女。和泉市で育ち、後に泉大津市助松に引越し浜寺小学校に入学。少女時代、花柳禄寿門下の花柳禄之助について日本舞踊を習う。大阪府立大津高女(現・大阪府立泉大津高等学校)→京都府立第一高女(現・京都府立鴨沂高等学校)卒業。

1950年読売新聞社中部日本新聞社西日本新聞社が主催する第1回ミス日本(700人近い応募者があった)において、満場一致でミス日本の栄冠に輝いた。この時の審査や授賞式の模様を伝えた白黒ニュースフィルムが現存する[1]。1951年にミス日本として公式訪米し、ニューヨークヤンキー・スタジアムマリリン・モンロージョー・ディマジオに会った。ミス日本に選ばれた後、映画界からスカウトされるが、当初女優になる意思はなかった。しかしスカウトが途切れず、悩んだ末、姉の「これからの女性は仕事を持つことよ」という言葉に女優になる決心をする。

ミス日本になってから3年後の1953年、映画会社の争奪戦の末、大映に入社。契約内容は「1本あたりのギャラはスライド制で1年目が10万円、2年目が20万円、3年目が30万円と意外に安いかわりに、3年たったら自由契約」であったが、3年後の自由契約の約束は守られなかった。同年、映画「花の講道館」で長谷川一夫の相手役としてデビュー。戦後ミスコン出身女優第1号と言われている。1954年に『金色夜叉』、1955年には『婦系図 湯島の白梅』のヒロイン、1956年の映画『夜の河』が大ヒットし、大映の看板女優として活躍した。

1963年1月、大映との契約更改を月末に控え、前年と同じ条件の「年に大映2本、他社2本出演」の契約を主張したが受け入れられず、1月末の契約切れを待ってフリーを主張。大映の社長・永田雅一は烈火の如く怒り、彼女を解雇し五社協定にかけると脅した。山本はフリー宣言をし、同年2月28日、帝国ホテルでの記者会見で「そんなことで映画に出られなくなっても仕方ありません。自分の立場は自分で守ります。その方が生きがいがあるし、人間的であると思います。」と語り、詫びを入れろとの周囲の声に耳を貸さなかった。永田は一方的に解雇し、五社協定を使って他社や独立プロの映画や舞台からも締め出すよう工作する。この事は当時の国会でも取り上げられ、世間でも「人権蹂躙」と非難の声が上がった。彼女はテレビドラマに活路を求め、『山本富士子アワー』などに主演した後、演劇に新境地を開き、2013年現在まで演劇一筋で主演を続けている。

なお、五社協定から49年が経過した2012年の今も映画界には復帰していない。ただ、テレビ番組『映像美の巨匠 市川崑』(1999年、NHK)の中で、1983年に市川崑から映画『細雪』への出演依頼があったが、スケジュールの都合で実現できなかったと明かしている。結局、岸惠子が演じることとなったが、公開になった映画を観て、出演できなかったことを後悔したと語っている。

1962年、作曲家の山本丈晴(旧姓:古屋、古賀)と結婚(2011年9月7日に死別)。1968年、長男を出産。現在は孫もいる。

2002年12月、日本経済新聞で「私の履歴書」を連載。

2011年11月21日、夫・丈晴のお別れの会が東京都千代田区紀尾井町にあるホテルニューオータニで開かれ、喪主を務めた。会には芸能界や政財界などから約1000人が出席した。

エピソード[編集]

  • 実家は南大阪では知られた素封家であり、富士子たち娘の花嫁道具としてうなるほどの着物を買い溜めていた。ところが戦後、米軍用住宅として屋敷は接収、その中の家財道具としてそれらの着物も没収され、二度と戻ってこなかった。その時に落胆する両親の姿を見て、富士子は「女性も手に職を持たなければ」と実感させられたという。(参考文献 『私の履歴書』(日本経済新聞連載))
  • 山本は日本銀行の就職試験をうけるも不採用となったが、後年、当時を知る日銀関係者がさる雑誌のインタビューで「適性など能力には全く問題がなかった。ただあの美貌ゆえ、男子行員達が落ち着かなくなるのではと心配されて採用が見送られた。」と明らかにした。
  • ミス日本に推薦されたきっかけは、父の友人だった京都市役所の広報課だった人物の薦め。米国からの支援物資の答礼使節としての大任であるとの趣旨に感動して、推薦を承諾した。
  • 作家の三島由紀夫は自分の小説「にっぽん製」(1953年)の映画化の時、主演する山本と会って話をした。三島はその時の山本の印象を「外見だけでなく内面も素晴らしい女性」と絶賛している。
  • レコード録音のため古賀政男邸にレッスンに行ったことが縁で、古賀門下の高弟・古賀丈晴と知り合う。 この時のレコード「青春日記」は、古賀政男と古賀丈晴がギター伴奏をした。結婚について両家は大反対だった。丈晴は結核を患っており、手術が成功したら結婚をすると約束。映画『彼岸花』の撮影中、丈晴の兄から「手術は無事成功した。」との電話を受け、泣いたと語っている。結婚することになった山本の実家には男兄弟がなく、また、姉も結婚し他家に嫁いでいたので、丈晴は婿養子となり『山本』姓を名乗るようになった。
  • インタビューで質問に対して、否定の意味の「とんでもございません」を初めて使った人物であるとされる(日本語の誤用#不適切な敬語表現)。“良家の子女でミスにもなった彼女が使うのだから正しいはず”と広まった。
  • 京都府立第一高女在学中には、京都市中京区寺町通三条下ル西側に住んでいた。現在、同地のビルの壁面に「女優 山本富士子邸跡」と記した石碑がはめ込んである。

主な受章・受賞歴[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

演劇[編集]

  • 夜の河 (1969年1月・1986年6月、明治座)
  • 千姫御殿 (1970年1月、明治座)
  • 吉野太夫 (1971年1月、明治座)
  • 静御前 (1972年1月・1981年1月・1997年1月、明治座)
  • 遊女梅川 (1973年1月、明治座)
  • 徳川の夫人たち (1974年1月、明治座)
  • 八百屋お七 恋の曼陀羅 (1975年1月、明治座)
  • お市の方 (1976年1月、明治座)
  • 浪花かんざし (1977年1月、明治座)
  • 江戸の恋唄 (1977年10月、明治座)
  • 『藤十郎の恋』より「おかじ」 (1978年1月、明治座)
  • まひる野 (1979年1月、明治座)
  • 湯島の白梅 (1980年1月・1984年5月・1994年6月、明治座)
  • 春琴抄 (1982年6月・1990年2月、明治座)
  • 開花楼おえん (1983年9月、明治座)
  • お吟さま (1985年1月、明治座)
  • 春雪の唄 (1987年1月・1995年1月、明治座)
  • おさんさま (1988年5月、明治座)
  • すみだ川恋唄 (1989年1月、明治座)
  • 鶴来屋おゆう (1993年5月、明治座)
  • 明治おんな橋 (2001年2月 明治座)
  • 日本の心、雨情のこころ(2006年10月、けやきホール / 2007年6月、草月ホール)文化庁芸術祭参加公演
  • 吉野太夫の恋(上演回数401回を記録)

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

他、多数

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 「いのち燃やして」(小学館。芸能生活50周年記念)

イベント[編集]

  • 「山本富士子展」(2005年 於:阪急百貨店(大阪・梅田本店))写真展
  • 第123回中日レディーズサロン(中日新聞東海本社主催)「芸能生活50周年への想い そして折々の言葉」(2005年5月27日 ホテルコンコルド浜松)講演
  • 日本映画映像文化振興センター「第95回 監名会」(2007年11月24日 東京国立近代美術館フィルムセンター)ゲスト

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和館5階にある映像・音響室のブースにてニュース映画を選択後、「ミス日本」と検索すると京都代表として出場した姿を視聴可能。
  2. ^ 第12回カンヌ国際映画祭特別表彰受賞作品。毎日映画コンクール美術賞、色彩技術賞受賞作品。
  3. ^ 共演した当時のウィーン少年合唱団の来日団員に、のちにオーストリアの副首相になったノルベルト・シュティガー(合唱団在団は1954年 - 1959年)がいた。後年、副首相として再来日した時に、山本の事をずっと覚えていたシュディガーからの希望で再会している。このエピソードは自著の『いのち燃やして』や『徹子の部屋』(テレビ朝日)出演時に紹介されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]