南田洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みなみだ ようこ
南田 洋子
南田 洋子
南田洋子(1954年)
本名 加藤 洋子(かとう ようこ)
(旧姓:北田)
生年月日 1933年3月1日
没年月日 2009年10月21日(満76歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市芝区
東京都港区三田
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1953年 - 2006年
配偶者 長門裕之(1961年 - 2011年)
著名な家族 義弟:津川雅彦
義妹:朝丘雪路
姪:真由子

南田 洋子(みなみだ ようこ、本名:加藤 洋子、旧姓:北田1933年昭和8年)3月1日 - 2009年平成21年)10月21日)は、東京市芝区(現東京都港区三田出身の日本女優文化学院文学科卒業。夫は長門裕之。義弟に津川雅彦、義妹に朝丘雪路、夫の姪に真由子、従兄弟の娘に山田よう子、甥に北田陽一郎、身長155cm。

人物・略歴[編集]

東京市芝区三田に米穀商の娘として生まれる。母親は日本舞踊の師匠をしていた。終戦後、茨城県土浦市に移り、1951年(昭和26年)、茨城県土浦第一高等女学校(現:つくば国際大学高等学校)を卒業後、単身上京し、文化学院の文学科に入学。伯父の家に下宿して知人の紹介で水谷八重子に弟子入りする。文化学院卒業後、大映ニューフェイスとして入社。同期に若尾文子がいた。翌1952年(昭和27年)の『美女と盗賊』で映画デビュー[1]。1953年、若尾文子と共演した『十代の性典』が大ヒットし、注目される。その後シリーズ化され、「性典スター」として人気を博する。

1955年(昭和30年)、大映から日活に移籍。若尾の進言により、芥川賞を受賞した話題作『太陽の季節』が映画化され長門裕之とともに主演。この映画は大ヒットし2人は日活の看板スターとなり、多くの作品に出演する。1961年(昭和36年)に長門と結婚[1]1963年(昭和38年)、『サムライの子』でブルーリボン助演女優賞を受賞。

1964年(昭和39年)、長門とともに「人間プロダクション」を設立。太田博之島かおりなどを育てると同時にドラマ制作にも乗り出す。この時期よりテレビドラマへの出演も多くなり、NHKの『紀ノ川』(1965年)で「日本放送作家協会賞女性演技賞」を受賞[1]

また、女優としての活動以外にも長門と2人で『ミュージックフェア』の司会を1965年(昭和40年)から約16年間、京都放送の交通遺児募金キャンペーン『かたつむり大作戦』のメインパーソナリティーを20年以上、それぞれ担当。その他、多くのバラエティ番組やCM、ドラマなどへ出演しており、おしどり夫婦のイメージのもとに最晩年まで多彩な活動をしていた。

さらに1978年(昭和53年)10月から1979年(昭和54年)9月までの約1年間、病気で降板したうつみ宮土理の後を継いで『クイズダービー』の4代目2枠レギュラー解答者としても出演する。しかし洋子の正答率は2割1分4厘(平均2勝7敗ペース)とあまり高くなく、過去の2枠レギュラーの中ではワースト2位だった(ワースト1位は井森美幸の2割0分8厘)。当時の2枠レギュラーはベテランとされる女優が入っていたが、彼女のみ1枠の篠沢秀夫より1つ年上と当時のレギュラーメンバーの中では最年長であった(篠沢は同年6月生まれと1学年下。大抵は篠沢が最年長)。南田のレギュラー降板後は、女優の長山藍子が務めることとなる。

建築家の一面も持ち、十数年ごとの自宅建て替えの際は南田が自ら図面を引いていた。建て替えのたびに、建設費用の高額さと建て替えまでの期間の短さがワイドショーで取り上げられている。長門は「まだ住めるのに」とインタビューで不満を漏らすことがあったが、「洋子の趣味だから仕方ない」と許容する度量を見せている。

1998年(平成10年)には、舅・沢村國太郎の介護の経験を中心に綴った『介護のあのとき』を出版し評判となる。2004年(平成16年)頃から認知症の症状が表れ始め、ドラマや映画の台詞が覚えられなくなるほど悪化。2006年(平成18年)に芸能活動をひっそりと引退。専門医によりアルツハイマー病との診断が下された。その後、長門が雑誌などで南田が引退したことをそれとなく語っていたが、やがて女性週刊誌などが南田の病状について報道し出す。2008年(平成20年)、長門が『徹子の部屋』へゲスト出演した際に、夫婦共々深い親交がある黒柳徹子へ南田が認知症で要介護状態であること打ち明け、南田の病状を初めて公表。同年には『報道発 ドキュメンタリ宣言』の第1回放送(2008年11月3日)で長門との闘病の模様が放送され、高視聴率を記録するなど、大きな反響を呼んだ。

2009年(平成21年)4月1日、意識混濁状態となり救急車で都内の病院に緊急入院(同月18日に退院)。長門は記者会見で「混濁した中でも、僕を一瞬認めて笑った気がします」と涙を浮かべながらも気丈に、南田の状況についてコメントした。翌5月には長門著『待ってくれ、洋子』(主婦と生活社)が出版された。同年10月9日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』で長門夫妻を取り上げた際には、取材VTRの中で、車椅子姿の南田が顔なじみのスタッフにねぎらいの言葉を掛ける一幕もあった。

2009年平成21年)10月17日に自宅で倒れ、クモ膜下出血との診断を受けて都内の病院に再入院。危篤状況が続いていたが、意識が戻らず、同10月21日に死亡した[2]。76歳没。

夫の長門は明治座で舞台公演の仕事があった為に、南田の最期を看取ることは出来ず、10月21日の夜に「さよならも言わずに…、この世を去りました…」と悲しみの記者会見を執り行った[3]。なお南田の葬儀は、長門の公演が終了した10月29日に通夜、翌10月30日に告別式港区増上寺で営まれ、長門が喪主を務めた。遺体は品川区桐ヶ谷斎場荼毘に付された。法名は「華徳院釈尼洋愛」。萩本欽一大林宣彦監督、萬田久子が弔辞を読んだ。南田の死から約1年半が経った2011年平成23年)5月21日に、夫の長門も脳出血でこの世を去った。

逸話[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日(旧NET)
テレビ東京
毎日放送
ABCテレビ
関西テレビ
読売テレビ
東海テレビ
中部日本放送
  • 東芝日曜劇場「父と子たち 再婚」(1965年)
RKB毎日放送
WOWOW
  • 祖国(2005年) - 守谷セキ 役

映画[編集]

チャリティ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「南田洋子さん死去:女優:長門さんと『おしどり』76歳」 『毎日新聞』 2009年10月22日、14版、29面。
  2. ^ 南田洋子さん死去[リンク切れ] 産経新聞 2009年10月21日閲覧
  3. ^ 長門裕之が涙の会見[リンク切れ] サンケイスポーツ 2009年10月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]